柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/山口県東部

山口拉麺維新2017

いしん - 1
今年も始まる山口拉麺維新2017
★開催期間
2017.7/20(木)〜9/24(日)

★コンプリート 副賞
各店、先着50名 オリジナルロゴ入りタオル(各店、無くなり次第終了)

★コンプリート賞
究極のラーメンイベント
西軍(侍・山形屋・虎龍馬)
VS
東軍(大将・のおくれ・周月)
6店舗のラーメンを食して頂き、スタンプラリー用のチケットに各店1つ捺印!
6店舗分集まると、コンプリートカードと引き換えて頂きます!
コンプリートカード1枚で西軍、東軍どちらかの究極のラーメンが1杯お食事出来ます(^^)
(両軍食されたいお客様は、6店舗を2回回って頂き、コンプリートカードを、2枚ご用意頂かなくてはなりません)

参加店舗(順番西から)
1.山形屋西洋酒場
2.手打ち中華そば侍
3.虎龍馬
4.自家製麺ラーメン大将
5.麺鮮醤油房 周月 山口平生店
6.麺や のぉくれ

★究極のラーメンイベント開催詳細
場所 麺や のぉくれ
日時 2017.10/9(月、祝)
時間 11:00〜15:00

※ 重要 注意事項 ※
★カードの紛失に関する保証は致しかねます。無くさない様、各自保管お願いします。
★各店、臨時休業される事があります。遠方よりお越しのお客様は前もって各店に確認後のご来店をオススメ致します。
★各店、ラーメン1杯お食事後に捺印致します。(ハーフラーメン等対応されないものと思われますので、ご注意下さい)
いしん - 2
広島らーめん平の家の大将が「お店の宣伝にもなるから」と山口拉麺2017のポスターを快く店内に貼ってくださいました。
さすが!!太っ腹!(笑)

のぉくれ(柳井市)限定 青唐辛子 鶏白湯 レモンつけ麺

つ - 1
やってきたのはのぉくれ
平日のお昼前だってのにもうほどんど席が埋まっているのが凄い。
つけ - 1つけ - 2
今日の狙いはズバリ!この平日期間限定、数量限定の 青唐辛子 鶏白湯 レモンつけ麺だ。
自動券売機でチケットを購入して長いカウンターに通された。
つ - 2
「太麺のため茹で時間がかかります。ご了承ください。」と書かれていた通りにそれなりにまたされてからキタ!のぉくれの限定 青唐辛子 鶏白湯 レモンつけ麺(並、麺200グラム)750円。
つ - 3
見るからにビシっとコシがありそうなぶっとい麺。
つけ麺はやっぱりこうじゃないとね(笑)
つ - 4
夏らしくレモンがどっさり入った熱々つけダレ!
なるほど!今年は梅じゃなくレモンとキタカ!。
つけ - 5つけ - 6
麺だけ食べてみたが麦の香りが漂った良い麺なのがすぐに理解できる。
トッピングは麺に乗っかっているが熱いつけダレに最初から全部放り込んだ。
つけ - 3つけ - 4
どっぷりつけダレに浸してからがっつり食べてみるとなるほどレモンの酸味の効いた鶏白湯。
つけ - 7つけ - 9
濃厚というちょっと手前くらいなのだがこの青唐辛子で一気に統率感を演出するのに成功しているようだ。
つけ - 8つけ - 10
つけダレで温めておいたチャーシューだがコレ、目が醒めるほどトッロトロで半端なく激ウマ!これもっと欲しい(笑)
つけ - 11つけ - 12
煮玉子はちゃんと味がつけてあってもう半分も入れて欲しい(笑)
つけダレは当然ながらラーメンよりもやや塩分が強いがそれでもこのまま飲めるくらいのデキで実際かなり減ってしまった。
さすがはのぉくれの平日限定麺、このクオリティで750円はかなりのバーゲンなんじゃなかろうか。
広島からだと少し距離はあるが行く価値は絶対にあると思う。

ぶっとび亭 その7(柳井市)限定 パクチー中華そば

ぱ - 1
またしても開店時間前についてしまったぶっとび亭
ぱく - 2ぱく - 1
仕込み中だったがズケズケと店内に入れてもらって大将とあれこれ話しをした。
どうやら自宅で栽培しているパクチーが育ちすぎて捌かさなきゃならんのでパクチー中華そばを企画中なので人柱になって欲しいとのこと。
ぱ - 2
ドMな自分は快諾したら開店時間になってキタヨ!ぶっとび亭の梅と大葉塩中華そばに代わる限定 パクチー中華そば890円。
ぱく - 3
麺はいつもの全粒粉でコシもしっかりあってさすがカネジン食品製。
パクチーの癖にもまったく引けをとらないどころかバランスが良いくらいだ。
ぱく - 4ぱく - 6
これでもか!と言わんがばかりに大量投入された自家製パクチーとネギはさすが本場のツーンとくる本格タイプで、最近パクチー流行っているからと飛びついてもダメな人は絶対にダメだろう。
スープは前回の梅と大葉塩中華そばがベースになっているようでタレにナンプラーが入っていると大将に教えてもらった。
ぱく - 5ぱく - 7
チャーシューは細く切ってキレイにトッピングされていてフライドガーリックも非常にあっていると思うが、これだけのパクチーパワーに押されてスープが優等生過ぎるのでもう一捻りあると良いと思うの感想を伝えると・・・・
ぱ - 3
そこが大将もわかっているようでラー油を追加してくれた。
個人的にはコレが大ヒットで毒をもって毒を制すじゃないがパクチーのパンチに負けないベーススープになったように感じた。
ぱ - 4
ネギ、ぶっといメンマ、低温調理チャーシューとのバランスも相当なもので麺との更なる一体感がも生まれたし、こうなると最初からこのラー油はぶち込んだほうが煮干しは感じにくくなるがラーメンとしての完成度は高いと思うと伝えた。
ぱく - 8ぱく - 9
辛さとしては普通の人でも問題なく食べられるピリ辛だから万人向けになっていると思う。
このスープの旨さが半端ないので一滴たりとも残したくなくなってしまいキレイに完食してしまった。
ぱく - 10
ハッキリ言っておくが自分は長年パクチーが苦手で食べられなかったのだが最近なぜか食べられるようになったというよりもだんだんハマってきつつある。
パクチーが大好きな人はこれほどのパクチー中華そばを逃す手はないチャンスだし、自分のようなパクチーが苦手な人も是非チャレンジして欲しい。
個人的にはますますパクチーに前のめりになっていきそうでちょっと怖い(笑)

ぶっとび亭 その6(柳井市)限定 梅と大葉塩中華そば

ぶっと - 1
柳井港のぶっとび亭
今日は大学生の息子とやってきた。
ぶっとび - 1ぶっとび - 2
さて何にするかと思ってメニューを見たら「梅と大葉塩中華そば」と「ざる中華そば」が新たに追加されとるがね!
大将にどんなメニューなんか聞いてみたら「すべて文字通り!」とのことなのでなんだかわからんが取り敢えずは塩ラーメンが食べたくてこっちを注文した。
ぶっと - 2
するとしばらく待ってやって来たよ!ぶっとび亭の梅と大葉塩中華そば890円。
ちなみにぶっとび亭初心者の息子は煮干し中華そば味玉入り740円+120円を注文。
ぶっとび - 3ぶっとび - 4
低温調理のチャーシューがかなり大きくなって存在感を増しているがソレにも増して目を引くのがこのデカイ梅肉だ。
最初は素のスープを味わって見ると梅肉がプラスされた後の事を考えて見事に塩分が控えてあるようだがそれでも煮干しの旨みをストレートに伝えてくるのは、もしかしたら醤油よりコッチのほうが上か?
ぶっと - 3
相変わらずのカネジン食品製の全粒粉麺はコシがあってどんな迫力あるスープにも負けんだけの強さを持っている。
ぶっとび - 5ぶっとび - 6
大葉もかなり多く入っているのだが自己主張は弱めでスープのアシストに徹している。
満を持して梅肉を溶くとスープに酸味が加わってより複雑な味に変化して面白い。
ぶっとび - 7ぶっとび - 8
少し前に催されたぶっとび宴会の時の残り物という衝撃の告白を聞かされてしまったが(笑)煮干しラーメンにオイルサーディンというアイディアは悪くない。
ぶっとび - 9ぶっとび - 10
ついでにこの大葉も半額だったという大人の事情でこの梅と大葉塩中華そばが成立しているという事実もこれまたびっくりだが、その割にはバランスが素晴らしく下手すりゃ看板メニューにできる程のデキだ。
ぶっと - 4
息子は余裕の店内連食で濃厚煮干し中華そばに肩ローストッピング790円+300円!!
インパクトあり過ぎるルックスに他のカウンター客にいろいろ聞かれてマネ注文されていたが確かに凄い!
300円は高いがそれなりに価値があるね、と大将に言うと即座に「今国産豚肩ロース高い!」と返された(笑)
ぶっとび - 11ぶっとび - 12
ぶっとび亭のお楽しみは実はこれからでシソ生姜味玉丼340円を追加してこれに残ったスープをぶっかけてシソ生姜味玉茶漬けの完成だ。
当然息子も同じものを注文し同様に濃厚煮干しスープで茶漬け〆を敢行。
ぶっと - 5
今回はそもそも大葉がたんまり入った梅肉入りの塩スープでどんな仕上がりか楽しみにしてたが決して期待を裏切らない!
ぶっとび - 13ぶっとび - 14
一番底に隠されている煮玉子を引っ張り出してハッキリ言ってこりゃ極楽浄土よ(笑)
ぶっとび - 15ぶっとび - 16
オッサンである自分はこれでお腹いっぱいの大満足になったが大学生の息子も満腹と白旗揚げていた。
しかし実際久しぶりに大将のセンスに打ちのめされて震えがきた、ギラリと光る梅と大葉塩中華そばだった。
間違いなく超オススメ。
ちなみに今回の「梅と大葉塩中華そば」は今だけの気紛れ限定だそうで、必ず食べられる保証はないそうだからその辺りは自己責任と言うことで夜露死苦。

ぶっとび亭 その5(柳井市)試作品つけ麺

ぶ - 1
柳井港のぶっとび亭
今日はぶっとび宴会が開催されると聞いて夜に電車でやってきた。
ぶつ - 1ぶつ - 2
広島から山陽本線で約1時間と少し、もっと遠いと思ったけどそれほどでもなかった。
ぶつ - 3ぶつ - 4
少し時間が早かったのでよっしーと一緒に店内で時間を潰していたら続々と集合して6人が揃った。
ちなみに大将の廣田くんの商魂たくましき意向で、この日は通常営業している体で一般客も入れたいとのことなのでそうそう馬鹿騒ぎするわけにもいかない(笑)
ぶつ - 5ぶつ - 6
大人しくビールで乾杯して廣田大将がお任せで作ってくれる料理がでてくる。
このスタイルは以前、光市でまつかぜでやっていたのと同じなのでこちらとしても慣れているし、何が出てくるのかスリルもあって楽しい。
最初はオイルサーディンのパクチーあえ!!
ちなみに今日はパクチーが多く出てくるそうだ。
ぶつ - 7ぶつ - 8
ネギと海苔、チャーシューのサラダ。
一見なんの変哲もない酒のつまみだがさすが香港帰りだけあってエスニック系が続く。
ぶつ - 9ぶつ - 10
ここで大将の知り合いの釣り師の方が魚を持ってきて頂いたので刺し身の盛り合わせと生魚が苦手なよっしーの為のしゃぶしゃぶ。
ぶつ - 11ぶつ - 14
他にも珍しい高級魚オコゼの造りやイワシの刺身などバラエティに飛んでおりこうなると日本酒が欲しくなるくらいだ(笑)
ぶつ - 12ぶつ - 13
とここでグッと元に戻して餃子がでてきたがどっかの有名店のパクリのような見事な盛り付けだ。
ぶつ - 15ぶつ - 19
この手の宴会メニューの他にも一般のお客さんもぼちぼち入ってこられて廣田くんはまつかぜ当時と違って非常に献身的に働いていて人間って家族が出来ると変わるもんだという事をイヤというほど教えられた(笑)
ぶつ - 16ぶつ - 17
後半は低温調理された肉料理が続くのだが薄切り肉をカルパッチョ風にしたのやベタに焼肉のタレで味付けたのやらビールに合うのが嬉しい。
ぶつ - 18ぶつと - 1
今度はゴッツい塊がゴロゴロ入ったのがでてきて遠慮なくガンガン食べさせていただいた。
ぶ - 3
ぶ - 2
さてここで〆の試作品、つけ麺の登場でぶっとび宴会も一気にクライマックスに突入だ。
ぶ - 5
麺は何とテスト中の余り物の3種類(大勝軒仕様、太麺、一般的な縮れ麺)を混ぜたもの(笑)
当然茹で時間も異なるのを一緒くたにやってるんだから非常にアバウトな食感(笑)
ぶつ - 20ぶつ - 21
これを濃厚煮干し系のつけダレに浸して食べるとラーメンの時は煮干しの旨みとエグみがガチ勝負してるような感じだったが、コレはエグみが消えてある意味バランスが取れて相当に旨いがね。
ぶ - 4
一見バラバラの印象の麺も全部がある程度太めの仕様だから混ざっていてもそれほど気にならないどころかむしろ変化があって面白い。
ぶつ - 22ぶつ - 23
極太メンマもええ仕事しているのはラーメンと同様だ。
メンバーの一人は辛い麺のテストをやっていたが確かにこれからの季節はつけ麺と辛い麺があったほうがええかもしれない。
ぶつ - 24ぶつ - 25
最後にはデザートまででてきて本当に充実したぶっとび宴会だったのだが電車の時間まで少しだけぶっとび亭隣のカラオケ喫茶に寄ってそれから帰宅した。
これだけ充実の内容で飲み放題でひとり4000円は高くないと感じたぶっとび亭でのぶっとび宴会だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ