柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市安佐北区

ラーメン小道(安佐北区)豚骨らーめん

こ - 1
ラーメン小道
場所はわかりやすいのだが店舗横のタテに長い駐車場は入れにくく出しにくいので自分のようにクルマの運転がアレの人は要注意だ。
こみ - 1こみ - 4
それにしてもこの看板に書いてある気持ち悪い絵はなにか意味があるのだろうか?
それよりこのお店最大の特徴は讃岐のうどん屋さんみたくランチは完全セルフスタイルなラーメン屋だってことだ。
こみ - 2こみ - 3
入店すると待っているのは自動券売機ではなく店主と思われる女性でこのメニューを見ながら注文&支払いを済ませてお札を持ってカウンターに座って待つ。
こみ - 5こみ - 7
あっちこっちラーメン食べて行ってるがこんなことは初体験だ。
自分の座ったカウンターの前は食べ終わった食器を返す場所のようだ。
こみ - 6こみ - 8
夜は居酒屋になるようでお酒もある程度種類がある。
店内は思ったより広くテーブルや小上がりまであってちょっとした宴会もデキそうだ。
こ - 2
そうこうしてたら「8番さ〜ん」と声がかかったので札をもってラーメン受取カウンターへ。
そして渡されたラーメン小道のとんこつラーメン550円。
こ - 4
なるほどこれは典型的な広島ラーメンじゃないの!
麺もよくある中太ストレートだが欲を言えばもう少しコシがあってくれたほうが嬉しい。
こみ - 9こみ - 10
スープはしっかりコクがあるとんこつ醤油で広島人のほとんどがこれなら文句を言わなさそうではある(笑)
こみ - 11こみ - 12
シャキシャキのもやしも多めに入っておりどちらかと言えばオールドスタイルの懐かしい系のラーメンと言って間違いないだろう。
こみ - 13こみ - 14
ラーメンの値段が550円と安いので単なるゆで卵だろうと高をくくっていたら差に非ずしっかり味の付いた煮玉子だった。
こ - 3
ただちょっとその文法と違っているのがチャーシューで大きくて柔らかいのが一枚ドーンと入っている。
こみ - 15こみ - 16
通常の広島ラーメンと肉の部位が違うのかようわからんがとにかく変わった食感のチャーシューでこれはちょっと食べたことがない面白いタイプだった。
それにしても個性的で面白いラーメン屋であることは実感できたし今時貴重な550円ラーメンを実践するためのセルフスタイルっていうのなら大賛成だ。
ただこの後、この店のトリッキーな駐車場からクルマを出すのに悪戦苦闘した事がトラウマになっているのだった(笑)

中華そば雄山(安佐北区)冷たいラーメン

ゆ - 1
中華そば雄山
久しぶりにやってきた。
ゆうざ - 1ゆう - 13
人気店だけに開店時間少し前にやってきたら自分が一番だった(笑)
ゆう - 1ゆう - 2
開店したので入店しようかと思ったら冷たいラーメンと限定カレーラーメンがあると書いてあるじゃないの。
個人的にカレーラーメンなるものにあまり良い思いでがないのでコッチはなんとなくパスして冷たいラーメンに決定。
ゆ - 2
1番に入店・注文したのに他の客より後にキタヨ!中華そば雄山の冷たいラーメン890円。
麺を冷水で締めるので時間がかかるのだろう。
ゆう - 3ゆう - 6
これに冷やされた酢が同時に置かれて味の変化を楽しんでもらいたいとのこと。
よく見るとスープに氷が浮いている。
ゆ - 3
麺は確かここはあの原田製麺製だったと思うが目眩を感じるほどの素晴らしいコシと味。
やっぱりこの手の麺類は冷たいほうがその旨さをハッキリと感じやすいのは間違い無さそうだ。
ゆう - 4ゆう - 7
キムチに大きなメンマ、それに煮玉子と韓国風冷麺とも冷やし中華とも違う確かに文字通り冷たいラーメンってのがぴったり来る。
ゆう - 5ゆう - 8
少しだけ辛味も入っているがピリ辛という以前でこれだとアクセント程度の辛さだと思えば間違いない。
ゆ - 4
一通り概要がわかったところで満を持して冷えた酢をどどっと入れてみた。
最初は量が少なかったせいかほとんど差がわからなかったので更に注入!
ゆう - 9ゆう - 10
なるほどこれだと一気に朝鮮半島に近づいてしまうようで最初からぶっ込むのではなく後半の味変を楽しむ用とした方が良さそうだ。
ゆう - 11ゆう - 12
スープは鶏がベースなのかアッサリの中に独特の味付けがしてあってとらえどころのない摩訶不思議な感じを与えくれるのだが、どこか広島ラーメンのテイストも感じられ後半酢で韓国冷麺に持っていく手法はオリジナリティがあるし面白い。
さすがは名店雄山の冷たいラーメンも一筋縄ではいかないようだ(笑)

海とトリトン(安佐北区)ベジポタつけ麺 鶏キャロット

とり - 1
安佐北区可部南の海とトリトン
海のトリトンなら知っているが、この看板を見る限りキャラが微妙に異なっている(笑)
とりと - 1とりと - 3
どことなく胡散臭さを感じる店名なのだがそれにしても非常にわかりやすい立地に広い駐車場は典型的な郊外ラーメン店だ。
とりと - 4とりと - 2
資本系なのか個人店なのか知る由もないが店内も広くて奥に厨房があって大将一人に女性スタッフが4人もいるがね。
とりと - 5とりと - 6
ここは広島では非常にレアなベジポタつけ麺を食べさせてくれるお店だと聞いてやってきた。
ベジポタ=ベジタブル・ポタージュの略で要は野菜をポタージュ状にしてスープに混入したタイプの事でこれまで自分の長いラーメン人生でもたった一度しか食したことがない。
とり - 2
とり - 3
しばらく待ってやって来たよ!海とトリトンのベジポタつけ麺 鶏キャロット800円。
鶏キャロットって言うくらいだからニンジンがぶっこまれているのは間違いないのだが色からして明らかにオレンジになっている。
とり - 4
麺は太の全粒粉麺でこのまま麺だけ食べてみたがコイツはよくデキていて、つけ麺にする前から期待に胸が膨らんでしまう。
とりと - 7とりと - 8
今度は麺をつけダレにどっぷりと浸してから食べてみるとニンジンっぽさはほとんどなく鶏の旨味が支配的でしっかりコシのある太麺とあいまってなかなか旨いがね。
とりと - 9とりと - 10
チャーシューはイマドキ流行りの2種類が並んでいてこりゃどうみてもどっちも鶏肉じゃなかろうか?
とりと - 11とりと - 12
最初は「ニンジン推し」なのかと思っていたがこれはダブル鶏チャーシューも含めて完全な「鶏推し」つけ麺であることがだんだんわかってくる。
とりと - 13とりと - 14
コリコリのメンマとなんと春菊が乗っているというなかなかヒネリも効いた面白い鶏キャロットつけ麺は最初、麺がびっくりするほど大盛りだと思って嬉しくなっていたがしっかり上げ底仕様になっていたのだった(笑)
とりと - 15
最後にスープだけ飲んでみたがこの鶏キャロット、ポタージュ状になったニンジンのお陰で超高粘度になっていてペースト寸前だ。
だから麺にしっかりまとわりつくてくるので非常に満足できるデキになっていると思う。
オリジナリティも含め、なかなかどうして予想した以上だった海とトリトンのベジポタつけ麺だった。

ラーメン吉田屋(安佐北区白木町)

よし - 1
広島市と三次市を結ぶ芸備線に沿って走る県道37号線にあるラーメン吉田屋
よしだ - 2よしだ - 1
完全に山の中のど田舎にポツンと一軒だけ離れ小島にようにあるラーメン屋さん。
さすがに駐車場は数台用意されておりしかもゆとりがあって駐めやすい。
よしだ - 4
ラーメンはイマドキ珍しい520円からで味噌ラーメンも同額ってのもあんまり見たことがない。
チャーシュー麺でも680円って儲けはあるのかと心配になってくる。
よしだ - 3よしだ - 5
店内はそれほど広くはなく右奥が厨房になっていてそれを囲むようにカウンター、後ろにテーブルがあって出窓テーブル席に近所の知り合いの方々が集まって真っ昼間からわいわい呑んでおられた。
よし - 2
さてあっという間にキタヨ!ラーメン吉田屋のラーメン520円!。
なんとまた典型的な広島ラーメンじゃないの。
よし - 3
これまた昔の中華そばを思い出させる懐かしいストレート麺。
広島ラーメンらしく柔らかく茹でてありまあこういうのもアリだわな。
よしだ - 7よしだ - 13
4分の1カットされた煮玉子じゃなくゆで卵。
520円という値段を考えればこれも考えられないサービスではある。
よしだ - 8よしだ - 11
広島ラーメンといえばこのモヤシが特徴だがシャキシャキとした歯ごたえはやっぱりたまらんのぅ〜。
よし - 4
注目のチャーシューだがこれも脂身が多いオールドスタイル。
それでもややアッサリ気味のスープによくあっている。
よしだ - 12よしだ - 10
メンマも薄味で全体に優しい味のするどっちかというとコショウが恋しくなるラーメンだ。
よしだ - 6よしだ - 14
テーブルコショウを入れようかどうしようか散々迷ったがまあ最後までデフォルトで食べ進むことにした。
よしだ - 16
欲を言えばもう少しスープにコクが欲しいところだがなんだかんだ言っても520円という信じられないような値段の前にそんなことを考えるのは失礼かもしれない。
どうやら夜は居酒屋のようなお店になるようだが地域に愛されるコミュニティとして機能しているんことが、この日の他のお客の楽しそうな顔を見ているとなんとなく感じられたラーメン吉田屋だった。

中華そば 遊山(安佐北区狩留家町)つけ麺

ゆうざ - 1
広島市中心街から戸坂を抜けて高陽町を抜けて更に北上すると安佐北区狩留家町にたどり着く。
この幹線道路沿いにある 中華そば雄山
わかりやすいといえばわかりやすいがそれは他に何もないからだろう。
ゆうざん - 1 ゆうざん - 2
何も知らないで初めてこの店に訪れる時はそのど田舎さに不安を抱くことになるだろう。
店の前の大きな駐車場にクルマを入れて開店時間前だたから店の前で少し待つことにした。
だけど思ったよりも早く開店してくれたので助かったわな(笑)
ゆうざん - 6 ゆうざん - 5
店内は何年か前に来た時と全然変わってなく右手奥に厨房、手前にズラッとカウンター、左手に小上がりがあるという横に長い配置になっている。
ゆうざん - 4 ゆうざん - 3
卓上調味料はラー油と香りがぷんぷん立ち上っているニンニクが用意されている。
ゆうざん - 7 ゆうざん - 8
今日の狙いはズバリつけ麺だ。
かなり以前にこの雄山を知ったのは広島ではまだ珍しかった関東風本宅的なつけ麺を食わせるお店としてだった。
その頃この手のつけ麺なんて他ではまず食べられなかったのもあってその旨さにかなり驚いたのをよく覚えている。
ゆうざ - 2
今でも雄山のつけ麺は通用するのかを確かめに来たのだったが久しぶりの中華そば雄山のつけ麺880円(麺の量200グラム)。
ゆうざ - 3
「とんこつ醤油ベースのたれにつけていただきます。」とメニューに説明してあるが正確にはとんこつ醤油+魚介のつけ汁になっているのだがその濃厚さは今でも全然トップクラスだ。
ゆうざ - 4
各断面のぶっとい麺をドバっとつけ汁に全部浸して一気に頬張るとなんとも凄い歯ごたえとガツンとくるとんこつ醤油魚介ダレで確実に昔より旨くなっていることを実感する。
ゆうざん - 10 ゆうざん - 12
ゴツイチャーシューが何枚も放り込んであり濃厚ダレを更に香ばしく仕上げてくれる。
ゆうざん - 9 ゆうざん - 11
通常のつけ麺はこのへんがその全てになるのだが雄山のつけ麺はまだとっておきのお楽しみが待っている。
一緒に提供される小さな入れ物の蓋を取ると中には辛子味噌が入っている。
これを少しだけつけダレに溶かすと一気に辛いつけ麺に変身してくれるのだった。
ゆうざ - 5
好みにもよるがこうなると魚介がちょっと引っ込んで辛さとトンコツがクローズアップされてかなりワイルド感が強調されて方向性の違うつけ麺の一面を見せてくれるようになる。
ここでも個性を増したつけダレに太麺はまったく負けることなく充分に対抗できるパワーがあるのでバランスが壊れて辛いだけのつまらないつけ麺にはならないのが凄い。
ゆうざん - 13 ゆうざん - 14
半分にして入っているゆで卵やメンマの食感とともにわしわしと麺があれよあれよと減っていく。
いやいやこれはこの店の実力をイヤというほど教えられたわ。
未食の冷たいラーメンってのに強烈に後ろ髪を引かれながら店を後にした。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ