柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市安佐北区

中華そば○まる 久地店(安佐北区)

ま - 1
中華そば○ 久地店 (まる)
Yahooナビ頼りに来たら違う場所を案内されたがな(笑)
まる - 1まる - 2
久しぶりに来たが相変わらずのカオスな外観&内部。
まる - 3まる - 4
おじいちゃんの大将の動きが以前より更にゆっくりになっているようでちょっと心配になった。
ま - 2
中華そば○まる 久地店のニンニクそば550円。
少しだけニンニクの香りがするがニンニクそばと言われなければわからないほどだ。
ま - 3
いつもと変わらぬストレート麺。
やや柔らかめに茹でられているのもいつも通りでなんとなく安心してしまう。
まる - 6まる - 5
もっとガツンとニンニクが押し寄せてくるのを期待していたのだが優しくニンニクがスープをバックアップしている感じ。
だけどこの醤油が立ったここのスープにはなかなかよくマッチングしている。
ま - 4
やや塩がしっかり味付けされた豚バラチャーシュー。
これもまるの特徴のひとつだが全く変わっていないそのスタイルにほっとする。
まる - 7まる - 8
麺はさらに柔らかくなってもうザ・オールド広島ラーメンここにありって感じなのがまた嬉しいのよ(笑)
まる - 9まる - 10
個人的にはむかし八幡のコープ前にあった中華そばまるに幼かった息子と頻繁に通った思い出が懐かしくて、その味ををのまま踏襲しているこのお店の存在は有り難い。
まる - 11
思わずスープまで完食してしまったが帰りのクルマの中でニンニク臭がどえらいあることに気づいてしまったから半端ないほどのニンニクが投下されていたのだろう。
大将の健康を祈ってまた来ます!!

中華そば 遊山(安佐北区)みそラーメン

ゆ - 1
中華そば 遊山
今日もやってきたよ!広島の秘境にある有名ラーメン店。
ゆう - 1ゆう - 2
とんこつ醤油味の遊山ラーメンが一番人気のようだがソレ意外にもバリエーションがある。
今日は期間限定のカレーかみそラーメンのどっちにしようか迷ったがみそラーメンに決定。
ゆ - 2
さてしばらく待ってからキタヨ!遊山のみそラーメン890円。
ゆう - 3ゆう - 4
これに好みで辛味を足して下さいと唐辛子と思われるパウダーがついてきた。
それにしてもなるほど札幌ラーメンのように野菜を炒めてから入れてあるようだ。
ゆ - 3
正直ギョッとしたのは麺を引っ張り出した時だ。
通常味噌ラーメンはもっと太く黄色いタマゴ麺を使われているのだがこれは他のラーメンと共通の普通麺だ。
これだとスープのパンチに麺が埋没する事が多いがここのスープは逆に味噌を控えめにすることでバランスを取っているようだ。
ゆ - 4
ひととおり構成が理解できたのでさっそく唐辛子とパウダーを少しだけ入れてみた。
ゆう - 5ゆう - 6
グッとスープが引き締まって断然旨くなるのだがやっぱりこのスープを支えているのはトンコツなのかな?
それにしてはそれほど濃厚さはなくあっさりしている不思議なスープだ。
ここで更に辛さを増すためにパウダーを追加してみた。
ゆう - 8ゆう - 7
チャーシューではなく担担麺のような肉そぼろが入っていてここらへんはおそらくカレーラーメンと共通なのだろうが合理的に考えられている。
ゆう - 9
野菜たっぷりの札幌風味噌ラーメンながら普通の麺を活かすことでむしろここ遊山の個性をうまく引き出していると感じた。
なるほどさすがに基本のラーメンができているとアレンジもお手の物のようだ。
さすがは広島の秘境の人気店だけあると実感しながら店を後にしたのだった。

中華そば 遊山(安佐北区)元気ラーメン

ゆ - 1
中華そば 遊山
とんでもない山奥にぽつんとある名物ラーメン屋さん。
ゆさ - 1ゆさ - 2
とんこつ醤油の遊山ラーメンがメインなのだが今日は天理ラーメンインスパイアの元気ラーメン狙いでやってきた。
ゆ - 2
しばらく待ってキタヨ!!遊山の元気ラーメン(チャーシュー)1010円。
ゆ - 3
最初はまったく麺が見えないので引っ張り出してみるとさすがは原田製麺の麺だけあってしっかりとコシがあって広島人にはやはり非常に馴染みやすい。
ゆさん - 1
スープはどっちかというと塩ラーメンベースのように濁っていないがかといってアッサリ系と言うほどスッキリはしていない。
ゆさ - 4ゆさ - 5
チャーシューを追加したから肉がたくさん入っているのは当たり前だがいわゆるラーメンのチャーシューとは他に茹で豚みたいなのもあって食感が異なるので楽しめる。
ゆさ - 6ゆさ - 7
さてココで一緒に提供される豆板醤を少しだけレンゲで溶いて追加してみる。
これでピリッと辛さが加わって味が一気に引き締まる。
ゆさ - 8ゆさ - 9
本場の天理ラーメンを食べたことがないので断言は出来ないがこの豆板醤をけっこう入れた状態が本来の姿のような気がする。
これでトッピングの白菜と麺との一体感が一気にアップするのがよくわかる。
ゆさ - 10ゆさ - 11
食べているとそうも感じないが後半になるとニンニクがしっかりと仕事しているのがわかってきてこりゃ翌日仕事の時は控えたほうが無難そうだ。
ゆさ - 12
気がつくとスープまで完食!!
温まって汗かいてしまったが大満足でお店を後にしたのだった。
さすがは遊山、やるのぅ〜(笑)

ラーメン小道(安佐北区)豚骨らーめん

こ - 1
ラーメン小道
場所はわかりやすいのだが店舗横のタテに長い駐車場は入れにくく出しにくいので自分のようにクルマの運転がアレの人は要注意だ。
こみ - 1こみ - 4
それにしてもこの看板に書いてある気持ち悪い絵はなにか意味があるのだろうか?
それよりこのお店最大の特徴は讃岐のうどん屋さんみたくランチは完全セルフスタイルなラーメン屋だってことだ。
こみ - 2こみ - 3
入店すると待っているのは自動券売機ではなく店主と思われる女性でこのメニューを見ながら注文&支払いを済ませてお札を持ってカウンターに座って待つ。
こみ - 5こみ - 7
あっちこっちラーメン食べて行ってるがこんなことは初体験だ。
自分の座ったカウンターの前は食べ終わった食器を返す場所のようだ。
こみ - 6こみ - 8
夜は居酒屋になるようでお酒もある程度種類がある。
店内は思ったより広くテーブルや小上がりまであってちょっとした宴会もデキそうだ。
こ - 2
そうこうしてたら「8番さ〜ん」と声がかかったので札をもってラーメン受取カウンターへ。
そして渡されたラーメン小道のとんこつラーメン550円。
こ - 4
なるほどこれは典型的な広島ラーメンじゃないの!
麺もよくある中太ストレートだが欲を言えばもう少しコシがあってくれたほうが嬉しい。
こみ - 9こみ - 10
スープはしっかりコクがあるとんこつ醤油で広島人のほとんどがこれなら文句を言わなさそうではある(笑)
こみ - 11こみ - 12
シャキシャキのもやしも多めに入っておりどちらかと言えばオールドスタイルの懐かしい系のラーメンと言って間違いないだろう。
こみ - 13こみ - 14
ラーメンの値段が550円と安いので単なるゆで卵だろうと高をくくっていたら差に非ずしっかり味の付いた煮玉子だった。
こ - 3
ただちょっとその文法と違っているのがチャーシューで大きくて柔らかいのが一枚ドーンと入っている。
こみ - 15こみ - 16
通常の広島ラーメンと肉の部位が違うのかようわからんがとにかく変わった食感のチャーシューでこれはちょっと食べたことがない面白いタイプだった。
それにしても個性的で面白いラーメン屋であることは実感できたし今時貴重な550円ラーメンを実践するためのセルフスタイルっていうのなら大賛成だ。
ただこの後、この店のトリッキーな駐車場からクルマを出すのに悪戦苦闘した事がトラウマになっているのだった(笑)

中華そば雄山(安佐北区)冷たいラーメン

ゆ - 1
中華そば雄山
久しぶりにやってきた。
ゆうざ - 1ゆう - 13
人気店だけに開店時間少し前にやってきたら自分が一番だった(笑)
ゆう - 1ゆう - 2
開店したので入店しようかと思ったら冷たいラーメンと限定カレーラーメンがあると書いてあるじゃないの。
個人的にカレーラーメンなるものにあまり良い思いでがないのでコッチはなんとなくパスして冷たいラーメンに決定。
ゆ - 2
1番に入店・注文したのに他の客より後にキタヨ!中華そば雄山の冷たいラーメン890円。
麺を冷水で締めるので時間がかかるのだろう。
ゆう - 3ゆう - 6
これに冷やされた酢が同時に置かれて味の変化を楽しんでもらいたいとのこと。
よく見るとスープに氷が浮いている。
ゆ - 3
麺は確かここはあの原田製麺製だったと思うが目眩を感じるほどの素晴らしいコシと味。
やっぱりこの手の麺類は冷たいほうがその旨さをハッキリと感じやすいのは間違い無さそうだ。
ゆう - 4ゆう - 7
キムチに大きなメンマ、それに煮玉子と韓国風冷麺とも冷やし中華とも違う確かに文字通り冷たいラーメンってのがぴったり来る。
ゆう - 5ゆう - 8
少しだけ辛味も入っているがピリ辛という以前でこれだとアクセント程度の辛さだと思えば間違いない。
ゆ - 4
一通り概要がわかったところで満を持して冷えた酢をどどっと入れてみた。
最初は量が少なかったせいかほとんど差がわからなかったので更に注入!
ゆう - 9ゆう - 10
なるほどこれだと一気に朝鮮半島に近づいてしまうようで最初からぶっ込むのではなく後半の味変を楽しむ用とした方が良さそうだ。
ゆう - 11ゆう - 12
スープは鶏がベースなのかアッサリの中に独特の味付けがしてあってとらえどころのない摩訶不思議な感じを与えくれるのだが、どこか広島ラーメンのテイストも感じられ後半酢で韓国冷麺に持っていく手法はオリジナリティがあるし面白い。
さすがは名店雄山の冷たいラーメンも一筋縄ではいかないようだ(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ