柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市中区

きよはら焼肉(中区)ラーメン

き - 1
舟入の電車通りから少し入った場所にあるきよはら焼肉
基本的に焼肉屋ながらランチもやっててラーメンもあると聞いてやってきた。
きよ - 2きよ - 3
年季入りまくりの風貌の扉を開けて店内に入るとおばちゃんが一人。
「ラーメンください。」というと「ラーメン定食じゃなくていいですか?」と聞かれたので「単品でお願いします。」と言ってラーメン500円を注文って安いな(笑)
きよ - 4きよ - 11
カウンターはなくテーブルが3つの典型的な焼肉店。
年季は入っているがキレイに掃除さてていて清潔感がある。
き - 2
しばらくするとキタヨ!きよはら焼肉のラーメン500円。
「テーブルの上のコショウをかけて食べて下さい」と言われたのだがまずはデフォルトが知りたくてこのまま食べることにした。
き - 4
麺はやや柔らかめに茹でられたストレート。
ここの店の客はこういうオーソドックスな麺を好むのだろう。
き - 3
チャーシューは焼肉屋さんらしくごっつくしっとり、コッテリした独特のタイプで薄味ながら旨みはじゅうぶんだ。
きよ - 5きよ - 8
モヤシとネギも多めに入っていて典型的な広島ラーメンっていうのとはちょっと違う気がする。
きよ - 7きよ - 6
いわゆるとんこつ醤油のスープというのとけっこう違って、もしかしたら牛骨に近い感じもあるがそれより最初から何か大事なモノが足りない印象がつきまとう。
きよ - 9きよ - 10
そこで言われたようにテーブルコショーをパッパッとかけてみた。
するとその足りない何かにコレがズッポリとハマってピリッと辛味が通って味の方向性がしっかりしたがね。
きよ - 12きよ - 13
これはもしかしたら最初からコショー入れるの前提のスープなのかこれだったら最初から入れてくれたほうが嬉しい。
きよ - 14きよ - 1
結局最後までこのスープの素性はわからなかったが、どうやらこのお店は手造り焼肉のタレを売ってるようだからもしかしたらコレがスープにあの独特な風味を与えているのかもしれない。
どちらにしても古き良きオールドタイプのこのラーメン、なかなかデス(笑)

麺屋 元武(中区大手町)ラーメン

も - 1
麺屋 元武
最近になって開店した新しいラーメン屋さんだが店名がアノ有名店に似ていてちょっと紛らわしい。
もと - 1もと - 2
ラーメンは基本的に1種類スープで普通とこってり、あっさりという構成になっているがこってりだけが少し値段が高いのは背脂かなにか追加してあるって事なのだろう。
もと - 4もと - 3
店内に入るとカウンターとテーブルがあって時間的に空いていたのか自分ひとりだったのにもかかわらずテーブルに通された。
卓上調味料は「卓上」ではなく椅子のヨコにおいてあって、にんにく唐辛子ってのが非常に気になる(笑)
も - 2
すぐにやって来たよ!麺屋元武のラーメン(普通)650円。
スープの色や香りからしてトンコツなのはわかるが背脂が浮いていていわゆる広島ラーメンとは違うようだ。
も - 3
麺を持ち上げて驚いた!なんと博多ラーメンのような極細麺じゃないの!
このラーメンの方向性はどこを向いているのかさっぱりわからんようになってきた。
もと - 5もと - 6
モヤシ、ネギ、これだけ見れば広島ラーメンなのだがピリ辛メンマは珍しいのが良いが肝心のスープの味は醬油が弱く少しぼやけた感じがする。
もと - 7もと - 8
だけどどっかで食べたことがあるようなスープだとずっと考えながらも、直ぐ延びてしまう極細麺のネガと必死で闘うために急いで食べ進める。
も - 4
チャーシューはかなりデッカクでゴッツいのがどかんと2枚も入っていて存在感も凄まじい。
チャーシューも同様に薄味っていうかパンチに欠けてて見た目ほどのインパクトを感じない。
もと - 9もと - 10
後半になるとヨコに置いてあるにんにく唐辛子を放り込みたい誘惑にかられて仕方がなかったが、翌日仕事なのでガマンした。
だけど最終的に某チェーン店の例のスープに似てるという結論に達してしまった。
ここらへんは物凄いラーメン激戦区だと思うが健闘を祈りたい。

るっきー(中区幟町)ラーメン

る - 1
るっきー
最近開店したラーメン屋さん。
るき - 2るき - 1
店内奥には製麺室があり大きな製麺機がデーンと置いてある。
るき - 3
カウンターだけの椅子に座ってメニューを見ると非常にシンプルな構成に好感が持てる。
家族経営なのか大将と女性がふたりおられて新規開店なのに接客も問題ない。
る - 2
さて少し待ってキタヨ、るっきーのラーメン680円。
パッと見、広島ラーメンを思わせるルックス、だとしたら広島ラーメンではマイノリティな自家製麺がどう絡むか楽しみだ。
る - 3
さすがは自家製麺、麺のコシ、風味とも最高で大将の非凡なセンスを汲み取るにじゅうぶんだ。
るき - 4るき - 5
薄味なチャーシュー、歯ごたえバツグンのモヤシともなかなかトッピングのアシストも申し分ない。
るき - 6るき - 7
だがいかんせん、その秀逸すぎる麺が故にスープの非力さが目立つ結果になっているのは残念だ。
だから中途からテーブルに置いてあるフライドガーリックの力を借りることにした。
る - 4
なるほどこうするとスープにニンニクのパンチが加わって例の麺にやや対抗できるようになってくる。
るき - 9るき - 8
さらに食べ進めるともう少しニンニクパワーが足りない気がしてどんどん放り込んでしまう。
るき - 11るき - 10
麺は時間がある程度経っても伸びることなくキリッとしていて嬉しいのだが、そのハイスペックさがスープを打ち負かしているように感じられてならない。
るき - 12るき - 13
フライドガーリックで厚化粧しても下地のひ弱さはどうにも隠しきれず結果だんだん食べ飽きてくる。
るき - 14
う〜〜ん、なんとなく自家製麺が前に出てスープが置き去りになっているが、スープにもっと力強さがあれば一気にブレイクするのにというのが正直な今の感想だった。

徳島鶏塩らーめん錦(中区千田町)冷やし担々麺

に - 1
徳島鶏塩らーめん錦
久しぶりにここにやってきた。
にし - 14にし - 1
お店の2軒先にある専用駐車場ができてからクルマでのアクセスが非常に楽になった。
にし - 2にし - 3
今日の狙いはズバリ去年の夏に食べた冷やしラーメンのうち自分が注文しなかった冷やし担々麺で、事前に大将に連絡を取って予約しておっさん3人で押しかけたのだった(笑)
に - 2
さてさっそくやってきたよ!徳島鶏塩らーめん錦 の冷やし担々麺800円。
にし - 5にし - 4
これに通常のラーメン同様に後入れスダチが一緒についてくる。
まずはスダチを入れないでそのまま食する事にした。
に - 3
鶏ベースの優しいスープに花山椒と唐辛子のバシッと効いた真っ赤な冷たいスープはまさに夏にピッタリで、冷たく締められた麺をより一層旨みとコシを増してくれる。
にし - 6にし - 7
ラーメンにはないが担々麺には付いてきた半熟煮玉子もこってり良い味を出している。
に - 4
さてここで満を持してスダチをぎゅーっと絞って爽やかさを加えてみるかのー。
にし - 8にし - 9
肉味噌というより小さく刻まれた鶏チャーシューが沢山沈殿しておりこれを麺と具と一緒にすくって食べるのはなかなか楽しい。
にし - 10にし - 11
辣油による辛さは一般的に言えば結構辛い方で花山椒もしっかり効かせてあって個人的にはこれくらいがベストだ。
にし - 12にし - 13
通常の冷やしラーメンには後入れスダチに効果テキメンだったがこの冷やし担々麺の場合はさすがに辛さにかき消されてしまったようで隠し味的なポジションになってしまうのは仕方なかろう。
それにしてもバランス的になかなか絶妙なデキになっているのは凄いと率直に思った。
この冷やしラーメン・冷やし担々麺は裏メニューということで、大将が一人で営業している平日は基本的に対応できないらしくバイトが入る日曜日などに気紛れてやっているようだ。
公式サイトで事前に確認するのが一番良いのかも知れないが、何度か通って大将と話せるようになってしまうのが食べられる最も確実な方法なんかもしれない。
何れにせよこの夏オススメの冷やし担々麺であることだけは太鼓判を押しておく。

らーめん両さん。(中区南竹屋町)にんにくらーめん

り - 1
再び来てしまったらーめん両さん。
駐車場はないので自転車で来たが近隣にはコインパーキングがあちこちにあるようだ。
りよ - 2りよ - 1
このお店は連休などでも全然休まないのが特徴で今年の盆休みもランチは無休で頑張るそうだ。
しかし店内のカウンター前にズラッと並んだ大小様々な寸胴はいかにも「完全自家製スープ」をアピールしているようで壮観だ。
りよ - 3
先日お邪魔したときにとっても気になった、未食のにんにくらーめん狙いで満を持して連休初日に馳せ参じたのだった(笑)
大将に「にんにく山盛りでオナシャス!」と告げて注文完了!
り - 2
さてさてキタヨ!らーめん両さん。のにんにくらーめん780円。
デフォルトのらーめんが680円だから100円のアップってことになる。
り - 3
麺を持ち上げるともうこの時点で立ち上るにんにくの香ばしい香り!
コシのある麺を一層引き立てるパンチのあるとんこつスープに感激だ。
り - 4
フライドガーリックが何枚か浮かんでいるがこれだけ入れるだけではスープ全体がこれほどニンニキーにはならんハズだがどういう工夫がなられているのだろう?
りよ - 4りよ - 5
たまたま他に客が居なかったから大将にこの旨を尋ねたら国産生ニンニクのすりおろしとそのフライドガーリックの両方がはいっていて、ホントはフライドガーリックは入れたくないとのこと。
りよ - 6りよ - 7
ただ個人的には客にとってこういう目に見えるタカチでのデモンストレーションは100円アップの理由がわかりやすくて良いんじゃないかと伝えた。
まさにそういう理由でフライドガーリックが入っているのだろう。
りよ - 8りよ - 9
大将が中国産ニンニクに比較して国産ニンニクは味や香りは良いが値段が張るので100円アップでも苦しいと話していた。
りよ - 10
なるほど、だからこれだけの圧倒的なニンニクパンチを御見舞してくれるのかと納得した次第であるが、食べた後の匂いの事を棚に上げれば通常のラーメンと比較して明らかににんにくらーめんの方がトータルなバランスも優れており毒があってラーメンとしての「引き」が強いと感じる。
これからは連休になると、まんまとらーめん両さん。のにんにくらーめんの餌食になってしまうのかしれない(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ