柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市中区

小麦と箸(中区)背油そば

むぎ - 1
小麦と箸
むぎと - 18むぎと - 1
ここは以前おどるタンタン麺があったテナントだがここに新規開業した油そば、つけ麺専門店のようだ。
入店すると自動券売機があるので買おうとしたらこの日は直接大将に注文して先払いするように言われたのでもしかしたら券売機が壊れていたのかな。
むぎと - 3むぎと - 2
カウンターしかない店内の一番奥に製麺機がどーんと置いてあってここが自家製麺のお店であることが主張してある。
むぎと - 4
店名の「小麦」は自家製麺でわかるが「箸」の方は立派な割り箸のことなのか最後までよくわからなかった。
むぎ - 2
少し待たされてからキタヨ!小麦と箸の背油そば800円。
むぎと - 5むぎと - 6
トッピングがかなり凝っていてこれにまず目を奪われてしまった。
むぎ - 3
メンマはわかるがそのうちの一本が揚げたゴボウなんてこれは初めてだ。
むぎ - 4
かなり太めの麺は自家製麺らしくコシがしっかりとあって確かにこれはウマいわな。
デフォルトのまましばらく食べてみたがやっぱりトッピングがあれこれあって面白い。
むぎと - 7むぎと - 8
ここらで味変をすべくお酢と魚粉をふりかけてみた。
むぎと - 9むぎと - 10
なるほど思った通りの変化だがやや物足りなかったので辛味の刺激が欲しくて一味もぶっこんでみた。
むぎと - 11むぎと - 12
ここで好みの味になったのでこのまま一気に完食しようかと思っていたら大将からレンゲご飯なるものが無料で提供されるので全部食べないように言われたのでどうにか思いとどまった。
むぎと - 13むぎと - 14
一口程度のレンゲご飯はそのまま全部入れて魚粉をかけると相性が良いと教えてもらったのでそのとおりにやってみることにした。
むぎと - 15むぎと - 16
なるほどこの〆はたしかに残ったタレをご飯に吸わせて食べるのに好都合であることはまちがいない。
それにこのレンゲご飯のおかげでお腹はいっぱいになって連食しようと画策していたのを諦めたのだった。
なるほど面白い発想の個性的な油そばではあるがここまでやるのならもう一捻り欲しい気もする。
このレベルならもうひとつのメインメニューであるつけ麺も気になるところではある。

らーめんもりかわ(中区)フュージョン

ひゅ - 1
らーめんもりかわ
ひゅー - 1ひゅー - 3
二郎系の新メニューが始まったと聞いてやってきた。
ひゅー - 4ひゅー - 2
要は二郎系のラーメンに麻婆豆腐が追加されているのがフュージョンというラーメンの実態のようだ。
店内に貼ってある紙には辛麻婆豆腐の単品もあるようでわざわざ辛とあるのはそういうことなのだろう。
ひゅー - 5ひゅー - 6
けっこう待たされてからキタヨ!らーめんもりかわのフュージョン(野菜・ニンニク増し)1100+50+50円。
しかし凄まじいまでの野菜の山だ(笑)
ひゅー - 7
さすがにこのまま麻婆豆腐を入れると溢れるのは確実なのでまずはデフォルトのままで食べ始めた。
ひゅ - 2
少し丼に「空き」ができたのでここで満を持して麻婆豆腐を投入。
それでもまだ半分くらいか入れることがないない。
ひゅ - 3
麺は相変わらずの極太麺でコシもしっかりあってこの手のラーメンにはよくあっている、っていうかこれじゃないと無理だろう。
ひゅー - 9ひゅー - 8
期待の辛麻婆豆腐であるが確かにかなり辛くてこのスープを一気に激辛仕様に変化させてくれる。
ひゅ - 4
これだったらと残りの麻婆豆腐を全部投下してスープに混ぜてやった。
当然ながらの辛さが押し寄せてきたがこれくらいのパンチがあったほうが特に後半の食べ飽きることがないので個人的には好ましい。
ひゅー - 10ひゅー - 11
チャーシューも麺や激辛スープに負けない超極太で食べごたえも満点だ。
ひゅー - 12ひゅー - 13
しかし麻婆豆腐がラーメンにこんなに好相性とは知らなかったがここの素のインスパイアにややパンチ不足を感じる向きには少々高いがこのフュージョンの激辛仕様にするってにはアリだと感じた。
今回は野菜とニンニク増し(各50円)にしたがニンニク増しだけは必須なんじゃないかと感じた。
量も凄く最初は完食できるか正直心配だったがあっけなく食べられたのはやはり辛麻婆豆腐によるところは大きいのだろう。

太閤うどん 中町店(中区)太閤ラーメン

たい - 1
太閤うどん 中町店
初めてやってきたが広テレ跡地のわかりやすい立地に洒落た門構えのうどん屋さん。
たいこ - 2たいこ - 3
毎月最終日になるとなぜかうどん屋ではなくラーメン屋に変身すると聞いてやってきたが本当のようだ。
たいこ - 1たいこ - 4
店内ももはやうどん屋とはとても思えないほどシャレオツな雰囲気で自分のようなおっさんにはもしかして場違い感すら漂っているのではないか。
たい - 2
基本的にラーメンはワンメニューのようでこの日は「自家製麺の尾道ラーメン」だった。
たいこ - 5たいこ - 7
「真空調理で仕上げたもみじ豚のチャーシュー」だそうだがこれは確かに完璧にラーメンとしてのトッピングだ。
ちゃんと尾道ラーメンらしく背脂も浮いていてかなり期待させられるがな。
たい - 3
麺は平打ち麺のかなり太いタイプでもううどんとの判別がギリギリくらいのデキだ。
たださすが自家製麺と謳っているだけあってコシがしっかり効いていてかなりのもんだ。
たいこ - 6たいこ - 8
柚子がアクセントになっているスープはもう完全にかつお節を強く感じさせる和風ラーメンだ。
たい - 4
穂先メンマが一本まるごと奢られていてこれはしっかりコストが掛かっているのは間違いない。
たいこ - 10たいこ - 11
煮玉子もちゃんと味付けがしてあってうどんのトッピングの流用じゃないところが芸が細かい。
たいこ - 9たいこ - 12
ただここまで和風を全面に押し出してしまうと全体としてうどんとラーメンの境界線が不明瞭になってきて要はうどんを食べているのかラーメンを食べているのかわからなくなってきた。
たいこ - 13
自分が訪ねた時は開店直後でおっさんしかお客がいなかったが場所柄女性をターゲットにしているのならこういうラーメンもアリなのだろう。
ここまで思い切って個性的に仕上げた「ラーメン」ではあるが基本はきっちりと押さえてあって気がつけばスープまで完食してしまった。
月イチしか食べられないのが残念ではあるがこういう実験的でチャレンジングなお店があるのも悪くないと思ったのだった。

焼きつけ麺 ふじ☆もと ブラザーズ(中区)焼きつけ麺 さんまだし

ふじ - 1
焼きつけ麺 ふじ☆もと ブラザーズ(BROTHERS)
ふじも - 1ふじも - 3
最近開店したお店でその店名の通りあのふじ☆もとの系列店のようでラーメンではなく焼きつけ麺なるメニューを提供しているようだ。
ふじも - 2ふじも - 5
入店して出向かえてくれるのは自動券売機。
メニューはシンプルで焼きつけ麺のオリジナルつけダレかさんまだしつけダレで並と大盛りは同金額だ。
ふじも - 8ふじも - 6
それになんとご飯一杯無料サービスになっていて最初800円とは強気の値段だと思ったが大盛りにご飯までついているのなら妥当な気がしてきた。
ふじも - 4ふじも - 7
肝心の焼きつけ麺?って何かと頭を巡らしていたらそのままでも食べられるがつけダレで味の変化を楽しんでほしいと書いている。
ふじ - 2
少し時間を置いてキタヨ!焼きつけ麺 ふじ☆もと ブラザーズの焼きつけ麺 さんまだし(大)800円。
カウンターに板が置いてあったのはフライパンのまま提供されるからなのね(笑)
ふじ - 3
これにつけダレがついてくる。
なるほど要は焼きそばつけ麺みたいなもののようだ。
ふじも - 9ふじも - 10
まずはオススメ通りに焼きそばをそのまま食べてみた。
まあなんというか塩焼きそばっていうかよくある焼きそばだ。
ふじも - 11ふじも - 12
次にこのつけダレに焼きそばを浸してみることにした。
確かにこのさんまだしはあのふじもとで提供されているものようでつけ麺としてなかなかウマい。
ふじも - 13
テーブルに置いてあったにんにくを少々つけダレにいれて味変を試みたがこれもなかなかハマっている。
ふじも - 14ふじも - 15
フライパンでいい感じに焼けている目玉焼きをつけダレに溶いてみたがマイルドな仕上がりになかなか嬉しくなってしまった。
ふじも - 16
さすがに大盛りのパンチ力は絶大でお腹いっぱいになってしまってご飯は食べられなかった。
普通に食べられる焼きそばにつけダレを追加するわけだから後半になると塩分過多になってくる。
まあこれはおっさんの意見だから若い人には問題ないのかもしれないがココらへんがちょっと気になってしまったのだった。

中華そば陽気(中区)

よ - 1
江波のあの陽気が平日限定でがあるがランチ営業を開始すると聞いてやってきた。
よう - 1よう - 2
個人的にラーメンは開店直後が最もウマいと感じることが多いのだが夜専だった陽気の開店直後に訪れることができずにいた。
よう - 3よう - 4
だから今回のランチ営業は願ってもないチャンスだったので開店前に店前で張り切って待機した(笑)
開店時間になると若い男性が暖簾をかけて入店、中には女性がふたりの3人体制のようだ。
よ - 2
さっそくキタヨ!陽気の中華そば(にんにく入り)600円。
よ - 4
以前何度がココに来た(夜営業時)のだがあのときの伸びたような麺とは丸で違いしっかり腰のある茹で方に感動してしまった。
よ - 3
開店直後からなのかにんにく効果絶大なのかはわからんがこれまで持っていた陽気のラーメンの記憶を完全に上書きしなければならないようだ。
よう - 5よう - 11
チャーシューはおまけのような存在ではあるが4枚も入っていてこれはこれでここの個性なのだろう。
よう - 8よう - 9
シャキシャキもやしも面白いアクセントになっていてこれの存在価値がよくわかる。
今気づいたが陽気のラーメンにはメンマがないのね。
よう - 7よう - 10
若い男性スタッフは愛想もよくテキパキと仕事をこなしているが彼は見たことないな〜。
だけど老舗の繁盛店にありがちな殿様商売的雰囲気は皆無で非常に好感が持てる。
よう - 12よう - 6
どうしてこれまでにんにくを入れなかったのだろうと後悔するほどこのラーメンに於けるにんにくの必要性をおおいに思い知らされた。
これほどのマッチングなのなら次回からはこのにんにく入をデフォルトにせんならんようだ。
よう - 13よう - 14
気がついたら丼を左手で持ってスープまで全部平らげていた。
やっぱりラーメンの本質はシャッター入店しないとわからないという自分なりの信念は間違っていなかったと思ったのだった。
陽気のランチ営業、どうかこのまま続けてほしいと切に思ったのだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ