柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

そば

手打ちそば縁~en~(佐伯区)もりそば

え - 1
手打ちそば縁~en~
公式サイトによるとご主人が高橋名人に弟子入りして市役所を早期退職して2014年5月に開業。
えん - 11えん - 1
表に豊平そばとよむすめという幟があるがこのそばを使っているということなのだろう。
えん - 2
お店の前には駐車場があって店内は広くまだ新しく、ご夫婦で営まれているようだ。
カウンターに通されてメニュー筆頭のもりそばをお願いした。
えん - 3えん - 4
するとあまり待たされないでキタヨ!手打ちそば縁~en~のもりそば750円。
え - 2
そばはピカピカに光っておりとても旨そうだ。
自分は日本そばにはあまり詳しくはないのだが標準サイズのソバよりもやや太めか?
え - 3
どっぷりとつゆに浸して食べてみるととてもコシがあって食べごたえバツグンのソバでこれは新そば効果なのかはようわからんがなかなかのソバだ。
えん - 5えん - 6
ただツユがなんていうのかそのソバのパンチについていけていない感じがしてしまうのは気のせいか。
えん - 7えんの - 1
醤油の加減なのかははっきりしないがかなり甘さが際立っていてせっかくのソバの香りを弱めているようにも思われる。
えん - 8えん - 9
蕎麦湯が提供されたのであまったつゆに入れて飲んでみたがこうなると全然甘さがでしゃばったように思わないのでどういう事なのかそば初心者の自分には皆目理解ができなかった。
えん - 10
ただソバそのものは相当なものなのかよくわかるので日本そばとはなかなか難しいものなのだろう。
これはあくまでも個人的見解なので、そば音痴の戯言なのだろう。

手打ちそば無着庵(佐伯区)つけとろそば

む - 1
新年明けて2日、やってきたのは手打ちそば無着庵
自分も年を取ったのかこの頃日本そばが食べたくなる事が増えてきた。
むちや - 1むち - 1
冬は新そばだからソバがウマいって言うけど実はそんなことは全然わからん(笑)
むち - 2むち - 3
ソバの香りとか言われても判別付かないしどっちかというとツユの良し悪しが少しわかるくらいだ(涙)
む - 2
さて新年一発目のソバはつけとろそば900円。
む - 3
最初はどうやって食べるのか苦労したが2度めなのでなんとかなる(笑)
とろろの方にツユをいれてここにそばをつけて食べる。
む - 4
温かいソバも良いが「コシや歯ごたえ」という意味ではやっぱりこうして冷たいソバの方が断然旨く感じる。
むち - 4むち - 5
コッテリとろろを思い切り絡ませて食べるのはコレ以上無い快感だ。
そういえばここのソバは夏はもう少し太かったように記憶しているが今はそれと比較するとかなり細くなっているようだ。
ソバの状態によって変化させているのだろうか??
むち - 6
あっという間に完食してしまった。
他のお客もまだいないしここはもりそばも食べることのしたのだった。
むち - 7むち - 8
人によっては薬味をツユに溶かないでそばに乗せて食べるヒトもいるようだが、どの流儀が正しいのか大将に尋ねたら「好きなように食べるのが一番」なのだろうであまり堅苦しく考えないで良さそうだ。
むち - 10むち - 9
自分は面倒なので薬味を全部ツユに放り込んで食べる方なのだがこれでもじゅうぶんに楽しめてしまう。
むち - 11むち - 12
これまた瞬時に平らげてしまったのだがここからお楽しみが待っている。
むち - 14むち - 13
蕎麦湯なのだが今回のつけとろそばともりそばとツユの配合が違うと教えられたのだがどっちの蕎麦湯も試してみたが自分のようなシロウトには違いがよくわからなかった(笑)
むち - 15むち - 16
この日はお袋とお邪魔したのだが80歳近いのに自分と同じメニューを食べてしかもだし巻きが食べたいと言い出した。
トドメのこの大きなだし巻きも半分以上ぺろりと食べた母は大満足で店を後にしたのだった。

手打ちそば無着庵(佐伯区)玉子とじそば

う - 1
手打ちそば無着庵
うちゃ - 1うちゃ - 2
新そばになったと公式サイトに出ていたので久しぶりにやってきた。
冬のメニューは初めてなので取り敢えず玉子とじそばを注文してみた。
うちゃ - 3うちゃ - 4
しばらくすると山椒と一緒に提供されて好みで入れて欲しいとのこと。
う - 2
しかし初めて玉子とじそばなるものを見たがホントにタマゴで閉じられている、温かいダシのソバだ。
う - 3
タマゴの下からソバを引っ張り出して食べてみると正直新そばなのかはっきりわからんが相変わらずウマい!
うちゃ - 5うちゃ - 6
自分のようなシロウトにはソバのデキ云々よりもダシの良し悪しの方がわかりやすくこのダシがあまりにもウマいので最後まで一気に完食してしまった。
うちゃ - 7うちゃ - 8
シャッター入店して他のお客が居ないことを良いことに大将と色々話をしたついでに連食をお願いした(笑)
う - 4
玉子とじそばで温まったので今度はもりそばで新そばを食べてみた。
うちゃ - 9うちゃ - 10
やっぱり温かいソバよりもこうして冷たく締めた方がコシもあってソバそのものがよく感じられるのだがこれが新そばなのかどうなのかはやっぱりようわからん・・・(涙)
そのことを大将に話したら、「食べたいものを食べれば良いんです」と言って頂いてホッとした(笑)
だけどこうして本格的なソバが近所で気軽に食べられるのはやっぱり嬉しい。
年末は大晦日まで営業して新年は2日からお店を開けるそうだがさすがそば屋は年末年始が忙しい商売なのだろう。
今度は他の冬メニューも確認に来ないといけないようだ。

手打ちそば無着庵(佐伯区)すだちそば

す - 1
今日も開店前にやって来てしまった手打ちそば無着庵
お店の前には駐車場は用意されているがご近所なので当然のごとく自転車だ。
すだ - 1
今日のターゲットは夏メニューのすだちそば。
これであとは「福梅そば」でコンプリートだから頑張ろ(笑)
す - 2
たまたまお客は自分ひとりだったから大将と色々話ができたがそうこうしているうちにキタヨ!手打ちそば無着庵の手打ちそば大盛り900+100円。
つけダレにすだちを絞って食べるのかとばかり予想していたが完全に裏切られた。
す - 3
ここのソバはよくある日本そばと違ってけっこう太めなのが非常に歯ごたえの良さに貢献していると思う。
まあソバの太い細いは好みの問題ではあると思うが個人的にはココのように太いほうが好きだ。
すだ - 2すだ - 3
大量のツユに夥しい数のすだちが浮かぶこの光景は嬉しいのだが「どうやって食べれば良いのだろう?」という疑問にぶち当たった。
す - 4
すると大将が」そばをスダチごと食べて下さい!」と言われなるほどそういうことなのかと納得した次第である。
スダチって絞るものというステレオタイプな考えはとっとと捨てて柑橘なのだから食べれば良いといふうに思うようにした。
果たしてこのスダチは上等のモノのようで青臭さはなく種ごとバリバリ食べられる事に気がついた。
すだ - 4すだ - 5
大盛りと注文したのだがそばが太いからかわからんかけっこうなボリュームでしっかりお腹にドスンと来る。
気がつけばツユもスダチもソバも一切合切キレイになくなって涼し気な器だけが残っていた。
いやいや1000円はやや高いがまあ日本そばってそんなものって割り切ればこのスダチそば大盛り、夏には決して悪くない(笑)

手打ちそば無着庵(佐伯区)辛味大根そば

む - 1
手打ちそば無着庵
ちょっとお久しぶりにやってきたが休日の昼前とはいえ満席でメチャメチャ忙しそうだ。
むちゃ - 1むちゃ - 13
知らん間に夏メニューなるものが始まっててすだちそば、福梅そば、辛味大根そばとラインナップされてて、やっぱりコレを注文せんといかんぢゃろ、のノリで辛味大根そば、ざるWを注文。
む - 2
まず運ばれて来たのは辛味大根。
ざるWに対しての辛味大根という事になるがそれにしてもこんなに沢山の辛味大根って初めて見た。
辛味大根って大根すり以上、ワサビ未満のイメージがあるがどうなんだろ。
むちゃ - 2むちゃ - 3
薬味はネギだけでこれを少しと辛味大根も恐る恐るつゆにいれてかき混ぜてみた。
む - 3
次に蕎麦、ざる1枚が登場。
それにしてもコレだけで少し食べてみると自然な甘さが心地よい。
むちゃ - 4むちゃ - 5
満を持してソバをつゆにどっぷりどっぷり浸して食べてみるとこの辛味大根はなかなか辛いことが理解できる。
むちゃ - 6むちゃ - 7
こりゃチマチマ使っていたら半分くらい辛味大根残してしまいそうなのでちょうど全体の半分ほどの辛味大根をつゆに投下!
むちゃ - 8むちゃ - 9
うーむ!これはかなりの辛さがこみ上げてくる。
ちょっと辛味大根を舐めてたかな?
とりあえず1枚目完食。
む - 4
さて2枚目は間髪入れずに提供されるのだが、その時残った辛味大根を全てつゆに放り込む。
ちなみにつゆの追加は有料になるので注意が必要だ。
むちゃ - 10むちゃ - 11
元々辛味大根がかなりガツンとくるつゆに更なる辛味大根が追加されたので、その辛さは半端ない。
正直、涙と鼻水に苛まれながらも基本が旨いのでガンガン食べすすれられる、
むちゃ - 12
最後は蕎麦湯が提供させるので残ったつゆに入れて最後のお楽しみとなるのだが、この蕎麦湯も辛味大根でエラい辛い(笑)
ただ暑い夏にはこんな和風激辛メニューもええんじゃなかろうか?
辛味大根そば900円、ざるもう1枚追加が400円とけっこうなお値段だが辛味大根に目一杯シバかれたい方にはこの夏イチオシ間違いない。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ