柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

東洋美人 純米大吟醸 西都の雫 槽垂れ生(澄川酒造場)

とう - 1
東洋美人 純米大吟醸 西都の雫 槽垂れ生。
山口県内限定流通
生産本数:1400本
販売価格:3,500円外税
日本酒度:±0
酸度:1.5
アルコール度数:16度
原料米:西都の雫80%使用
精米歩合:40%
麹米:山田錦 精米歩合:40%
とう - 2
西都の雫とは「「西都の雫」は、県の農業試験場で育成された山口県オリジナルの酒米です。幻の米「穀良都(こくりょうみやこ)」を母方に「西海222号(親:山田錦)」を父方に交配・選抜して生まれました。倒れにくく収量性が高いので、栽培しやすいという特徴をもっています。
 当初は「山口酒1号」という名前で呼ばれており、平成15年から試験栽培と並行して醸造試験を行ってきました。今では、「西都の雫」を使ったいろいろなお酒が造られています。」
とう - 3
山口県の酒米「西都の雫」を80%使用して40%まで磨き上げられたお酒。
限定品なのでお早目にお楽しみください。
しぼったままのお酒を瓶詰めしていますので若干おりが絡んでます。
とう - 4
実際に冷やして呑んでみると東洋美人らしく香りはかなり控えめで味でストレートに呑ませる酒だ。
だけどこれまでの東洋美人シリーズと違って酸味と仄かな苦味が加わったややクセがあるのが特徴で、いつもの東洋美人のような飲みやすさを期待するとやや裏切られる。
最近ではこうして各県で独自の酒米の研究が日々進んでおりこれからの日本酒に新たな新酒の発見があるかもしれない。
結論としてはなんだかんだと言っても東洋美人は全体に非常にハイレベルなブランドであることは間違いない。

黒麹仕込み伊七郎(鹿児島酒造株式会社:阿久根工場)

い - 1
黒麹仕込み伊七郎1.8L。
原料:さつまいも・米こうじ
箱入り・内容量:1800ml×1
アルコール分:25度
価格  2,322円
鹿児島酒造株式会社:阿久根工場
いし - 2いし - 3
「味比べも恐れない杜氏生命をかけて誇る自慢の旨さ
50数年の経験と己の舌を信じる。「焼酎 伊七郎」は 芋焼酎の名杜氏と言われた黒瀬金次郎の技を受け継ぐ 息子安光が50周年の経験を注ぎこんだ渾身の作品です。阿久根の風土が生んだ「黒麹 伊七郎」。
いし - 4いし - 5
その味は安光が復活させた「黒麹NK麹」を使用し、黒麹特有の濃厚な香りと甘み、そして旨み。そしてこの旨みがお湯わりにしても決して損なわない安定した風味を与えている。
いし - 6いし - 7
口の中には飲むほどに酔うほどにふわっとした甘さとまろやかさがひろがり、「伊七郎」のラベルは、阿久根在住、三女恒子の直筆。想いが込められている証。今宵どこから聞こえてくるのか。
「一度、のんみらんな、こんうんまかそつを」
いし - 9いし - 8
黄綬褒章を受章した現代の名工 黒瀬安光氏の作品 本格焼酎「伊七郎」
黒麹の中でもNK菌で造られ、芋は鹿児島県産黄金千貫を100%使用した、3年もの原酒と、2年もの原酒をブレンドした貯蔵酒。お湯で割っても薄くしても味が壊れない柔らかさの中に、芯の力強さを持った、上質のお茶をいただいた時のまろやかな味の広がりを彷彿させる焼酎。すっかり虜になってしまう一品です。」
い - 2
実はあるテレビのバラエティ番組で紹介された芋焼酎なのだがどこにも売ってなくてネットで調べたら株式会社 海連のプライベートブランドで通販でしか手に入らないようなのでさっそく注文した。
実際ストレートで呑んでみると黒麹特有の香ばしさと同時に辛さもあって芋焼酎らしい力強さが楽しめる。
ベストセラーの黒霧島と比較すれば同じ黒麹でも個性的ではあるがそれでもこの伊七郎はかなりマイルドな部類に入るだろう。
個人的には黒麹ならもっとガツンと芋が全面に出て欲しいが万人向けという意味ではこちらの方が正解なのだろう。
入手しにくいのが欠点ではあるが値段的にもかなり良心的だしもっと販路を広げて欲しいと思ってしまった。

雁木 純米吟醸 みずのわ(八百新酒造)

みず - 1みず - 2
岩国市の小さな酒屋さんで買った雁木 純米吟醸 みずのわ
みず - 4みず - 3
「原酒を和水、一回火入(瓶燗)した純米吟醸酒。
セカンドネームの「みずのわ」に、川面に魚が跳ねた時の同心円状に広がる波紋と「和水」の意味を重ねました。やわらかく軽やかに、すいすいと杯が進むお酒です。」
みず - 6みず - 5
1800ml
価格:3,000円 (税別)
【原料米】 山田錦
【精米歩合】 50%
【アルコール度数】 15~16度
【日本酒度】 +2.5
山田錦を50%まで磨いた純米吟醸。
内に秘めた個性が杯を重ねるほどにじんわりと伝わってくる普通に美味しく飲み飽きしないお酒です。
どんなお料理とも相性抜群!!
食中酒に最適です。
み - 1
冷やして呑んでみると確かに口当たりが恐ろしく良くまるで旨い水を呑んでいるかのようだ。
香りはやや抑え気味ではあるが甘く胸のすく吟醸香があって味はほんの少しの酸味がアクセントになっているようでなかなか面白い仕上がりになっているもんだと感心する。
雁木はラインナップでそれぞれ酒の個性がかなり違うようなので他の種類も試してみようと思う。

雁木 槽出あらばしり 純米無濾過生原酒(八百新酒造)

がん - 1がん - 2
岩国の八百新酒造の雁木 槽出あらばしり 純米無濾過生原酒。
名称:雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17~18%
酵母:不明
日本酒度:不明
が - 1
「瓶の底に「おり」が白くたまり、
振るとゆらゆらとうすにごりのきれいなお酒です。
「おりがらみ」ファンに特にお勧めの日本酒です。
黄緑っぽくぽつぽつと白い滓が浮かんでいます。
香りは、フレッシュで酸味も感じます。
口に含むと、酸を舌にちりちりと感じながら、
勢いのある味わいがスピード感よく駆け抜けていきます。
かすかなフルーティさを感じるボリューム感いっぱいの含み香、
酸が印象的な力強い味わいです。
うまみたっぷりながら切れよくスッと消えていくので、
飲み飽きせず盃が進みます。
少し温度が上がると、よりうまみたっぷりのボリューム感です。
がん - 3がん - 4
新酒一番人気の豊盃とも、おりがらみが人気の雑賀や奥播磨とも、
やはりどの日本酒とも違う、雁木独特の個性を感じさせてくれる
「心ゆさぶる」日本酒です。
「新酒はあまり好まない!」という日本酒通にも、
十分満足していただける味わいと思います。
「おりがらみ」は、日本酒を搾ったときにまだ少し白濁したにごり部分
(通常はこのおりがすべて下に沈殿するのを待っておりを取り除く)を
そのまま残して瓶詰めするものです。
がん - 5がん - 6
無濾過生原酒ファンにも純米酒ファンにも、しっかりファンが根付いた山口の雁木、今年の新酒も期待を裏切りません。
この槽出(ふなで)あらばしりは、純米無濾過生原酒のおりがらみを
新酒時にだけ瓶詰する日本酒です。」
が - 2
去年もこれの同じのを呑んで旨かったので今年も発売月に忘れずに購入した。
2700円に消費税込みで2916円。
開封すると吟醸香は仄かでこれが香りで呑ませるタイプの日本酒ではないことがわかる。
無濾過の新酒ということで通常の雁木と比較してもかなり荒々しい感じが残り好き嫌いが分かれそうだ。
要は寝かせた日本酒のような角のとれた洗練された円やかさよりわずかな酸味や苦味もプラスされた荒くれた雁木も個人的には悪くない。
秋の熟成された雁木も良いがやっぱり新酒のこの季節もいろいろ楽しませてくれる。

霧島酒造 志比田増設工場見学

きり - 2
「黒霧島」「白霧島」「赤霧島」で有名な霧島酒造
今や黒霧島は日本一の販売量を誇り、焼酎出荷量で宮崎県が鹿児島県を抜いて2年連続首位を獲得する原動力になった。
きり - 1
そんな霧島酒造だが無料の工場見学を受け付けている。
事前に電話申し込みをすれば1人からでも大丈夫だ。
一日2回、11時からと13時半からで遅れないように13時半のを予約した。
きりし - 1きりし - 5
平日だったので自分一人だけだったらどうしようかと思ったが他の団体さんが来られたのでちょっと安心した。
きりし - 2きりし - 3
ガイドの女性に連れられてきたのは黄金千貫を砕く機械だがそれにしても物凄い大掛かりだ。
まあ一日に一升瓶で4万本も芋焼酎を造ろうと思ったらこんなことになるのだろう。
きりし - 4きりし - 6
米麹を使っての発酵から蒸留、貯蔵と芋焼酎の作られる過程が詳しく説明されるが企業秘密の部分はVTRを使っての説明だ(笑)
きりし - 8きりし - 9
30分をかけた工場見学の最後にミュージアムも見せてもらった。
きりし - 7
ここは基本的に写真撮影禁止なのだがこの部分だけ撮って良いそうでまあとにかく芋焼酎のトップブランドたる自信とプライドが伺える。
よく考えてみれば入手しやすさなどの理由から自分が普段最も飲む事が多い芋焼酎はズバリ赤霧島な訳で、そういう意味では身近な会社とも言える。
この工場と同じ規模のが後、3つもあるそうだから1日16万本の一升瓶にはいった焼酎を作っていると聞いても膨大すぎてどれほどの量かピンとこないが、工場見学好きの自分はクルマだったから試飲がデキないのはアレだったがそれでも非常に満足して工場を後にしたのだった(笑)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ