柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

釣り

竹島水族館(愛知県蒲郡市)

がま - 1
台風の余波のお陰で早々に釣りを引き上げるハメになったので蒲郡市にある竹島水族館にやってきた。
ここは以前閉館寸前にまで追い込まれたのにV字回復で入館者を増やしたと言われる、今や全国的にマスコミで取り上げられる程の名物水族館だ。
がま - 2
なんと言っても入場料が破格だ。
一般的なら1000円超えが当たり前の水族館入館料だが大人500円!!小中学生200円!!そして小学生未満はナント無料!という太っ腹料金は40年前ならイザ知らずココ最近では聞いたことも見たこともない。
がま - 3
外観や建物はハッキリ言ってショボいの一言に尽きるし、内部も狭いのだがそれでも日曜日だからと言っても長蛇の列ができている。
がま - 4
これはタダのミズクラゲだがこの手のよく見かける海の生物を手書きのコメントを添えて子供にもよくわかるように面白おかしく工夫して展示しているのが目新しい。
がま - 6
このウツボなどはこの水族館の真骨頂だと思うがグロテスクさをより強調することで逆に目新しさを表現できていると感心した。
カサゴのような根魚や穴に入りたがるアナゴの生態をブロックなどを沈めてリアルに展示したりその他にも水族館とどういう関係があるのかわからんがカピパラがいたりバラエティに飛んでいる。
がま - 5
海外の変わった淡水魚から比較的身近な水生生物まで幅広く扱っているが「この水族館でしか見れません」というのが多くマニアックさで勝負しているのが笑える。
がま - 7
アシカショーが見れなかったのは残念だったが出口付近に設置されたプールでは子供らにカニやこの水族館のシンボルでもあるオオグソクムシに直接触れられるコーナーまであって安い入場料の割には至れり尽くせりにサービスに感じられるのが人気の秘密なのだろう。
広島カープじゃないがカネがないなら涙ぐましいまでの知恵を使って人集めの努力がヒシヒシと感じられある意味心温まった蒲郡市の竹島水族館だった。

川尻メバル釣り2016

めばる - 1
だんだん暖かくなって春めいてくると瀬戸内の春告魚とも呼ばれるメバルの季節になってくる。
そこでかめや釣具商工センター店に仕掛けを購入するためにやってきた。
めばる - 2
最近は以前と違って餌を使わず小さなサビキ仕掛けでメバルの狙うのが流行っているらしく5号とか6号とかホンマに大丈夫なんかいな?と思うようなのも売っている。
めばる - 3
今回は船頭のマモラ氏と相談して最近ネットとかでよく釣れると話題になっている里見メバルという仕掛けを使ってみることにした。
里見メバルコーナーが用意してあるのでよく売れているのかいろんな種類がある。
めばる - 4
その中で5号と6号の新里見メバルケイムラ、鳴門タイプ、激渋の赤黒、激渋の緑オレンジの4種類を用意した。
めばる〜 - 1
オモリは全員が25号で統一することにした。
めば - 1
さて快晴の空のもと川尻港からいつものマモラ号で出発。
この日は風がやや強く波もあったので釣りやすいとはいえない状況ではあったが豊島から更に沖にある斎島付近で釣り開始。
めば - 2
最初は激渋タイプ(赤黒)を選択してみた。
岩礁帯で根掛かりしやすいし流れが複雑なので釣りづらいが20センチ足らずのカサゴがちらほら釣れる。
めば - 3
波があるので船体がかなり揺れて2人の小学生が船酔いしてしまうのでやむを得ず場所移動して島影に入った。
根掛かりしてオモリが切れてしまったのでここで激渋タイプ(緑・オレンジ)に変更した。
めば - 4
その直後に竿が大きくしなり明快な当たりがきた。
なんせ針が6号と小さいので慎重に巻いて念のためタモ網でゲットしたのは25センチクラスのメバルだった。
めば - 5
厳密に測ったわけじゃないがオッサンである自分の弟の手との比較写真がコレ。
結局マモラ船頭も竿を出してメバルはこれ1尾だけであとはまあまあのサイズのカサゴ、ベラが25尾程度の釣行だった。
里見サビキはこの期鳴門タイプも試してみたが時合いが過ぎたのかあまり釣れなかった。
どうも全体に緑色のサビキに魚が食らいついているような印象を受けたがこの日は気象条件的にもなかなか厳しい物があったのは事実だ。
時期的に次はキスになるのかもしれないがマモラ船頭殿、宜しくね!!

タチウオ釣り2016その2

たちう - 1
先日のお正月タチウオ釣行に続いて今度は成人の日に再び冬の瀬戸内海でのタチウオ釣りに出かけた。
船はいつものマモラ号、場所は前回と同様に呉市仁方沖だ。
たちうお - 5たちうお - 6
今回はタチウオテンヤを2本フックに変更しエサはいつもの冷凍イワシを使った仕掛けだ。
だけど全部で7人の釣行となったのでこの2本フックはタチウオテンヤは確かにタチウオへの掛かりでは有利だがお祭りしやすくなる傾向があるように感じたので次からは人数が多い時はシンプルな1本フックの方が良さそうだ。
たちうお - 3たちうおの - 1
1月にしては穏やかに晴れて風も波もほとんどない絶好の釣日和ながら正月よりも明らかに船団の数が少ない。
それに比例して釣果も思ったほど伸びず大きいのがたまに来るが釣れない時間が続くといったようにこの場所のタチウオの活性が落ちてきているのは確かだ。
たちうお - 1たちうお - 2
大阪の大学に通う息子は成人式の出席するために帰省して来たがどうしてもこの釣りに参加したい欲望が抑えきれなかった。
そこで船頭のマモラ氏に無理を言って早朝から釣行し9時40分に長浜港で上陸させてもらう予定で乗船させてもらった甲斐もあって1尾メーター超えの大きなタチウオをゲット。
だけどほどなくして上陸の時間が迫り船上で成人式に出席する背広に着替えるといったリアル釣りバカ日誌を敢行(笑)
たちう - 2
再び釣り場に引き返してややポイントを変更するも大きいのは釣れずベルトサイズがちらほらと上がった程度で釣果は伸び悩む。
たちう - 3
小学生2人を含むとはいえ7人でこの釣果はちょっと寂しいかもしれないが自分的には大きいのを数尾釣っていたから満足感はかなりあった。
もしかしたら呉沖のタチウオはもうすぐ回遊がなくなって他に移動するのかもしれない。
今回も楽しませてもらったマモラさん、ホンマにありがとね!

タチウオ釣り2016

たち - 7
新年明けての正月休み、いつもの川尻港のマモラ号で呉市仁方沖、下蒲刈近海のタチウオ釣りに行ってきた。
たち - 6
今年の正月休みは穏やかに晴れているだけではなくぽかぽか陽気に加えて無風という絶好の釣り日和は良いのだがこういう状況に限って肝心の釣果がついてこないというジンクスが脳裏をよぎった。
たち - 1
どうやら毎年この季節になると呉市の仁方沖、下蒲刈近海にタチウオの群れが集まってくるようで呉市は勿論、広島市や尾道・福山市、果ては岡山や愛媛と書いてある船までタチウオを求めて集まってくる。
たち - 2
午前8時くらいになるとざっとみると200隻ほどの船団が海を覆い尽くしておりあまりの密集具合に注意していないとぶつかってしまいそうだ。
たち - 5
仕掛けはいわゆるタチウオテンヤと呼ばれるもので釣具屋で一個500円程度で売っているものでこれに冷凍イワシをワイヤーで固定しての船からの探り釣りだ。
このタチウオが回遊している海域は瀬戸内海にしてはけっこう水深が深く70メートルから100メートルもあって30号のタチウオテンヤでも底取りするのに時間がかかる。
たち - 3
底から30〜40メートル仕掛けを上げて誘いをかけていると突然ドカンとむしりとるように竿先を持っていかれるので比較的柔らか目の船竿を大合わせしてテンヤの大きな針をタチウオに引っ掛けて釣り上げる。
たち - 4
タチウオテンヤはあまり小さなサイズのタチウオは食らいつかないので比較的大きいのが釣れるがこれくらいのメートル級になればかなり重く引きも強いしそれを40メートルくらい巻き上げるのでコレがでけっこうな体力勝負になってくる。
たち - 8
この日はおっさん3人での釣行で30分に1尾くらいのペースでそれぞれに当たりがきて釣れ続けたので気が付くとかなりの釣果になってきた。
たち - 9
数えたわけじゃないので正確な数はわからんがアバウトで30尾くらいは釣れたようで正月早々なかなか満足度の高いタチウオ釣りになった。
この幸先良い展開は今年の釣行の大きなモチベーションになりそうだがもう少しタチウオは呉市の近海に回遊しているそうだからまた行けたら嬉しいがのぅ〜(笑)

三河湾ルアー釣り

がまごりつり - 1
蒲郡市のsaiさんの船に乗せてもらうためにやってきたよ!愛知県蒲郡市。
今回もすっかりお世話になってしまったsaiさん号でのルアーフィッシングだ。
がまごりつり - 13
蒲郡港を出港し渥美半島と知多半島の先端を通りすぎて太平洋へでると三重県の伊勢志摩が望める。
がまごりつり - 9
このへんまでくるとさすがに外洋に出た感じがひしひしと伝わってきてドデかいタンカーなどを見るにつけ瀬戸内海との違いを思い知る。
がまごりつり - 2
さて釣り場に到着すると船頭のsaiさんが粛々と釣りの支度を始めてくれる。
がまごりつり - 4
ルアーフィッシングに慣れていない自分と息子は「こんなもんで釣れるんかいな?」状態で見よう見まねでやってみるといきなりガツンと当たりが来る。
がまごりつり - 3
挨拶代わりのハマチの小さいやつだがなかなかの引きを味わせてくれる。
広島ではこれくらいのサイズは通常「ヤズ」と呼んでいる。
がまごりつり〜 - 1
朝マズメのヤズの猛攻が一段落するとそこからはシロサバフグタイムになった。
この辺りでは数が釣れて食べてもまあまあ美味いこのシロサバフグが人気だそうで実際この日もシロサバフグ狙いの遊漁船がたくさんでていた。
がまごりつり - 6
それでもsaiさんは場所移動を繰り返してくれてあくまでもハマチ狙いを継続してくれている。
がまごりつり - 7
するとシロサバフグだと思って釣っていた息子の竿が一気にしなった。
デカいサイズのシロサバフグだと思って雑に引き抜いたらしいがよく見てみると・・・・
がまごりつり - 8
ナント30センチ超えのおおきなトラフグじゃないの!!
テッサにてっちりが脳裏をよぎったがさすがにコイツにゃ猛毒がある。
だからsaiさんに寄付することにした。
がまごりつり - 12
それからまたシロサバフグタイムになるのだがコイツがアホというかルアーに引っ張られて海底から上がってくるのだが海面までついてきて船上からみえているのに貪欲にもルアーに飛びついて釣れてしまうのだ。
釣り堀状態ではあるがちょっとやるとさすがに飽きてくる。
がまごりつり - 10
それから更に場所移動して遂には息子が40センチ超えのどえらいナイスサイズなマゴチをヒット。
ハッキリ言ってコイツは上物だ。
がまごりつり - 11
そして調子に乗った息子はしまいにゃサイズアップしたハマチをダブルで釣ったりともうお祭り状態。
がまごりつり - 14
全部で50尾以上の大漁になったがsaiさんは多い時には300尾は来ることがあると話していたのでこれでもイマイチな釣果らしい。
肝心の自分はデカいのきたけど2回もバレてしまい不発だったんだけどね(涙)
当然ながら餌釣りと違ってルアーだからジッとしてると何も釣れないので四六時中竿とリールと格闘し続けて特に左手はプルプル状態になったけど爽やかな秋晴れ海で初参加の息子に大物も混ざっていたし大満足な一日だった。
saiさんありがとう!!来年も宜しく!!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ