柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市中区

海風堂(中区)トンコツ醤油らーめん

か - 1
海風堂
元々は広島市内中心部にあったお店が吉島に移転して再び中心地に帰ってきたというややこしい変遷を経てきた。
かい - 12かい - 1
比較的わかりやすい立地だったこれまでと違って今回のお店は場所こそオフィス街ど真ん中だがとにかく店の場所がわかりにくい。
かい - 3かい - 2
やっと見つけて店内に入ると縦に長いウナギの寝床。
自動券売機で一番ベーシックなトンコツ醤油らーめんのチケットを買ってカウンターに座った。
か - 2
さてやって来たよ!海風堂のトンコツ醤油らーめん700円。
なんともいかにも広島ラーメンの典型的なルックスだ。
か - 3
麺は特に茹で加減を聞かれなかったのでなにも指定していないがやや柔らかめに茹でられていてこれはこれで良い。
かい - 4かい - 5
提供直前に七輪で炙られるぶっといチャーシューはそして緑が眩しいネギとトッピングも抜かりはないようだ。
か - 4
以前の海風堂の印象と言えばハッキリ言ってスープがシャバくて弱いというものだったが今回は差に非ず、相当な改良がなされているようだ。
かい - 6かい - 7
シャキシャキモヤシ、辛味たっぷりのネギにも決して負けないコクと香ばしさをしっかりと持っていてこれはかなりのもんだと唸ってしまった。
かい - 8かい - 9
こうなるとチャーシューはあまり味付けしてくれないほうがマッチングとして嬉しいのだがそこらへんもばっちりでチャーシューとしては自己主張はかなり落としてある。
かい - 10かい - 11
最後まで飽きることなく全体を楽しみながら食べることができたが基本のラーメンのデキがここまで進化しているとなると他のメニューまで試してみたくなるのが人情。
これはまたお楽しみが増えたわい(笑)

とんこつ松馬(中区東白島)黒玉らーめん

ま - 1
東白島のとんこつ松馬
調べてみると3年ぶりの訪麺となっている。
まつ - 1まつ - 2
以前の純和風の店構えと違って赤が基調のやや派手なルックスに変化したようだ。
まつ - 4まつ - 3
まず出迎えてくれるのは自動券売機。
ここでもっともベーシックな松馬ラーメンを以前は食べたので今回は「一番人気」と書かれた黒玉らーめんにターゲットを定めた。
ま - 2
カウンターに座って待つことしばし、やってきたよ!とんこつ松馬の黒玉らーめん790円。
まつ - 5まつ - 6
何と言っても目を引くのはレンゲに乗っかった黒玉で「黒豚のミンチに炭を練り込んだスープにコクと変化をもたらす玉がはいった一品です。レンゲの上の玉をスープに溶かしながらお食べください」と説明された。
ま - 3
麺はやや太めのストレート。
茹で方を聞かれたので「普通」とお願いした割にはしっかりコシがあってなかなか旨い。
ま - 4
面白いのはスープは基本のとんこつの上にマー油のような黒い脂が半分覆っていて好みで混ぜて食べるスタイルだってこと。
まつ - 7まつ - 8
デフォルトで食べてみたが以前と同様にやや弱いスープが気になったので思い切って黒玉とマー油を全部混ぜて渾然一体にしてからもう一度麺を食べてみる。
まつ - 9まつ - 11
なるほどこれはマー油と黒玉は入るの前提のラーメンのようでこれなら以前も感じたシャバさはまったくなくしっかりコクがあって食べ飽きることがない。
まつ - 10まつ - 12
柔らかくて大きく厚めのチャーシューを楽しみながらモヤシのシャキシャキも手伝って気がつけばスープもみるみる減っていくがね。
まつ - 13まつ - 14
黒玉ミンチは丼の底に溜まってしまうからレンゲですくって食べるとチャーシューとまた違った味わいが楽しめてかなり凝ったラーメンになっていると感心してしまった。
ただ最後までスープを完食させるほどのパワーはさすがに持ち合わせていなようでこのへんがやや残念だったが790円という値段に見合った面白い一杯だった。

麺屋元就(中区)小えびと浅蜊の醤油らーめん

あ - 1
今日もやってきたよ!麺屋元就
あさ - 1あさ - 10
今日の狙いは公式サイトに掲載されていた小えびと浅蜊の醤油らーめんだ。
自動券売機で食券を購入してカウンターに座る。
あ - 2
ちょっと待ってからキタヨ!!麺屋元就の小えびと浅蜊の醤油らーめん730円。
かつてココで小えびと浅蜊の塩らーめんを食べた事があるのでその応用と考えて良いだろう。
あ - 3
麺も塩らーめんの時と同様の極太麺。
この麺はコシが凄まじくやっぱりこの手の魚介スープに相性バッチリだ。
あ - 4
アサリって春先が旬なんだと勝手に思い込んでいたのだが調べてみると産卵を控えた春と秋の2度ほど旬があえることがわかった。
ということはまさに旬であるこの時期に惜しみなく投入されたアサリの旨みを味わうことができるというわけだ。
あさ - 2あさ - 3
それにしても夥しい数のアサリが入っていてチャーシューなんぞ入るスキがないくらいだ。
あさ - 4あさ - 5
だけどこのアサリを食べてみてもダシに全ての旨みを吸い取られているようでほとんど味はなく完全に歯ごたえを楽しむトッピングと化している。
あさ - 6あさ - 7
その分、スープにはふんだんにアサリエキスが抽出されていてこれ以上の濃度になるとクドくなる寸前なのを醤油でなんとかバランスをとっているというギリギリを攻めている。
あさ - 8あさ - 9
特に後半にかけて麺が少なくなってくると完全にアサリの醤油スープのような様相を呈してくるのだがそれでも飽きさせずに最後の一滴まで一気に食べさせるだけの旨みを持っているのは凄い。
う〜ん実験段階と言うだけあって大量過ぎるアサリの魚臭さみたいなものが少しだけ感じられたがここらへんはきっと最終的にはきっちり煮詰めてくるのだろう。
さすがの行列店、麺屋元就だけのことはある。

えびそば えび助(そごう広島 宮城県の物産と観光展)極濃海老味噌ラーメン

え - 1
そごう広島で開催されている宮城県の物産と観光展に行ってきた。
えび - 1えび - 2
イートインスペースは各店舗の共通になっているようで理由はないが公式サイトにでていた極濃海老味噌ラーメンにすることにした。
え - 2
さてほどなくしてやってキタヨ!極濃海老味噌ラーメン1080円。
普通味噌ラーメンは味噌に支配されているのが普通だがもうこの時点でどどーんと迫りくるエビの香りよ。
えび - 3えび - 4
それはこのトッピングされている小さなエビだけのおかげではなくスープ全体からエビえび臭が漂っているのがよくわかる。
え - 4
麺はしっかりとコシのある角断面のストレート。
仙台の方は多加水のしっとり系が多いのかと勝手に思っていたが全然違ったしっかりとした歯ごたえのあるタイプだ。
えび - 5えび - 6
チャーシューはまあ薄いし小さいしオマケみたいなもんだがこの味噌までぶっ飛ばしてしまったエビスープの力強さは半端ない。
変な話、味噌ラーメンと言われなかったらわからないくらいに味噌の主張は控えめだ。
え - 3
トドメはこのエビワンタンで中に入っているエビのプリプリさに一人でニヤけてしまった程だ。
冗談抜きでこのまま高級中華料理店の飲茶の一品として出せるくらいのクオリティだと思う。
えび - 7えび - 8
ブリブリエビのワンタンをエビのエキスたっぷりのスープに絡めて麺と交互に食べるとそらアンタ、こんな幸せはなかなか体験できまへんで。
えび - 9
もう文句なしに個人的な味噌ラーメンナンバーワンは間違いなくコレだ。
一点の迷いもなくスープまで完食したのは言うまでもない。
こういう事があるので百貨店の物産展は侮れないのよね〜。
仙台にいく機会があったら是非お店の方にもお邪魔してみんといかんようだ。

麺屋元就(中区)肉つけそば

も - 1
麺屋元就
開店前に着いてしまったのだがもう数人待ち客がいるのはさすがだ。
もと - 1もと - 2
公式サイトに試験商品として肉つけそばと浅蜊つけそばをやっていると告知されていたのでこれ狙いでやってきた。
もと - 3もと - 4
入店するとまずは自動券売機で「肉つけそば」のチケットを購入しそしてカウンターに案内された。
もと - 5
つけ麺はたいてい太麺の場合が多いので待たされるのが普通なのだが、そこまで永くはかからずにキタヨ!麺屋元就の試験商品肉つけそば800円。
も - 2
肉つけそばってくらいだからメインにはどどーんと麺を覆わんがばかりの豚バラ肉!!
も - 3
そして白、青ハッキリと分かれて入れてあるネギが眩しいつけダレ。
も - 4
まずはその肉を避けて麺だけをいただいてみたがこのつけダレはハッキリ言って酸っぱい!
なるほどこのトンコツに酸味を立たせたつけダレがどう受けれられるかを見たいってことなんか。
もと - 6もと - 7
だったら今度は肉を麺と一緒にどっぷりとつけダレに浸していただいてみた。
もちろんこのバラ肉も脂が多くこってり気味なのを酸味の強いつけダレががっちり受け止めてなかなかさっぱりと食べさせてくれる。
もと - 9もと - 8
つけ麺にしてはそれほどの太麺ではないがやや縮れ気味なのが幸いしてしっかりつけダレを拾ってくるので、肉と渾然一体となるのがよくわかる。
もと - 10もと - 11
要はこの酸味の塩梅がこのつけダレのキモとなっているがこれが確かに絶妙な配分でこれ以上でもこ以下でもまとまりを失ってしまうだろう。
もと - 14もと - 15
肉が大きく顔を利かせる前半から後半はスープに浮いたネギの自己主張が次第に強くなってくる。
もと - 12もと - 13
得にしっかり辛味を発揮してくれる白ネギにハッとさせられることが何度もあって最後までまったく食べ飽きることなく夢中で突っ走ってしまった。
もと - 16
スープ割りをお願いしようか迷ったが忙しそうだったので遠慮しておいたがこの酢をプラスしたつけダレってにはトッピング次第ではかなりの可能性があるように感じた麺屋元就の肉つけそばだった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ