柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市中区

清陽軒(そごう広島店)久留米スペシャルラーメン

せ - 1
そごう広島にうやってきた。
5月24日(水)〜31日(水) の間、第35回 大九州物産展が開催される。
せい - 1せい - 2
その展示会の一番奥のイートインスペースを[福岡]清陽軒と[長崎]中華料理 王鶴が共同で使っている。
まだ11時前だっていうのにもう少し行列ができ始めている。
せい - 4せい - 3
通常のラーメンとスペシャルラーメンとどっちにするか悩んだがせっかくだからと思ってトッピングの豪華なスペシャルラーメンに決定!入り口で食券を買って席に通された。
せ - 2
ちょっとだけ待たされてきたらキタヨ!!清陽軒の久留米スペシャルラーメン(普通スープ)1050円。
せい - 6せい - 14
博多ラーメンほどは極細ではないが北九州ラーメンよりは確実に細くその中間程度の麺。
せい - 7せい - 10
やや細めのメンマにキクラゲというのは九州とんこつラーメンの大きな特徴ではある。
せ - 4
僅かな獣臭漂う本格とんこつスープは臭みというかクセというかこれはハマるとヤバそうな香りで、おそらく地元久留米ではスパイスなのだろう(笑)
どっしりとコクがあって濃厚な甘さが半端ない。
せい - 8せい - 11
タマゴは単なるゆで卵ぢゃん!と思っていたらしっかり味付けしてある煮玉子でこれは失礼でした!
せ - 3
この煮玉子が自然と崩れて麺に乗っかってくると面白いアクセントになってしまうのが面白い。
せい - 9せい - 13
チャーシューはさすがスペシャルだけあって5枚も入っている。
せい - 15せい - 19
九州のとんこつラーメンの中にはチャーシューなんて入っているだけみたいなのもけっこう出くわすがこれはしっかり手が入っていてこってり柔らかくてホロホロだ。
せい - 12せい - 16
テーブルにはコショウや紅しょうがが置かれているがこれらを使わなくても後半も多彩なトッピングとややクセのあるスープのおかげもあって食べ飽きることがない。
せい - 14せい - 17
麺もどういう理屈かわからんが伸びてヤワヤワになることなくしっかりした食感を保っているので食べていて楽しい。
せい - 18せい - 20
ラーメンに於ける海苔をどう評価するか意見の別れるところだがこの海苔を麺に巻きつけて食べたけど動物系のスープに海の香りを呼び込んだようで目先が変わる。
せい - 21せい - 22
スープがあと少しになったこの時点で気づいたのだがもしかしてこの丼って少し上げ底になっていて見た目より容量が少ないんじゃないか(笑)
まあそうだとしてもこの状況だったらじゅうぶんに納得できる値段と内容だったと思う。
これまで久留米ラーメンに特に匂いの部分で偏見を持っていたがここまでストレートにトンコツの真髄を追求するのって凄いと思った。

麺屋小町(中区)冷やしラーメン塩

こ - 1
開店してすぐに訪麺して以来の麺屋小町
こま - 1こま - 12
今日は大学生の息子と一緒にやってきた。
こま - 2こま - 3
メニューに迷っていたらこの一番上の新しいポップにある冷やしラーメンの文字がどどーんと目に飛び込んできた。
この日は暑かったのでこれに決定!!
店内の自動券売機で食券を購入しテーブル席に案内されたのでチケットを渡すと塩か醤油かを聞かれたのでスタンダードなのはどっちが尋ねたら塩とのこと。
自分は冷やしラーメン塩で息子は醤油の大盛りを注文した。
こ - 2
程なくしてキタヨ!!麺屋小町の冷やしラーメン塩750円。
こ - 3
そしてこちらが息子の冷やしラーメン醤油麺大盛り850円。
こ - 4
冷たいスープだから当然麺もしっかり締めてあって非常にコシが感じられて嬉しい。
こ - 5
驚いたのは粘度の高いスープで濃厚鶏白湯にカツオをプラスしているがほとんどシチューのようにドロドロだ。
こま - 4こま - 5
ピリッと清涼感満点のタマネギやネギ、そしてコリコリの穂先メンマとこのあたりもがっちり流行を抑えてあるようだ。
こま - 6こまち - 1
タンパクな鶏チャーシューにやや濃い味付けの煮玉子となかなかバランスよく考えられている。
こま - 7こま - 9
高粘度の冷たい鶏白湯は麺にしっかりと絡んでくるのでスープの旨みをダイレクトに感じることが出来る。
しかしこのカツオが頑張ってくるドロドロスープの麺類はこれまでどこかで体感したことがあると考え続けていたが後半になってやっと思い出した。
こま - 10こま - 11
これって「山かけそば」そのものぢゃん!
おそらくは山かけそばをイメージして全体をプロデュースしているのは間違いないだろう。
息子が食べていた冷やしラーメン醤油も少しだけスープを貰ったが明らかにカツオの風味が弱く、冷やしラーメンとしての完成度は塩の方が上だろう。
それにしても通常この手の冷やしラーメンって清湯スープが王道だと思うがこれだけの鶏白湯のままを冷やしてしまった例は初めて食べた。
ラーメンて旨かったらどういう手法を使おうが関係ないがそれにしても。面白いことを考えるもんだと感心してお店を後にしたのだった。
オススメ。

麺厨房あじさい(広島三越 催事出店)味彩塩拉麺

あじ - 1
広島三越の地下にある名人の台所
あじさ - 1あじさ - 2
ここに5月29日までの限定で函館の麺厨房あじさいがやってくると言うので塩ラーメン狙いでやってきた。
あじさいの塩ラーメンといえば大昔に新千歳空港で食べて感激して、後にツーリングで函館の本店を訪ねるも行列で断念した過去があるのだが、とにかく10年以上ぶりのご対麺というわけだ。
あじ - 2
ほとんど待たされないでやってきたよ!麺厨房あじさいの味彩塩拉麺851円。
あじさ - 4あじさ - 3
なんとまあキレイに澄んだスープが印象的だが水菜とネギ?のあわせ技のような美しい緑のトッピングが目につく。
あじ - 3
麺はなんていうか独特の食感でやや柔らかく少し昔の麺のように懐かしい味わいがする。
あじさ - 6あじさ - 5
パンチを控えたようなチャーシューと単なるゆで卵かと油断していたらきっちり煮玉子でビビった味玉。
やっぱりこういうディテールもきっちり仕事しているのはサスガだ。
あじ - 4
それと最大のトピックはこの大きなお麩だ。
確証があるわけではないが東北から北海道にかけてお麩をラーメンに入れる文化があるようでこの辺のアイディアはかなり面白いと思う。
あじさ - 7あじさ - 8
メンマは薄いのがたくさん入っていてコリコリと食感を楽しめる。
最初から柔らかめの麺だから後半伸びたように感じないのは有難いしそもそも麺の量も少し多いように感じた。
あじさ - 9あじさ - 10
おそらくは昆布と鶏と推察されるがかなり上質なのが使ってあるのか日本人の琴線に触れるようなスープは最後まで飲み飽きない。
だから気がついたら完食してしまっていたがさすがはあの麺厨房あじさいの塩ラーメンだと感心したのだった。

凡の風(そごう広島店)塩ラーメン

40
そごう広島店の9階催し物会場で開かれた初夏の大北海道展
前半:4月25日(火)〜5月1日(月)、後半:5月2日(火)〜8日(月)で店舗が入れ替わりその前半に札幌のラーメン店凡の風がお店を出すことになった。
ぼんの - 1
なんせ本店を臨時休業にされてまで出店されているのでこれは行ってみんといけんぢゃろ!とばかりにやってきた。
大北海道展そのものはそごう広島店と同じ10時からのようだが飲食できるようになるのは10時半からのようだ。
ぼんの - 3ぼんの - 2
会場は大北海道展の一番奥の仮店舗でちょっとわかりにくくて迷ってしまったがなんとか見つかった。
メニューは基本的に塩ラーメンと味噌ラーメンだけになっているようで最もベーシックで安い塩ラーメンに決めて入店すると即会計してから着席と相成った。
ぼん - 1
あまり待たされないでキタヨ!凡の風の塩ラーメン851円。
本店では750円のハズが値上がりしているのは大北海道展値段ということなのだろう。
それにしても「ザ・淡麗系」と思わず思ってしまったルックス。
ぼんの - 4ぼんの - 6
三角の海苔が印象的ではあるがこの時点で魚介の良い香りが漂ってきて鶏と魚介で構成された塩ラーメンということが理解できる。
ぼん - 2
どこの麺なのか想像すら出来ないがこの手の淡麗系ラーメンにしては珍しい少し太めの縮れ麺。
このあたり、やっぱりコヤツの出自は北海道ね!と言いたくなる。
ぼんの - 5ぼんの - 10
ブっといゴリゴリの歯ごたえのメンマ。
それにこのハッキリと辛味を発揮しているネギはやっぱりちょっと広島では出会えないタイプ。
ぼんの - 7ぼんの - 9
チャーシューは脂分が少なくその上、敢えて味付けを抑制してあるような仕上がりになっていてスープの邪魔にならないような気遣いがしてあるように思える。
ぼん - 3
「透き通るような鶏と魚出汁のスープは、あっさりとした中にも深く重なる味わい。豊かな香りとコクがあり、凡の風の人気メニューです。それぞれの味によって入れる調味料にも、店主のこだわりがあります。凡の風定番の塩ラーメンは3種類の塩を使用し、白醤油ラーメンには白醤油とうす口醤油を入れ、澄んだスープの仕上がりに。」と公式サイトに書いてあるがなるほどアッサリとしているが食べ進むほどにその奥深さをひしひしと伝えてくるこのスープがこのラーメンの主役なのだろう。
ぼんの - 8ぼんの - 11
スープのデキが良いとどうしても麺と一緒にスープも飲んでしまうので丼の中が調度良い具合に見事にキレイになくなっていく。
ぼんの - 12
一点の迷いもなく一気に完食してしまったがなるほどこれは完全に北海道を感じることが出来る、広島ではまず食べることが出来ない類のハイレベルな塩ラーメンであることは疑いようがない。
このそごう広島店の大北海道展の後半はどんなラーメン屋が出店するのか今から楽しみだ。

麺屋元就(中区)春限定小エビと浅蜊の春塩ら〜めん

もと - 1
麺屋元就
今日は息子と春の限定麺を狙って夜の部で久しぶりにやってきた。
もとな - 1もとな - 2
休日のランチ時など行列が出てているほどの人気店だが平日の夜はさすがに空いていてゆっくりできる。
入口付近の自動券売機で春限定小エビと浅蜊の春塩ら〜めんの食券を購入して待つことしばし。
もと - 2
春限定小エビと浅蜊の春塩ら〜めん730円。
公式サイトによると・・・
「魚介ベースのあっさりした塩味のスープに太麺をあわせ具材に浅蜊と小エビをそえ更に小エビの香りを移した香り油を加えた特製の塩ら〜めん、麺の量180g、麺 ストレート太麺、具材 小エビ・浅蜊・ネギ、スープ 豚骨魚介塩味」
もと - 3
麺はいつもの麺よりかなり太いムッチリとした食感。
これはかなり麺の主張が強いのでスープに余程力がないと打ち負かしてしまうだろう。
もとな - 3もとな - 4
目にも鮮やかな小エビがその薫りと共にまずは口の中で最初に弾けるのがはっきりとわかる。
もと - 4
そのエビをしっかり下支えしているのはこの30個くらいぶっこんであるアサリであることは間違いないようで、ややもすると生臭くなってしまうアサリの旨みだけを引き出すことに成功しているようだ。
もとな - 5もとな - 6
通常のラーメンと比較するとトッピングにはメンマもチャーシューすらない。
もとな - 7もとな - 13
その代わりにかなり多くのアサリが登場してくるのだがこれらは旨みを完全にスープに抜き取られている抜け殻ではあるのだがそれでもそのしっかりした食感を最後まで楽しませてくれて食べ飽きない。
もとな - 8もとな - 9
このラーメンを支配しているのはやっぱりアサリから抽出されたエキスと小エビの香味油であるのはわかるがその奥にトンコツのワイルド感がチラチラ見え隠れして、単なるアッサリ魚介系ラーメンに留まらないバランスが非常に面白い。
もとな - 11もとな - 10
スープには隠し味的に柚子が少しだけ入っておりこれが時折強烈な存在感を示していてよく考えてあるな、と感心する。
もとな - 12もとな - 14
180グラムとかなり食べごたえのある麺が少なくなってきても丼の底にはアサリがまだまだあってこのスープでアサリを食べる作業をやってると気がつけばスープが全部なくなって完食してしまっていた。
もとなり - 1
ちなみにこちらが息子が注文した春限定小エビと浅蜊の春醤油ら〜めん730円。
スープだけ少し頂いたがかえしが醤油になっただけなのかは不明だがこちらの方がスープに更なる香ばしさが加わってより奥深い味のように感じなくもなかったがこのへんは好みの問題だろう。
最近流行りの貝ダシスープでびっくりするほど洗練されたラーメンイン仕上げているあたりは、さすがは麺屋元就だと舌を巻いてしまった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ