柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市中区

麺厨房あじさい(広島三越 催事出店)味彩塩拉麺

あじ - 1
広島三越の地下にある名人の台所
あじさ - 1あじさ - 2
ここに5月29日までの限定で函館の麺厨房あじさいがやってくると言うので塩ラーメン狙いでやってきた。
あじさいの塩ラーメンといえば大昔に新千歳空港で食べて感激して、後にツーリングで函館の本店を訪ねるも行列で断念した過去があるのだが、とにかく10年以上ぶりのご対麺というわけだ。
あじ - 2
ほとんど待たされないでやってきたよ!麺厨房あじさいの味彩塩拉麺851円。
あじさ - 4あじさ - 3
なんとまあキレイに澄んだスープが印象的だが水菜とネギ?のあわせ技のような美しい緑のトッピングが目につく。
あじ - 3
麺はなんていうか独特の食感でやや柔らかく少し昔の麺のように懐かしい味わいがする。
あじさ - 6あじさ - 5
パンチを控えたようなチャーシューと単なるゆで卵かと油断していたらきっちり煮玉子でビビった味玉。
やっぱりこういうディテールもきっちり仕事しているのはサスガだ。
あじ - 4
それと最大のトピックはこの大きなお麩だ。
確証があるわけではないが東北から北海道にかけてお麩をラーメンに入れる文化があるようでこの辺のアイディアはかなり面白いと思う。
あじさ - 7あじさ - 8
メンマは薄いのがたくさん入っていてコリコリと食感を楽しめる。
最初から柔らかめの麺だから後半伸びたように感じないのは有難いしそもそも麺の量も少し多いように感じた。
あじさ - 9あじさ - 10
おそらくは昆布と鶏と推察されるがかなり上質なのが使ってあるのか日本人の琴線に触れるようなスープは最後まで飲み飽きない。
だから気がついたら完食してしまっていたがさすがはあの麺厨房あじさいの塩ラーメンだと感心したのだった。

凡の風(そごう広島店)塩ラーメン

40
そごう広島店の9階催し物会場で開かれた初夏の大北海道展
前半:4月25日(火)〜5月1日(月)、後半:5月2日(火)〜8日(月)で店舗が入れ替わりその前半に札幌のラーメン店凡の風がお店を出すことになった。
ぼんの - 1
なんせ本店を臨時休業にされてまで出店されているのでこれは行ってみんといけんぢゃろ!とばかりにやってきた。
大北海道展そのものはそごう広島店と同じ10時からのようだが飲食できるようになるのは10時半からのようだ。
ぼんの - 3ぼんの - 2
会場は大北海道展の一番奥の仮店舗でちょっとわかりにくくて迷ってしまったがなんとか見つかった。
メニューは基本的に塩ラーメンと味噌ラーメンだけになっているようで最もベーシックで安い塩ラーメンに決めて入店すると即会計してから着席と相成った。
ぼん - 1
あまり待たされないでキタヨ!凡の風の塩ラーメン851円。
本店では750円のハズが値上がりしているのは大北海道展値段ということなのだろう。
それにしても「ザ・淡麗系」と思わず思ってしまったルックス。
ぼんの - 4ぼんの - 6
三角の海苔が印象的ではあるがこの時点で魚介の良い香りが漂ってきて鶏と魚介で構成された塩ラーメンということが理解できる。
ぼん - 2
どこの麺なのか想像すら出来ないがこの手の淡麗系ラーメンにしては珍しい少し太めの縮れ麺。
このあたり、やっぱりコヤツの出自は北海道ね!と言いたくなる。
ぼんの - 5ぼんの - 10
ブっといゴリゴリの歯ごたえのメンマ。
それにこのハッキリと辛味を発揮しているネギはやっぱりちょっと広島では出会えないタイプ。
ぼんの - 7ぼんの - 9
チャーシューは脂分が少なくその上、敢えて味付けを抑制してあるような仕上がりになっていてスープの邪魔にならないような気遣いがしてあるように思える。
ぼん - 3
「透き通るような鶏と魚出汁のスープは、あっさりとした中にも深く重なる味わい。豊かな香りとコクがあり、凡の風の人気メニューです。それぞれの味によって入れる調味料にも、店主のこだわりがあります。凡の風定番の塩ラーメンは3種類の塩を使用し、白醤油ラーメンには白醤油とうす口醤油を入れ、澄んだスープの仕上がりに。」と公式サイトに書いてあるがなるほどアッサリとしているが食べ進むほどにその奥深さをひしひしと伝えてくるこのスープがこのラーメンの主役なのだろう。
ぼんの - 8ぼんの - 11
スープのデキが良いとどうしても麺と一緒にスープも飲んでしまうので丼の中が調度良い具合に見事にキレイになくなっていく。
ぼんの - 12
一点の迷いもなく一気に完食してしまったがなるほどこれは完全に北海道を感じることが出来る、広島ではまず食べることが出来ない類のハイレベルな塩ラーメンであることは疑いようがない。
このそごう広島店の大北海道展の後半はどんなラーメン屋が出店するのか今から楽しみだ。

麺屋元就(中区)春限定小エビと浅蜊の春塩ら〜めん

もと - 1
麺屋元就
今日は息子と春の限定麺を狙って夜の部で久しぶりにやってきた。
もとな - 1もとな - 2
休日のランチ時など行列が出てているほどの人気店だが平日の夜はさすがに空いていてゆっくりできる。
入口付近の自動券売機で春限定小エビと浅蜊の春塩ら〜めんの食券を購入して待つことしばし。
もと - 2
春限定小エビと浅蜊の春塩ら〜めん730円。
公式サイトによると・・・
「魚介ベースのあっさりした塩味のスープに太麺をあわせ具材に浅蜊と小エビをそえ更に小エビの香りを移した香り油を加えた特製の塩ら〜めん、麺の量180g、麺 ストレート太麺、具材 小エビ・浅蜊・ネギ、スープ 豚骨魚介塩味」
もと - 3
麺はいつもの麺よりかなり太いムッチリとした食感。
これはかなり麺の主張が強いのでスープに余程力がないと打ち負かしてしまうだろう。
もとな - 3もとな - 4
目にも鮮やかな小エビがその薫りと共にまずは口の中で最初に弾けるのがはっきりとわかる。
もと - 4
そのエビをしっかり下支えしているのはこの30個くらいぶっこんであるアサリであることは間違いないようで、ややもすると生臭くなってしまうアサリの旨みだけを引き出すことに成功しているようだ。
もとな - 5もとな - 6
通常のラーメンと比較するとトッピングにはメンマもチャーシューすらない。
もとな - 7もとな - 13
その代わりにかなり多くのアサリが登場してくるのだがこれらは旨みを完全にスープに抜き取られている抜け殻ではあるのだがそれでもそのしっかりした食感を最後まで楽しませてくれて食べ飽きない。
もとな - 8もとな - 9
このラーメンを支配しているのはやっぱりアサリから抽出されたエキスと小エビの香味油であるのはわかるがその奥にトンコツのワイルド感がチラチラ見え隠れして、単なるアッサリ魚介系ラーメンに留まらないバランスが非常に面白い。
もとな - 11もとな - 10
スープには隠し味的に柚子が少しだけ入っておりこれが時折強烈な存在感を示していてよく考えてあるな、と感心する。
もとな - 12もとな - 14
180グラムとかなり食べごたえのある麺が少なくなってきても丼の底にはアサリがまだまだあってこのスープでアサリを食べる作業をやってると気がつけばスープが全部なくなって完食してしまっていた。
もとなり - 1
ちなみにこちらが息子が注文した春限定小エビと浅蜊の春醤油ら〜めん730円。
スープだけ少し頂いたがかえしが醤油になっただけなのかは不明だがこちらの方がスープに更なる香ばしさが加わってより奥深い味のように感じなくもなかったがこのへんは好みの問題だろう。
最近流行りの貝ダシスープでびっくりするほど洗練されたラーメンイン仕上げているあたりは、さすがは麺屋元就だと舌を巻いてしまった。

おどるタンタン麺(中区流川)タンタン麺4辛

お - 1
新天地公園の裏側になる通りにあるおどるタンタン麺
ランチ営業をしていないいわゆる飲み屋の夜専店。
おd - 1おd - 2
なんとも人を食ったような屋号ではあるが、肝心のタンタン麺が名前負けしなきゃ良いがとちょっと意地悪く考えてしまった。
おd - 3おd - 4
メニューは基本的にタンタン麺(汁あり)と汁なしタンタン麺、そして広島風なのかはわからないがとにかく辛いつけ麺の3本立てそれに麻婆豆腐やエビチリととにかく辛い料理推しのお店であることは間違いない。
おd - 6おd - 5
店内は入った瞬間になんとなくムッとしたような空気が充満しており奥にテーブルがあるようだがカウンターメインのようだ。
水はレモンの香りがするタイプでこういうトコもなかなか気が利いている。
お - 2
あまり待たされないでやってきたよ!おどるタンタン麺のタンタン麺(太麺大盛り4辛)800円。
おd - 7おd - 8
そぼろ肉がトッピングしてあるがこれは一気に沈殿してしまうタイプのヤツのようでレンゲを使いながら食べる必要がありそうだ。
それと海老が乗っているのはあまり見たことがないが香ばしさのためなのかな?
お - 4
大した理由もなく太麺を選んだがこれがしっかりコシのある平打ち麺で歯ごたえばっちりでわしわし食べるのが楽しくて大正解!!
お - 3
4辛も自分にはジャストな辛さ加減で何ともこの仕様はちょうどよかったようだ。
しかしこのスープのさまざまな香辛料が織りなす複雑怪奇さは凄い。
ベースはトンコツなのか鶏なのか皆目わからんが中華料理店のそれよりもどっちかというとラーメン屋のエッセンスを強く感じさせる。
おd - 9おd - 10
ゴマも入っているが風味は抑え気味で花山椒や八角の香りも若干ではあるが漂っているようだ。
おd - 11おd - 12
麺を大盛りにしたので食べごたえも満点でやや粘度のあるスープのお陰で麺とスープがほぼ同じようなペースでなくなっていくのは嬉しい展開だ。
最後はお約束のそぼろ肉の総ざらえをレンゲでやるハメになったがもしかしたらライスインをするのが正しい食べ方なんかもしれない。
それにしてもかなりハイレベルでガツンとくるタンタン麺に出会えてまさに踊りだしそうな夜だった(笑)

汁なし担担麺 燐蔵 RINZO(中区)元味

り - 1
汁なし担担麺燐蔵RINZO
最近出来たお店のようだが裏通りにあって場所がわかりにくいのでモスバーガー広島十日市店の駐車場を目指して行くとすぐわかるだろう。
りん - 1りん - 2
店内はカウンターだけの小さな空間に比較的若い大将が一人で切り盛りされているようだ。
りん - 4りん - 3
メニューはシンプルに汁なし担々麺のみで、それからラー油山椒の入っていない汁なし担々麺も用意されている。
りん - 5りん - 6
その割には卓上調味料の充実はびっくりさせられる程でこの店は汁なし担々麺カスタム派には非常に嬉しいだろうが自分のようにあまり調味料入れない派にとっては戸惑ってしまうわな。
り - 2
さてすぐに提供された汁なし担担麺 燐蔵の汁なし担々麺元味600円。
「当店独自に配合した辣油、山椒四川唐辛子で痺れと辛さを感じて下さい!!」
どうでも良いが汁なし担々麺にしては汁がかなり多く入っていてもはや「汁なし」と名乗るのに無理があるくらい(笑)
り - 3
さっそくグリグリと混ぜて食べてみたのだが麺はなかなかコシがあって香りも良くて上質なのはよくわかるのだが、これはどうにも自分には山椒が足りない。
りん - 8りんぞ - 1
卓上調味料ぶっこむか悩んでいたら大将が「山椒足しましょうか?」と聞いてくれたので渡りに船で「お願いします!」と丼を差し出した。
りん - 9りん - 10
デフォルトで「1」ほど山椒がかかっているそうでそれを基準にどれくらい追加するのかを自分で決めるシステムのようだ。
「あと「2」ほど追加してください。」
戻ってきた丼の担々麺は自分の好みピッタリの山椒になっていてその旨を伝えると
「次回からは最初からそう指定してください」
と言われた。
なるほどメニューで辛さ指定するのではなく体感して味をキメていくのね。
りん - 11りん - 12
大将自身が配合しているという花山椒は香りも味も勿論痺れも極上でこれまで遭遇した花山椒の中では一番だと断言できる。
りん - 13りん - 14
汁なし担々麺は珍しキクラゲトッピングは個人的にはやや違和感を免れないしタレというかここまでくるとスープともいえる「汁」が多すぎて肉味噌が通常の担々麺の如くに沈殿してしまうネガもやや気になるところだ。
りん - 15
鮮烈な刺激の花山椒と辛味が穏やかな四川唐辛子という飛び道具まであるのだがら、もしかしたらいろいろ卓上調味料と大将と話をしながら面白い汁なし担々麺を作っていくのが楽しいかもしれない。
そうなるとここの花山椒と唐辛子を惜しみなく使った激辛仕様っていうのがあったらチャレンジしてみるのにな〜と考えながら家路についたのだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ