柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

中華料理

香林(岩国市)麻婆チャーハン

こ - 1
岩国駅の裏の通り沿いにある香林
地元では料理のベーススープにとんこつを使う特徴がある非常に人気のある中華料理店。
こう - 1こう - 2
そして辛いものラインナップの充実も人気の理由でもある。
今回はその中の看板料理たる「チリかつ丼」目当てでやってきたのだが休日の12時半でもう「カツ」が売り切れて注文不可になっていた。
仕方がないので以前から興味があった麻婆チャーハンに挑戦してみることにしたのだった。
こ - 2
店内は満席だったので少し待つと言われたので了承したけど、そこまで待たされないでやってきたよ!香林の麻婆チャーハン1100円。
こう - 3こう - 8
これも玉子スープがオマケでついてくるがこちらはまあよくある玉子スープだ。
こう - 4こう - 5
食べてみると辛さはほどほどで万人向けではあるが麻婆豆腐をチャーハンと合わせるなんてよく考えてみたらこれまでありそうでなかったよな〜。
こう - 6こう - 7
麻婆豆腐はしっかりとトロミがつけてありほとんどペースト状だ。
チャーハンも丁寧にパラパラにしてあってたしかにこれを大将一人で作るなんて大変なんじゃなかろうか?
こ - 4
こ - 3
実際麻婆豆腐だけ食べてみると通常の単品のよりも少し味が濃い目になっているのだろうが、それにして独特のクセのある濃厚さはやっぱりこれにもとんこつが入っているのだろう。
逆にチャーハンは塩分はほとんど入ってないようで脂分も控えめになっててあくまでも麻婆豆腐と合わされる前提の仕様になっているのだろう。
こう - 9こう - 10
最初1100円と少し高いな〜と思ったが皿一面を覆い隠さんとするその量たるや、相当なものでお腹がいっぱいになってしまった。
考えてみたら麻婆豆腐とチャーハンをいちいち同時につくらなきゃならないわけでその手間とかを考えたら妥当な値段なのかも知れんない。
こう - 11
こうなるとやっぱり未食のチリかつ丼の正体をますます知りたくなってしまったのだった(笑)

ぶたまん(宮崎市)焼ギョーズ・水ギョーズ

ぶ - 1
宮崎市の市街地にあるぶたまん
表には「宮崎ラーメン」と大きく書いてあるが普通にこの店名だと豚まんのお店かと思ってしまった。
ぶた - 1ぶた - 14
しかし表にあるメニューに豚まんなぞなくその代わりに焼ギョーズ、水ギョーズなる食べ物がメインのようだ。
店内はけっこう広くテーブルだけなのでひとりだった自分も4人がけテーブルに座った。
ぶた - 2ぶた - 3
メニューにはやはり焼ギョーズ、水ギョーズとある。
接客に出てこられた年配の女性の話によるとどうやらギョウザの事のようなので焼ギョーズを注文しようとしたら「ニラ」「白菜」から選ばないといかんらしい。
ぶた - 15ぶた - 13
心の準備ができていなかったので迷っていたらペアと言ってニラと白菜が半々のがあるらしくコレを勧めてくださったので即決。
ぶた - 4ぶた - 5
ビールも頼んでこれを飲みながら待つことにした。
するとザーサイがオマケでついてきてコイツがビールの良いお供になってくれてたまりまへんの〜(笑)
ぶ - 2
そうこうしていると本命の焼ギョーズ8個で550円がやってきた。
ぶた - 6ぶた - 7
想像していたのよりかなり大きく有名な餃子の王将と良い勝負だ。
さっそくテーブルに置いてあった酢醤油にラー油を入れて食べてみることにした。
ぶた - 9ぶた - 10
べったりタレに浸してから最初は下の段に配置されたニラだ。
厚めの皮が独特な食感を産んでいるがなるほどこれはニラの香りが立って香ばしさがあるね。
ぶた - 11ぶた - 12
そして上の段の白菜だがかなり優しい味に変化しているのだがこりゃどっちもそれぞれの個性があって面白い。
ぶた - 16ぶた - 17
半分くらい食べた頃にもうひとつの水ギョーズも食べたくなったので追加注文したらまたザーサイがでてきた。
このザーサイはビールのオマケじゃなくてギョーズについてくるのね(笑)
ぶ - 3
さてそしてこっちが水ギョーズ550円。
ちなみに中身はこちらは全部白菜だ。
ぶた - 18ぶた - 19
なるほど白菜で更に優しいのは良いのだがこっちにもニラを試させて欲しかったの〜〜。
ぶた - 21ぶた - 22
それにしてもビールとのマッチングはそりゃもう最高でどっちもがお互いを引き立て合っているかのようだ。
ぶた - 20ぶた - 25
宮崎ラーメンも試そうかと企んでいたのだが全部で16個のギョーズとビール1瓶でおじさんもう腹いっぱいよ。
1600円を支払ってほろ酔い加減で帰路についたのだった。

川菜味(東区光町)四川マーボードーフ定食

かわ - 1
光町のわかりやすい場所にある川菜味
なんて読むのかと思っていたらローマ字が振ってあるので「かわなみ」というお店だとわかった。
以前にテレビで「陳建一のお弟子さんの店」として紹介されていたので一度訪ねてみたかったのだった。
かわな - 3かわな - 1
店内はけっこう広く奥が厨房のようだが客からは見えない。
テーブル席と有難いことにカウンターがあったのでそこに座った。
かわな - 2かわな - 4
あの陳建一の弟子ということは四川料理が得意な訳でココはやっぱり麻婆豆腐と行きたい。
メニューには「マーボードーフ定食」と「四川マーボードーフ定食」の2つがあるので違いを店員さんに尋ねたら四川マーボードーフ定食の方が唐辛子と山椒の量がかなり多いと説明されたので迷わず四川マーボードーフ定食を注文。
かわ - 2
しばらく待ってからキタヨ!
川菜味の四川マーボードーフ定食850円!!
かわな - 6かわな - 7
かわな - 8かわな - 9
これにお代わり自由のご飯にサラダ、漬け物、スープがついてくる。
中でもこの漬け物がけっこうイケる。
かわ - 3
まあだけどなんのかんの言っても主役はこの四川麻婆豆腐であることは間違いない。
明らかにそれとわかる花山椒の薫りが立ち込めていて嬉しくなってしまう。
かわ - 4
まずはそのままレンゲでいただいたがこれはハッキリ言って「辛い!」。
それに花山椒も容赦なく襲い掛かってくるので予備知識無しで食べると驚くだろう。
かわな - 11かわな - 12
そこで当然の流れと思うがとりあえずご飯に乗っけて食べてみるが慣れるまではむせかえる程の辛さに苦戦するほどだ。
かわな - 13かわな - 14
その分、麻婆豆腐本来の旨味も凝縮されており、こんなに辛いのにレンゲが止まらないのよ。
かわな - 10かわな - 15
辛さに慣れてくると逆に辛さに快感さえ抱くようになってもはやこの麻婆豆腐の虜になっていることが実感できる。
かわな - 16かわな - 17
最後は麻婆豆腐の皿にご飯を全部ぶっこんでしもたがな。
かわな - 19かわな - 20
紹介し忘れたがデザートには杏仁豆腐が付いてくる。
唐辛子と花山椒で痺れた口腔に甘い杏仁豆腐は心地よいのだが味はようわからかった(笑)
かわな - 18かわな - 21
陳建一の料理を食べたことがないのでようはわからんが、さすが中華の鉄人と言われるヒトの弟子と名乗ることはある四川麻婆豆腐定食だというのはよ〜〜く理解できた。
広島にまた一軒、旨い麻婆豆腐食わせるお店を確認できて嬉しかった。

ジャンジャンゴー(熊本市中央区)太平燕

じゃ - 1
熊本市の繁華街の中にある中華料理店ジャンジャンゴー
この日は熊本ツーリングの晩メシにおっさん3人で予約してここを訪れた。
じゃん - 2じゃん - 1
店内に案内されるとかなり暗く、昔の中国をイメージしているようでテーブルにはロウソクの火が風に棚引いている。
こりゃおっさん3人で来るトコじゃないんちゃうの?とか言いながら4人がけ丸テーブルに着席した。
じゃん - 3じゃん - 4
ジョッキは発泡酒しかないとのことだったので瓶ビールを3本注文。
じゃん - 5じゃん - 6
オードブルは3種類。
これもけっこう量があってなかなかだ。
じゃん - 7じゃん - 8
青椒肉絲にゴーヤチャンプル。
どちらもビールにはばっちりよね。
じゃ - 2
そして出てきたのが小籠包。
じゃん - 11じゃん - 12
これに甘酢醤油のタレをおこのみでと云われたのでたっぷり塗りたくったらなんとも複雑な味にうっとり。
じゃん - 10じゃん - 9
定番の鶏の唐揚げ。
塩につけて食べるようになっている。
じゃ - 3
そして賑々しく登場したのは自分がどうしても本場熊本で食べてみたかった太平燕。
「福州語で「タイピンイェン」と読む、中国福建省福州の郷土料理。福建料理のスープワンタンの一種で「たいぴーえん」または「たいぴんえん」と読み、日本でアレンジされた中華料理の一種。春雨スープにエビ、イカ、豚肉、白菜、タケノコ、キクラゲなどの五目炒めを合わせ、揚げ玉子を添えたもの。熊本県のご当地グルメ。」
じゃ - 4
麺はこのように春雨で海鮮たっぷりのとんこつスープ仕立てになっている。
じゃん - 13じゃん - 14
長崎ちゃんぽんみたいな麺料理を想像していたのだがこれは全く違ってラーメンというよりもスープ料理と考えたほうが分かりやすい。
じゃん - 15じゃん - 16
要は麺が主役と言うよりも具を旨く食べさせるためのスープが入っているといった趣が強いと感じた。
じゃん - 17じゃん - 18
この後はパラッパラのチャーハンとこれまたびっくりするほど旨い杏仁豆腐がデザートというコースになっている。
実はそのコースの内容をあまり理解しないで訪問したのだが「元祖紅蘭亭直伝!太平燕コース全9品+120分[飲放]4000円」というコースだったようで飲み放題ならもっとビール飲めばよかった(笑)
実際腹はパンパンになるしこの旨さでビール飲み放題で1人4000円とはハッキリ言って激安だ。
熊本で呑むならココを考えないワケにはいかないだろう。
オススメです。

ホワイト餃子 広島店(西区三篠)10個定食

ほわ - 1
横川のホワイト餃子広島店
千葉に本店があって全国に支店をもつホワイト餃子の中四国唯一のお店がこのホワイト餃子広島店ということになる。
ほわい - 1ほわい - 2
店内は有名人の色紙で壁が覆い尽くされており中でも地元放送局のアナウンサーやタレント、プロレスラーが目立つような気がする。
ほわ - 2
店舗で食べることもできるが勿論テイクアウトも冷凍と17分待てば焼いてくれるのまであって、至れり尽くせりで嬉しい。
店内は男性客が圧倒的に多くそのほとんどが10個定食をご飯大盛りにしてがっついている。
そんな奥の座敷に自分らは通された。
ほわい - 3ほわい - 4
さて今日はこの店内で定食を食べるためにやって来たのだがメニューは極めてわかりやすい。
餃子10個にごはん(大中小が選べる)、味噌汁、キムチという構成でごはんの量で値段が違うようだ。
ほわい - 6ほわい - 7
店内で食べる時も17フィン待つわけだがその間に餃子のタレを造らなきゃならん。
好みでにんにくや一味唐辛子を追加するシステムになっている。
ほわい - 5ほわい - 9
キムチにご飯(小)。
このキムチが旨いのにこんなに少しなのは残念の極みよね〜。
ほわい - 8ほわい - 10
そして味噌汁がきてあとは餃子がくれば定食が完成する。
ほわ - 3
そして賑々しく餃子が到着!これで10個定食ご飯小829円也。
ほわい - 11ほわい - 12
皮が分厚くてしかも揚げてあるからか王将の餃子とはかなり異なる食感だ。
ほわい - 14ほわい - 13
最初はタレにニンニクを多めに入れていたのだが他の客はこの一味唐辛子をメインにしているようなので真似てみた。
ほわ - 4
おおおお!個人的にはあまり辛くない辣油よりこっちの一味唐辛子の方が断然この餃子の持ち味を発揮してくれるようだ。
ほわい - 15ほわい - 16
そしてこの味噌汁も猫マンマにしたいくらいの本格派でできることならご飯はいいからキムチと味噌汁の大盛りが欲しいところだ(笑)
それにしても量は相当にあってお腹はパンパンになったので満足度は非常に高い。
ホワイト餃子、またくるよ!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ