柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市中区

和歌山 井出商店(そごう広島店)中華そば

い - 4
そごう広島店の夏の全国うまいもの大会(6月21日(水)〜7月3日(月))にあの和歌山 井出商店がやってくると告知されていたのでさっそく行ってきた。
いで - 15いで - 1
和歌山市の井出商店には実際訪れた事があるのでその時との比較になってしまうが、このような出店でどう違うのか調べてやろうと言う意地悪な意識がどうしても強くなる(笑)
いで - 2いで - 3
メニューには701円と書かれていたが実際には700円と言われてなんだか得したような気がしたが確か和歌山市の本店と同金額ってのは立派だ。
いで - 4
イートインスペースが用意されていてゆっくりと食べることができるのはやっぱりありがたい。
い - 1
あまり待たされないでやってキタヨ!和歌山 井出商店の中華そば700円。
まあなんとも懐かしいというか「ザ・和歌山ラーメン」というルックスと漂って来る香りに惚れ惚れするわ。
い - 2
麺はムチッとした食感の黄色いストレート。
そうそう!!これだった!と思い出してしまった。
いで - 5いで - 11
ナルトを見るといつも和歌山ラーメンと連想してしまうほどの強烈なアイコンになっているようで、味のインパクトはさほど感じないが箸休めとして面白い。
いで - 7いで - 13
メンマも存在感は希薄でどっちかというと入ってるだけという立ち位置なのも本店と同じでポリポリと食感を楽しめる。
いで - 6いで - 10
こってり脂ギッシュなチャーシューは相変わらずのパンチが効いていてこのラーメンのトッピングの主に相応しい。
い - 3
でもはやりこのラーメンのキモは広島ラーメンとは全く方向性の異なる濃厚で独特なコクがはっきりと伝わってくるとんこつ醤油スープであることは誰の目にも明らかだ。
いで - 8いで - 9
最初からレンゲが入っているのだけは唯一本店と違ったところだが自分はこのスープに圧倒されながら本店同様にレンゲを使わないで食べた。
いで - 12いで - 14
和歌山市でたべた井出商店の中華そばと寸分の差異もないとことを確信した時、このスープを残す選択肢はもうなかった。
完食してそういえばこの丼も本店のそれと同一であることも判明した。
これだったら和歌山市まで行かないでも同料金で同じラーメンを食べることができるこの機会をみすみす逃す手があるのだろうか?あるワケがない。
井出商店は今回が広島初出店らしいがコレに懲りずにまた来て欲しいもんぢゃ。

福岡 だるま(広島三越 催事出店)とんこつラーメン

だ - 1
三越広島店の地下にある名人の台所
ここに福岡 だるまが期間限定6月20日(火) ~ 6月27日(月)で出店すると聞いてやって来た。
だる - 1
料金は前払い制で756円だ。
「昭和38年創業から変わらず作りつづけている博多豚骨ラーメン、スープは濃厚かつ繊細、麺は極細麺を使用しています」
だ - 2
ちょっと待ってからキタヨ!福岡 だるまのとんこつラーメン。
ほんの少しの獣臭が鼻腔をくすぐる。
だ - 3
いわゆる博多豚骨ラーメンの特徴である極細麺。
はやく食べないとあっという間に伸びるのでさっそくいただくがこの細さでこのコシはちょっと考えられないが後半になると頼りなくなるだろう。
だる - 3だる - 8
こってり脂の乗ったチャーシューがどどーんと2枚も入っている。
普通博多ラーメンってチャーシューはオマケみたいなのが多いがこれはキチンと手が入っていて嬉しい。
だる - 5だる - 7
博多豚骨ラーメンのもうひとつの特徴であるキクラゲ。
しかしこれほどのキクラゲ大量投入もちょっと記憶にないがメンマの代わりの食感を楽しむには向いている。
だる - 4だる - 6
そんなだるまのとんこつラーメンだがこの真っ白なとんこつスープは確かに濃厚だがクリーミーということはなく醤油による下支えがはっきりと分かるタイプだ。
だ - 4
たまげたのはこのしっかりと辛いネギでこれがどっとかといえば諄いとんこつスープを一気にピリッと締まった味に転換してくれている。
だる - 2だる - 10
これに気づいてからは敢えてネギと麺をスープを一緒に食べるようにするとこのラーメンの本質がわかるような気がしてずっとこれを繰り返した。
だる - 9だる - 11
博多ラーメンといえば個人的にはどうしても一風堂と比較してしまうのだがこの手の出店だと仕方がないが高菜や辛子モヤシなどがないのでハッキリ言ってオールドタイプのとんこつラーメンは後半食べ飽きてしまう。
極細麺は伸びやすいのでそうなるのに拍車がかかる悪循環だ。
この手のラーメンにはどうしてもそういうアシストが必要な事が図らずもわかってしまった博多 だるまだった。

歩いていこう(中区)醤油らーめん

ある - 1
不定休の多い歩いていこうだがうちの大学生の息子は高校生の頃から幾度となくこの歩いていこうに通っているのに一度も閉まっていたことがないという強運の持ち主。
自分などは悪夢の3タテ食らったこともあるのにだ。
あるい - 2あるい - 1
そんな息子を同行させたらホンマに開いていてビビった(笑)
さっそく入店して自動券売機で醤油らーめんのチケットを購入。
あるい - 4あるい - 3
平日のお昼時だったせいもあってすぐには座れなかったがほどなくして席が空いた。
あるい - 5
するとセルフでお冷を汲んでカウンターに着席して食券を置くとラーメンがやってくるという段取りだ。
ある - 2
さてそれほど待たされないでやってきたよ!歩いていこうの醤油らーめん700円。
ある - 3
他ではちょっと出会えない独特の食感がある自家製麺。
どちらかといえばプラスティッキーな部類ながらしっかりコシもあって旨い。
あるい - 6あるい - 9
ほとんど元祖な鶏白湯スープでありながら鶏白湯全盛で同系列ラーメン店乱立の現在でもその優位性が揺るがないのはサスガとしか言いようがない。
あるい - 10あるい - 11
濃厚っていうよりもクリーミーという表現がぴったりと来るコクのあるスープだが僅かに魚介も感じられて奥行きが深い味わいに感心してしまう。
ある - 4
歯がなくても食べられくらいの柔らかさのトロトロチャーシュー。
分厚いのがドカンと1枚入っていて時折食べると鶏と豚の旨みを交互に堪能できる。
あるい - 7あるい - 8
メンマが無いのでコリコリ感が懐かしくなってしまうがその代わりにデフォルトで煮玉子が半分ついてくる。
これも単なるゆで玉子かと思ったらちゃんと味付けされているようだ。
あるい - 12あるい - 13
ここのラーメンの真髄はとにかく後半だ。
無化調なのか微化調なのかは定かじゃないがとにかく最初はやや物足りなく思える鶏白湯スープが食べ進めるに従って本領を発揮してきて丼を持ったまま食べる時間が長くなる。
気がつくとスープまで一気に完食させられてしまってお店を後にして暫くすると、ああ旨かったなと実感できるようになる。
そういう意味では好みもあるが典型的な後を引くラーメンとも言えなくもない。
今回も歩いていこうの罠にまんまととハマってしまったようだ(笑)

博多一風堂 広島袋町店(中区)博多細つけ麺

い - 1
博多一風堂 広島袋町店
夏季限定の博多細つけ麺を今年もやると聞いてやって来た。
いっ - 1いっ - 6
去年は広島袋町店ではなく福山店での提供だったが今年は違うようだ。
「2015年に登場した一風堂のオリジナルつけ麺。つけ麺といえば太麺の常識を覆し、博多らしくストレートな細麺で勝負しました。夏の定番として多くのファンに支持されている一杯です。」
いっ - 2いっ - 3
いつものルイボスティーを飲みながら待つのだが水で締めるので通常のラーメンよりは時間がかかると説明された。
いっ - 5いっ - 4
去年は夏季限定第2段だった東京太つけ麺ってのがあったが今年はやらんのかのぅ〜。
いっぷ - 1
「ザクザクの新体験 主役の細麺は一風堂オリジナルブレンド小麦と福岡県産ラー麦を使用。博多らしい低加水の細麺を冷水で締めて、ザクザクとした全く新しい食感を実現しました。ありそうでなかった博多ならではのつけ麺です。」
い - 2
「とんこつのつけ汁はオリーブがポイント 博多の細麺とくれば、つけ汁はやはりとんこつスープ。一風堂が得意とするリッチでシルキーなとんこつスープをベースに仕上げました。ポイントは全体を軽やかに仕上げるオリーブの実とオリーブオイル。とんこつスープとのマッチングの妙を体験して下さい。」い - 4
「夏はやっぱりスパイシーに!赤丸で人気の特製辛味噌と数種の辛味スパイスを混ぜ合わせた真っ赤な粉を別皿でご提供します。見た目にも鮮やかで食欲がアップ。お好みのタイミングでプラスしてください。」
い - 5
さっそくまずは辛いのを入れないでそのままで麺をどっぷりとつけダレに浸していただく。
なるほどさすがに冷水で締めただけあって細麺のくせにコシが凄い。
いっ - 7いっ - 11
煮玉子は毎月1日限定で無料サービスだそうなのでお言葉に甘えてプラスしていただいたがこれはマジ嬉しい(笑)
オリーブオイルのおかげかわからんがつけダレは確かにかなりマイルドな印象を受けるがそれにしても超濃厚なとんこつをよくここまで調教したもんだと感心する。
オリーブの実やオリーブオイルって豚の臭みを消したりするもんなんだろうか?
いっ - 8いっ - 10
せっかくだからココで辛味調味料をメニューに書いてあった通りに麺に思い切って全部なすりつけてやった(笑)
いっ - 9いっ - 16
これでどう味が変わるのか非常に興味を惹かれるのだが結論から言えば辛さ自体はそれほど強くはないが味噌由来なのかその旨みの追加が半端ない。
いっ - 13いっ - 14
去年もチャーシューがつけダレに沈んでいたが今年のは明らかに少なくなってしまっているのはやや残念だ。
いっ - 15いっ - 12
その分、スープのパンチは去年よりアップしており据え置かれた値段を考えれば納得のいく内容とも言える。
特に今回は無料煮玉子がついてきたから個人的に文句はいえないわな(笑)
いっ - 17
麺ダブル(替え玉)にすると麺の量が多く(200グラム)200円アップして980円になるようだがそうなるのなら、申し訳程度のチャーシューは思い切ってやめてこの煮玉子がデフォルトでついてくる方が喜ぶファンも多いんじゃなかろうか?
それにしても今年も夏季限定、博多細つけ麺はアタリだっせ!

油そば みや寺 大手町店(中区)油そば

みや - 1
油そば みや寺 大手町店
安佐南区にある本店には何度か行ったので支店にもやってきてみた。
みやで - 2みやで - 1
この店の大きな魅力は麺の大盛りが無料なことで、並盛り140グラムが210グラムになるのだからたまらない。
みやで - 4みやで - 15
店内に入ると本店同様出迎えてくれるのは自動券売機。
ややこしいのだがこの自動券売機で油そば650円と大盛りのチケット2枚購入して店員さんに手渡さないといけない。
ちなみにスタッフは本店と違って全部男性で厨房ヨコのだけではなく店内の奥までカウンターがあってかなりの広さだ。
みやで - 3みやで - 5
油そば特有の極太麺は茹でるのに時間がそれなりにかかるのでそのへんは理解しないといけない。
その間にポイントとなる自家製お酢とラー油、それと激辛とフタに書いてある自家製唐味噌を確認しておきたい(笑)
みや - 2
さてやって来たよ!油そばみや寺の油そば大盛り!
そしてこれの麺がまだ熱い間に自家製お酢とラー油をぶっかける。
みや - 3
それぞれ5周するくらいにぶっかけてとりあえず完成。
みや - 4
これを丁寧に混ぜる。
丼の端っこに自家製唐味噌をちょこんと乗せるだけにして、お酢とラー油と油そばを混ぜまくる。
みやで - 8みやで - 6
さすがにこれはちょっと入れすぎたか?と思ってしまったのは丼の底にお酢とラー油が溜まってスープの様相を呈している(笑)
みやで - 10みやで - 11
まあええわと気を取り直して麺に食らいつくと酸っぱさも辛さもそれほどではなくかなりマイルドな仕上がりで不思議なことにオイリーな感じもそれほど気にならない。
みやで〜 - 1
ここで自家製唐味噌を一気に全部混ぜ合わせてみた。
するとこれもそんなに激辛というわけではなく辛さというより味噌の旨みが追加されて後半も飽きずに一気に食べ進めることが可能になる。
みやで - 9みやで - 12
グリグリと遠慮なく混ぜたせいでチャーシューはバラバラになるのだがこれとメンマ、海苔と言ったトッピングは確かに油そばにはよくあっており全部が同じ味に塗りつぶされるのを防いでくれていて非常に好ましい。
みやで - 13みやで - 14
なるほどこれくらい思い切ってお酢とラー油、唐味噌をぶっ込むとかなりワイルドで好みの味になってくるのがよくわかった。
さすがに最後にはお酢ラー油がスープのように残ってしまったが満足度の高い油そばになったと充実感が漂ってしまったみや寺だった(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ