柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

スイーツ

たまや(呉市)巴屋のアイスもなか

た - 1
やってきたよ!たまや
今日は2017年の大晦日正午、忘年会がここで開催されることになっている(笑)
たま - 1たま - 2
持ち込み酒も揃ったところでまずは乾杯!
たま - 3たま - 4
今年もお疲れ様でした!来年も宜しくね!!
と気心知れた仲間との忘年会の始まりだ。
たま - 5たま - 7
「丼と揚げ物の店」だけって次から次へと揚げ物オンパレード(笑)
たま - 8たま - 9
一息ついて更に揚げ物を御見舞されるのだがビールにはなかなか合うよね。
た - 2
ここで目先を変えて宮崎風の焼き鳥。
地鶏でけっこう硬いが味はさすがだ。
たま - 11たま - 10
アボガドを挟んで今度はトンカツ。
このへんから日本酒にシフトし始める。
たま - 12たま - 13
そして追い打ちをかけるようにドドド!と串揚げがでてくるでてくる(笑)
たま - 14たま - 15
さて呉市の海自カレー公式店舗であるたまやのメイン料理はなんといってもコレ、カレーだ。
たま - 16たま - 17
独特な専用容器に入れられたカレーは適度に辛味が効いてさすがにウマい。
この個性的なルックスとともに酒のアテとしてもその存在感は健在だ。
た - 3
た - 4
デザートはなんと全店舗閉店してしまい今はスーパーでしか買えなくなってしまった巴屋のアイスもなかぢゃん!!
たまやさんでは巴屋と契約してアイスもなかを販売している。
スーパーで売ってるもなかでは再現できないパリパリのもなか皮の食感を堪能出来る。
たま - 18
最後はなぜかリアルゴールドうこんで〆て夕方前に解散したのだった。
それにしてもまさかたまやさんで巴屋のアイスもなかに再会できるとは夢にも思わなかった。
たまやさんで食事をしなくてもこの巴屋アイスもなかを買うだけでも対応してくれるとのことなので巴屋アイスもなかファンには2018年早々からの朗報と言えるだろう。

天文館むじゃき(そごう広島店)マンゴー白熊

むじゃ - 2むじゃ - 1
5月24日(水)〜31日(水)の間開催されるそごう広島店の第35回 大九州物産展。
これに出店していた天文館むじゃき
あの白熊で有名なお店だ。
む - 1
マンゴー白熊(1個)…810円[各日限定50杯]。
む - 2
810円も取るのだからもっとドカンと腰が引けるくらいのサイズかと期待してしまったのだがやや小さくて肩透かしを食った(笑)
むじゃ - 3むじゃ - 4
気を取り直して付近に設置されたイートインスペースで食べることにした。
印象的なのは濃厚な味のマンゴーの多さだ。
なるほどあの値段はマンゴーを太っ腹に乗せてあるからなのかもしれん。
むじゃ - 5むじゃ - 6
前半はマンゴーでウハウハしながら喜んで食べていたが中盤からかけてあるソースがなくなってきてだんだん真ん中のかき氷がむき出しになり真っ白になってくる。
むじゃ - 7
後半はもはやほんの少し練乳味の氷を食べているだけなのが苦痛でこの時点でギブアップ。
この値段だったら正直コメダ珈琲のかき氷の方が遥かに充実していると思ってしまった天文館むじゃきのマンゴー白熊だった。

はやしのいきなり団子(熊本市)

いき - 1
やってきたのは水前寺公園のすぐ前にあるはやしのいきなり団子
いきな - 1いきな - 2
熊本地震の営業はここ水前寺公園でも酷かったようで今は撤去されているが灯籠や鳥居が倒れてしまったようだ。
いきな - 3いきな - 7
はやしのいきなり団子にやてきたからにはいきなり団子を食べないとね。
そもそもいきなり団子は「熊本県の郷土料理、郷土菓子で輪切りにしたサツマイモと餡(小豆あん)を餅(ねりもち)、または小麦粉を練って平たく伸ばした生地で包み、蒸した食品。」
いきな - 9いきな - 8
個人的にはアニメケロロ軍曹で繰り返しこのいきなり団子が登場したので興味を持っていたのだった(笑)
いきな - 4いきな - 5
そんなはやしのいきなり団子110円。
それにおばちゃんから冷たいお茶をサービスしてもらった。
いき - 2
さっそくかじりつくいきなり団子だが中のサツマイモのデキがおそらく大きく団子に出来に直結するようでここのはサツマイモの質が素晴らしいので団子も同様の印象を受ける。
それにこの店の前の小さな椅子とテーブルに腰掛けて食べるのがまた風情があって癒やされるのよ!
いきな - 6
おばちゃんの心遣いでお茶のお代わりまで頂いたので6個入りのお土産を買って帰路についたのだった。

コメダ珈琲店 ゆめタウン呉店(呉市)キャラメルリンゴシロノワール

こ - 1
コメダ珈琲店 ゆめタウン呉店
ナント!呉のゆめタウンの1階にあのコメダ珈琲が開店した。
ゆったりとしたスペースで内装もいつものコメダ珈琲と同様なのだがこの店舗には仕切りがある一人用のカウンター席が用意されているのが目新しい。
こめ - 2こめ - 3
この日はお袋と一緒に入店したのだが平日のお昼時だけあって年配の女性が多く見かけられほぼ満席に近い盛況ぶりだった。
こ - 2
たっぷりたまごのビザトースト650円。
これ上部にピザがありその下にトースト、その下にすごく分厚いタマゴの層があるというゴツい構成になっており食べごたえ満点だ。
こめ - 4こめ - 5
そしてあみ焼きチキンホットサンド760円。
少々値段は張るが間に挟まれているあみ焼きチキンはブッとくてしかもトロトロの柔らかさ、一気にかぶりついてもなかなかなくならないサイズに圧倒される。
このどちらもお袋とシェアして食べたが別皿にしてくれた辛子マヨネーズを塗りたくって食べたから指と口の周りは脂分でベットベトになってしまった(笑)
こめ - 1こめ - 6
ここでかなり胃袋も膨らんでしまったのだが期間限定のこのキャラメルリンゴシロノワールを食べておかんと帰れんだろ!ということで注文を強行!
こ - 3
キャラメルリンゴシロノワール720円。
500円のミニサイズと迷ったがせっかくだからとフルサイズを注文した。
キャラメルはほとんど前面に出ておらず、甘さとしてとしてしか感知されないのがやや残念ながらアップルパイの中身のようなリンゴの印象は強烈だ。
ハロウィーンのマークのビスケットが添えられているがハロウィーンとキャラメルリンゴシロノワールとの因果関係はなんなんだろう?とパンパンになったお腹をさすりながら店を出たのだった。

虎屋本舗 本店(福山市曙町)はっさく大福

とら - 4
やってきたのは福山市の虎屋本舗 本店
とらや - 1とらや - 2
基本的に非常に歴史のある和菓子屋さんなのだが名物として非常に変わったスイーツを出しているお店として有名なのだった。
とらや - 3とらや - 4
このように麻婆豆腐のようなゼリーだとかざるそばのようなモンブラン、お好み焼きそっくりなチョコケーキとか。
なかでも「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」は特に名が知られているのだが今日は、これを娘におみやげとして頼まれているのだった。
とらや - 5とらや - 6
この「本物そっくりスイーツシリーズ」は冷凍になっているので持って帰る祭には溶けないような入れ物になるので別途にその費用も必要になる。
とら - 1
そしていくつかお菓子を買えば店内の片隅にあるイートインスペースでお茶を飲ませてくれる。
自分が取り敢えずのこのはっさく大福を購入。
とらや - 7とらや - 8
よっしーはどら焼きを3つ購入し冷えて旨いお茶と一緒に食べるとクーラーがガンガンに効いていて極楽至極だ。
とらや - 9とらや - 10
このはっさく大福は包を開けると粉がたくさんついているのでそこら中が真っ白になるので注意が必要だ。
とら - 2
だけどこの中のはっさくの甘さが凄まじくこれはかなりのもんぢゃがね。
とらや - 11とらや - 12
そうしてまったりと寛いでいたら店員さんからテーブルに置いてあるお菓子を食べても良いと云われたので遠慮無くひとつだけいただいた。
とら - 3
当然タダなんだから期待せずに食べたらナント中からほこほこの本物の栗がでてきて、タダで喰って大丈夫かいな?と不安になってしまうようなデキにビビってしまった。
とらや - 13とらや - 14
帰宅して娘に渡した「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」を解凍して食べ始めたがキワモノのような見た目と違ってごく普通のシュークリームって笑っていた。
正統派から奇天烈なスイーツまで懐が深そうな虎屋本舗 本店だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ