柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/山口県中部

山形屋西洋酒場(山口市)中華そば

やま - 1
久しぶりにやってきたよ!湯田温泉の山形屋西洋酒場
おそらくは2年ぶりじゃないかと思うが理由はカンタンで2年間ラーメンのランチ営業を止められていたから。
やまが - 1やまが - 2
それが最近になってラーメンのランチ営業が復活したと聞いてやってきた。
今日はたまたまなのかもしれないが替え玉無料なのか〜、前はそんなサービスやっていなかったような気もするが・・・・(笑)
やまが - 3やまが - 4
湯田温泉のハズレのどう見ても飲み屋テナントにしか見えないビルの地下に回り階段で置いていくとまるで夜のような世界が広がっててそこでまさかの本格的なラーメンが食べられるなんて、なんだか現実離れして不思議ではあるわな。
やま - 2
ホントは以前に食べたバジルトンコツラーメン狙いだったがこの日はもう売り切れていたのでイリコ出しの効いた中華そば650円を細麺でお願いした。
やま - 3
懐かしい感触にとらわれてしまったがこれはしばらく間が空いたとはいえ紛う方なきあの山形屋西洋酒場のラーメンだ。
やまが - 6やまが - 5
白髪ネギ、青ネギ、そして白ネギと3種類のネギがかなり変化あるアクセントになってるトコなんざ思わずサスガと言ってしまった。
やまが - 7やまが - 9
スープは一見シンプルな懐かし系に思えるが、おそらくは鶏とトンコツに煮干しがビシっと芯を通したような今風の凝ったモノを優しく仕上げてあってここらへんのセンスも以前とまったく変わっていない。
やま - 4
チャーシューもこれまた流行りのうす~いタイプで味付けはごく控えめと全体のバランスをよく考えてある。
やまが - 8やまが - 10
後半まで食べ飽きることなく最後まで一気に食べさせてくれるのには嬉しくなってしまった。
大将にも声をかけさせてもらったがその腕には一点の曇りも感じられなくて安心してしまった。
いろいろ問題があるのだろうが、個人的にはやっぱり山形屋の代名詞であった濃厚豚骨つけ麺や夏限定、伝説の冷や麺JAPANの復活を切にお願いしたい次第である。

三久ラーメン 小郡店(山口市小郡)ラーメン

さん - 1
山口市の広い幹線道路の目立つ立地にある三久ラーメン 小郡店
駐車場も広くあってクルマでアクセスするのは非常に楽だ。
さんく - 2さんく - 1
店内は奥に広く大きな厨房にそれを取り囲むカウンターという構成。
さん - 2
ほとんど待たされないでキタヨ!三久ラーメン 小郡店のラーメン570円!!
三久ラーメンと言えば宇部ラーメンのお店と思ってやってきたのだがビシっとその通りのルックス。
さん - 3
麺は表面がツルッとした印象を受ける独特なものでこの辺りのヒトの好みなのか比較的柔らかく茹でられている。
さんく - 3さんく - 4
ネギにメンマにチャーシューというトッピングなのだがこれらはもう完全なオマケという立ち位置でまあどれもこれもフツーで個性的なものは無い。
さんく - 5さんくう - 1
店内に入っただけではそれほど感じなかったが実際に丼からは相当に立ち上る獣臭。
けれど食べてみるとそれほど臭みは感じるなくなりだんだん慣れてくる。
この昔風のこってり濃厚とんこつスープこそ三久の真髄で、ここまでストレートにトンコツの良さも悪さも開き直って全面に押し出していると返って気持ちが良い。
さん - 4
ヨコのガテン系の方々がラーメンにテーブルに置いてあるこれをガンガンぶち込んでいるのをみて自分もマネてみることにした。
さんく - 6さんく - 7
なるほど!これは強烈だ。
一気に辛さ成分がスープ全体に拡がってエッジの効いた大人の味に変身だ。さんく - 8
後半食べ飽きない効果はかなりあるがこれは好き嫌いが分かれそうで注意して投入する必要がありそうだ。
まさに宇部ラーメンの王道のようなここのラーメンは570円という値段とも相まって地元に愛されているのがよ〜〜くわかった三久ラーメン 小郡店だった。

まるにぼ(防府市)塩平打めん

まる - 1
やってきたのは山口県防府市のまるにぼ
まるに - 1まるに - 2
煮干しがガツンと効いた塩ラーメンを出す店だ。
まるに - 3まるに - 4
店内に入ると自動券売機が。
塩ラーメンと麺が平打麺になる塩平打めん、つけ麺とそして油そばもあるようだ。
まるに - 5まるに - 6
以前も平打ち麺が好印象だったのでこっちを選択してトッピングには玉ねぎを追加してもらうことにした。
まる - 2
さてやってキタヨ!まるの塩平打めん+たまねぎ=690円+100円=790円。
まる - 3
麺は以前と変わっていないようだがコシがあって歯ごたえも良いのだが、せっかく平打ち麺にするのならもう少しヌメッとした滑らかさとモチモチ感が欲しいところだ。
まる - 4
煮干しが強く香るこのスープにツンと刺激的な辛さを提供してくれる玉ねぎは予想通りベストマッチのトッピングと言えて大正解だ。
まるに - 7まるに - 8
メンマは明らかに以前とはグレードダウンしておりこれはちょっと残念だ。
まるに - 9まるに - 10
チャーシューは変わってないようでこちらは柔らかくてこのさっぱり塩スープによくあっている。
まるに - 11まるに - 12
ガツンと煮干しが効いた上品なスープは最後まで飲むことを止めることができないデキでここらへんはサスガだと脱帽する。
まるに - 13
反面、1年ぶりに訪れたのだが基本的には進歩よりもコストダウンの影の方が気になってしまい残念な面もあったのも事実だ。
オープン当時の衝撃で期待が大きすぎたのも事実だが今回はちょっと肩透かし感があったまるにぼだった。

手打ち中華そば 侍(山口市仁保)炙りチャーシュー中華そば

あぶ - 1
山口拉麺維新2016の2周めでまたしてもやってきたよ!手打ち中華そば 侍
あぶり - 1あぶり - 2
なんと!この日から遂にココ侍でも自動券売機を導入することになったらしい。
まあ人手不足のこのご時世、仕方がないのかもしれない。
あぶり - 5あぶり - 4
今日の狙いはズバリ!この山口拉麺維新2016の限定メニューたる炙りチャーシュー中華そばだ。
因みにこの炙りチャーシュー中華そばの自動券売機でのボタンがわかりにくく自力では探せなかったので教えてもらったが一番下のボタンになっている。
あぶ - 2
ちょっと待ってからやってきたのは手打ち中華そば 侍の限定炙りチャーシュー中華そば750円。
なんちゅうクレージーなどデカイチャーシューがはいっとんねん。
こんなんほとんど豚ステーキぢゃん。
あぶ - 3
などど油断していたらこのチャーシュー、もう一枚おんなじのが下にあってなんと!ダブル入りだったのよ!
あぶり - 6あぶり - 9
一枚でも丼の7割近くを覆い隠さんとするビッグサイズのチャーシュー、幅も8ミリくらいあってどないなっとんねん!
これで750円なんて原価は大丈夫か?
あぶ - 4
などと心配しながらかぶりつくと、なんとも当たり前だが柔らかくて肉々しい!!
脂身もけっこう多くが炙ってあるので実に香ばしく下手な牛ステーキより旨いんちゃうか?
あぶり - 7あぶり - 10
あまりのチャーシューの迫力に麺もスープもタジタジでこの炙りチャーシュー中華そばに限っては潔くチャーシューが主役になっているようだ。
あぶり - 11あぶり - 12
しかしここまで来たら清々しいまでの思い切りの良いコンセプト、心から拍手を送りたいと思う。
あぶり - 13
もう麺とスープの印象なんて全然覚えていないけど焼肉屋に行ったよりも肉を堪能できてしまった手打ち中華そば 侍の炙りチャーシュー中華そばだった。
素晴らしい!

手打ち中華そば 侍(山口市仁保)手打ちつけめん

さむ - 1
手打ち中華そば侍
山口拉麺維新2016、5軒目。
さむら - 1さむら - 2
この日は日曜日だったから店内に待ち客ができていた。
だけど自分は一人だったから比較的早く席に座ることが出来た。
さむら - 4さむら - 3
ラーメンとつけ麺のどっちにするか悩んだのだが久しぶりにつけめんにすることにした。
さむ - 2
最初に来たのは冷たい麺。
ここの魅力は西日本じゃ滅多にお目にかかれない多加水びろびろ平打ち麺。
さむ - 3
そして少し遅れて今度は温かいつけダレ。
炙ったのではなく燻されたような大きねチャーシューが眩しい(笑)
さむら - 6さむら - 5
さっそくドカっと麺を浸してからガッツリ食べると不思議とシソの香りが。
さむら - 7さむら - 9
麺にかけてあるのかと探してみたがないので、つけダレをみるとここにシソが浮いているじゃないの。
これがなかなかのアクセントを生み出している。
さむら - 8さむら - 11
今度はチャーシューをつけダレに入れて温めてから食べてみる。
これだけ柔らかいと麺とか他のトッピングと一緒に食べたくなってしまうわな。
さむ - 4
そこでチャーシューで全部を巻いてチャーシュー巻き寿司みたいにしてあぶりつくと至福の味が口腔に弾けるのよ。
さむら - 10さむら - 12
噂によるとこのつけダレにはハチミツがはいっているそうで確かに少し甘くて香ばしい。
さむら - 13
いやいや今回も納得の完食。
いよいよ今回の山口拉麺維新2016もリーチだ。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ