柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

中華料理

鳳琳(中区吉島西)陳麻婆丼

ち - 1
鳳琳
吉島小学校の真ん前のわかりやすい場所にある中華料理屋さん。
ちん - 1ちん - 2
この日は休日だったから日替わりランチはないと書いてある。
そして「名物」の陳麻婆豆腐と地獄ラーメンが売りの辛い系で四川料理がメインのようだ。
ちん - 4ちん - 3
しかしこの店内は昭和と言うかカオスな雰囲気で大昔の中華料理屋そのものだ。
壁にはあの陳建一の写真なんかが貼ってあるので四川飯店と何らかの関係があるのかもしれない。
ちん - 6ちん - 5
カウンターから垣間見える厨房で鍋を振る大将と奥様、そして息子さん?の家族経営なんかな?
ち - 2
さて自分が注文したのは陳麻丼800円。
基本的にメニューにあるのは麻婆丼700円でそれに唐辛子と山椒をアップした激辛仕様が陳麻婆丼と考えれば良い。
ちん - 7ちん - 10
陳麻婆豆腐だと1100円なのだが陳建一麻婆丼になると800円と安くなるのは餡の下にご飯があるからなんかも知れんがそれにしても、パッと見でこの丼は相当な量がある事が理解できる。
辛さは一般的に言えば辛いが普通の人でも食べられるレベル。
ちん - 8ちん - 9
ちょっと珍しくのはこの緑の葉物野菜でネギなのかニラなのか判別出来なかったがバッチリアクセントとしてちゃんと機能していて食べ飽きないが量が量だけに完走出来るか不安になってくる。
ち - 4
山椒も若干唇が痺れるくらい効いていてパンチも相当なもんだ。
ただ欲を言えば汁なし担々麺店みたいにこの山椒を後からでも追加出来るようにしてくれたら嬉しいのだが。
ちん - 11ちん - 12
それでもさすがにこのデフォルトで大盛りのような盛りっぷりはオッさんにはかなりキツく気合いを入れ直して最後まで突っ走らないと、途中でお冷に逃げたりしたら挫折してしまいそうだ(笑)
ちん - 13
なんとか完食。
これは辛党の大食い系には大いに支持されるお店である事は間違いない。
はち切れそうなお腹をさすりながら帰路に着いたのだった。

藤椒(東広島市西条町)激辛麻婆豆腐定食

た - 1
藤椒と書いて「たんじょう」って読めるわけない。
正しくは「藤椒(タンジャオ)」、緑緑した新鮮な香りと刺激的な味が特徴な生の山椒の一種で花椒よりも香りが強く高級品。
集合店舗前には駐車場は用意されている。
たん - 1たん - 2
入店すると自動券売機でチケットを購入する。
ココは麻婆豆腐が旨いと聞いてきたので券売機の一番上にある定食にすることにした。
たん - 3
大将と奥様らしき女性の二人体制。
店内はカウンターにテーブル席のオーソドックスな構成ながら開店直後にはもうあっという間に満員でしばらくすると炎天下に行列までできてしまうほどの人気店だ。
麻婆豆腐の辛さを指定できるようなのでここは一発「激辛」でお願いした。
た - 2
これだけの人数にも関わらずそれほど待たされないでキタヨ!藤椒の激辛麻婆豆腐定食750円。
たん - 4たん - 5
サラダに干しエビのスープ。
たん - 6たん - 7
御飯に漬け物がついてくる。
た - 3
主役は間違いなくこの激辛麻婆豆腐なのだが照りが凄いっていうか創造より見た目オイリーな印象を受ける。
たん - 9たん - 10
麻婆豆腐の表面に真っ赤な油が各所溜まっていてもしかしたらこってりしているのかと心配してしまった。
たん - 8たん - 11
辛さの心配よりも油っぽさに日和ってしまいまずは御飯にどさっと乗せて食べてみた。
辛さも痺れも油っこさも予想より遥かにマイルドでコレなら辛さ耐性普通の人でもじゅうぶんに楽しめるレベルだ。
た - 4
だったらってことで御飯をグッと少なめにして麻婆豆腐多めを食べてみたがなるほどこれはかなり上等な麻婆豆腐で家庭ではとてもじゃないが再現できないだろう。
たん - 12たん - 13
辛さと旨み、それと飯の量の配分が絶妙で見事にバランスされて全体が同じように減っていく様を感心しながら眺めてしまった。
たん - 14たん - 15
サラダはまあ普通だが干しエビスープもこの辛い麻婆豆腐のナイスアシストしていて箸休めにはピッタリになっている。
結論としてこれだけのクオリティで750円はバーゲン価格だろう。
ここの大将の経歴とかは知る由もないが相当な手練であることはハッキリ理解できる。
それを察する客が殺到しているのもこの値段なら納得だ。
店名が読めないこと以外は(笑)東広島市民が羨ましくすらなってしまった藤椒(たんじょう)だった。

蓬莱LECT店(西区LECT広島)中華丼

ほう - 1
蓬莱LECT店
前日蓬莱名物の天津丼を堪能したが今日は中華丼狙いでやってきた。
ほうら - 1ほうら - 2
値段を見るとノーマルサイズだったら天津丼より中華丼の方が100円高いが小サイズにすると同料金になっているのはどういうことかいね?(笑)
ほう - 2
蓬莱の中華丼は初めてだったので遠慮して小サイズ650円にしたがそれでも一般的な中華丼と同等の量がある。
ほうら - 4ほうら - 3
天津丼のような大きなタマゴ焼きは無いもののそれでもかなりの量のタマゴがぶっ込んであることは間違いない。
ほうら - 5ほうら - 8
基本的な餡の味付けも天津丼と同じで懐かしいような昔からの甘辛いそれで安心できる。
ほうら - 6ほうら - 7
じゃあ何が違うのよ?ということになってしまうのだが、それはこの炒めた白菜の存在だろう。
確かにこれのシャキシャキした食感は八宝菜などの中華料理特有のもので、これをもって中華丼と定義するのは正しいと思う。
ほう - 3
それといつもは自分の唾液のデンプン分解酵素が強いせいかこの手のトロミがある丼ものは最終的にお茶漬けのようにサラサラになってしまうのだが蓬莱の中華丼天津丼はどちらもそれに負けずにトロミを持ってくれてるのは嬉しいがどういう仕掛けがあるのだろう?
ほうら - 9ほうら - 10
それと今回大失敗だったのはフードコートなので卓上調味料はなく受取る時にかけておくのがお約束なのにコショウを振りかけるのをうっかり忘れてしまったことだ。
ほうら - 12
コショウなしでは最終的に完全に食べ飽きてしまったが小サイズだったせいもあって余裕で完食できてしまった。
いやいややっぱり蓬莱の天津丼もだが中華丼もなかなか侮りがたし(笑)

蓬莱LECT店(西区LECT広島)天津丼

ほう - 1
蓬莱LECT店
オープンしてまだ間がないゴールデンウィークだが時間帯を少し早めに来たのでガラガラだ。
ほうら - 1ほうら - 2
取り敢えず蓬莱の名物たる天津丼を注文してフードコートの座席を確保した。
蓬莱と言えばサンモール地下本店並木通り店があってそれぞれで天津丼を食べたが今度がLECT広島に入店したらしいので食べに来たのだった。
ほう - 2
ほとんど待たされないで呼ばれたので取りに行ってコショウを振りかけて持って帰ってきたよ!天津丼700円。
ほうら - 4ほうら - 3
本店、並木通り店と同じ700円だったからココのテナント料に蝕まれてその売りである「盛りの良さ」が失われているんじゃないかと勝手に心配していたがそれは杞憂に終わった。
大きな丼ギリギリに盛られた餡ははみ出していてレシートまでを侵食しているほどだ(笑)
ほう - 3
さっそくスプーンでほじくり返しているとでてきたのは厚めのタマゴ焼きでこれがないと始まらないのよね。
ほうら - 5ほうら - 10
他にもほんの少しだけど豚肉も入っているがこれはもうアクセントみたいなもんだ。
ほうら - 6ほうら - 7
甘くそして少しだけ醤油が効いた、いわゆる甘じょっぱい餡にもう溶けそうなタマネギが支配するこの天津丼はタマゴとご飯を巻き込んでどろどろぐちゃぐちゃの酒池肉林の味わいだ。
ほう - 4
そんな中、このキクラゲのグリグリした独特の食感や大きく切ったネギのシャキシャキさにハッとさせられる。
ほうら - 8ほうら - 9
そうは言っても徹頭徹尾濃く塗りつぶされた味がずっと続くので当然ながら食べ飽きてくるのは必定。
ほうら - 11ほうら - 12
そこで通常であれば卓上調味料のコショウが登場するわけだがここのようなフードコートではそうもいかない。
だから最初に予め偏った部分に大量のコショウを振りかけておいてコショウを混ぜないように注意しながら食べていくと後半味変を楽しめる。
蓬莱の天津丼と言えば今から35年前、自分が予備校生だった頃に通いまくった懐かしい味なのでもはや旨い不味いを超越したソウルフードになってしまっている。
現代の基準からすればやや古めかしい味になるのかもしれないが、そんな蓬莱が近所に来てくれた事は素直に大歓迎したいと思った。

香林(岩国市)麻婆チャーハン

こ - 1
岩国駅の裏の通り沿いにある香林
地元では料理のベーススープにとんこつを使う特徴がある非常に人気のある中華料理店。
こう - 1こう - 2
そして辛いものラインナップの充実も人気の理由でもある。
今回はその中の看板料理たる「チリかつ丼」目当てでやってきたのだが休日の12時半でもう「カツ」が売り切れて注文不可になっていた。
仕方がないので以前から興味があった麻婆チャーハンに挑戦してみることにしたのだった。
こ - 2
店内は満席だったので少し待つと言われたので了承したけど、そこまで待たされないでやってきたよ!香林の麻婆チャーハン1100円。
こう - 3こう - 8
これも玉子スープがオマケでついてくるがこちらはまあよくある玉子スープだ。
こう - 4こう - 5
食べてみると辛さはほどほどで万人向けではあるが麻婆豆腐をチャーハンと合わせるなんてよく考えてみたらこれまでありそうでなかったよな〜。
こう - 6こう - 7
麻婆豆腐はしっかりとトロミがつけてありほとんどペースト状だ。
チャーハンも丁寧にパラパラにしてあってたしかにこれを大将一人で作るなんて大変なんじゃなかろうか?
こ - 4
こ - 3
実際麻婆豆腐だけ食べてみると通常の単品のよりも少し味が濃い目になっているのだろうが、それにして独特のクセのある濃厚さはやっぱりこれにもとんこつが入っているのだろう。
逆にチャーハンは塩分はほとんど入ってないようで脂分も控えめになっててあくまでも麻婆豆腐と合わされる前提の仕様になっているのだろう。
こう - 9こう - 10
最初1100円と少し高いな〜と思ったが皿一面を覆い隠さんとするその量たるや、相当なものでお腹がいっぱいになってしまった。
考えてみたら麻婆豆腐とチャーハンをいちいち同時につくらなきゃならないわけでその手間とかを考えたら妥当な値段なのかも知れんない。
こう - 11
こうなるとやっぱり未食のチリかつ丼の正体をますます知りたくなってしまったのだった(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ