柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

亀齢萬年 純米六拾(亀齢酒造)

き - 1
亀齢萬年 純米六拾。
1800ml ¥2,916(税込)
内容量 1800ml
保存方法 冷暗所にて
原材料 米、米麹
製造元 亀齢酒造
アルコール度数 17度
日本酒度 +5
精米歩合 60%
きれ - 1きれ - 2
亀齢萬年シリーズは全国の30店舗だけが扱っている限定流通のお酒です。
色々な雑誌などのメディアから取材の申し込みを受けるもかたくなに断り、知る人ぞ知るこだわりの
日本酒です。
きれ - 3
亀齢萬年シリーズ 名杜氏、西垣昌弘氏が醸す新作。
広島の人気蔵 亀齢 の待望の新作発売です。
香り抑え目で旨み重視の亀齢酒造から新しい試みでちょっと香りのあるお酒を楽しみたいなって思うときに最適な日本酒です。
ラフランスや青っぽいバナナの香りと亀齢ならではの旨みと切れ変化球もたまにはいいかも!(^^)!
き - 2
たまたま見つけて衝動買してしまった。
亀齢酒造のファンなのでつい見境もなしに飛びついてしまうのだがこれも値段を考えれば考えられないほどの旨さに仕上がっている。
香りと旨味のバランスが秀逸で熱燗で呑むとしみじみとした豊かさとスパッと旨味が消えるキレを同時に味わうことがデキて非常に幸せだった(笑)
これからも手当たり次第亀齢酒造の酒を呑んでしまおうと思っている(笑)

雁木 another 純米吟醸 西都の雫50(八百新酒造)

がん - 1
雁木 another 純米吟醸 西都の雫50。
蔵 八百新酒造株式会社
オール「西都の雫」にチャレンジした純米吟醸酒です。
“西都の雫らしさ”が、「微かにトロピカルフルーツを思わせる香りと、レモンバームのような爽やかな酸味を伴ったキレの良いあと口」に顕れています。
「身体の内側から包み込むような優しい味わい」は、夏の疲れた身体を癒してくれることでしょう。
がんぎ - 1がんぎ - 2
特定名称
純米吟醸
麹米
西都の雫
麹米・精米歩合
50%
掛米
西都の雫
掛米・精米歩合
50%
アルコール度
15
日本酒度
0
酸度
2.3
販売価格 (税込) 3,240円
がん - 2
最初に印象的な甘い香りが立つが熱燗にして呑んでみると甘さより酸味を感じさせるこれまでの雁木よりややマニアックな味付け??
通常の「another」よりもかなり値段がアップしているのは雁木anotherというブランドを単なる廉価版としてではなく雁木としての新世代の酒を生み出すという位置づけにするつもりなのかもしれない。
それならこのチャレンジングな姿勢も理解できるしこれまでの雁木とは違う方向性もよくわかる。
それにしてもこれからも雁木のこの手の新しい酒はガンガン呑んでみようと思った。

兼八(四ッ谷酒造)

か - 1
久しぶりに兼八の一升瓶を買った。
もちろん定価税別2500円で。
かね - 1かね - 2
これまではロックでしか呑んだことがなかったので今回は熱燗で呑んでみてやろうという作戦だ。
か - 2
久しぶりの兼八はやっぱり濃厚な麦の香りと「麦チョコのような」といわれる香ばしさを堪能させてくれる。
温めて香りが変化する日本酒と違ってそれほど変わらない兼八だと熱燗にするメリットがあまりないのかもしれない。
ロックのほうが氷が溶けての味の変化を楽しめるし香りも鮮烈になるようだ。
個人の好みだと思うが兼八に関してはロックが最も旨く呑む方法なのだろう。
かね - 3

若波 純米酒(若波酒造)

わ - 2
種類 日本酒
商品名 若波わかなみ
生産者 若波酒造
生産地 福岡県
原材料 米・米麹
精米歩合 65
アルコール度数 16
火入方法 瓶燗一度火入
わか - 1わか - 2
販売価格: 2,700円(税込)
福岡・大川の地。
若手が中心となってチーム若波で奮闘する若波ブランド。
青ラベルは純米酒。地元福岡県糸島産の山田錦と福岡県三潴産の夢一献を使用。
わか - 3
穏やかで甘い、でも爽やかな青リンゴ系の香り。
含むとしなやかな旨味を感じ、それからライトな酸が顔を出しキレイにフェードアウトしていくスマート系。
お燗酒ではフルボディーの旨味と酸味も楽しめますよ♪ ・若波ブランド・ 「味の押し波、余韻の引き波」をテーマにした小仕込みの限定酒。
わ - 1
ヤフオクドームに行った時に立ち寄った酒屋さんで購入した地元福岡の日本酒。
九州はどうしても焼酎のイメージが強く福岡の日本酒には無知だったのだが入ったお店が地元の日本酒を全面に出しておられたのでその中からこれを選んだ。
熱燗にして呑んでみると失礼ながら九州の酒をは思えないほど淡麗でキレも良く上品でかなりのハイレベルさに正直舌を巻いた。
しかもこれが税込み2700円って反則でっせ(笑)
マジでもう何本か買って帰ればよかったと思ったほどで強烈にこの酒に親近感を持ってしまった。
調べてみたら広島でも売っているようなので見かけたら絶対に購入しようと心に誓ったのだった。

雨後の月 超辛口純米酒(相原酒造)

う - 1
雨後の月 超辛口純米酒
うご - 1うご - 2
[種 別]日本酒 純米酒
[容 量]1800ml
[産 地]広島県
[蔵 元]相原酒造
[原 料]国産米
[精米歩合]70%
[日本酒度]+11
[Alc度数]16度
販売価格 2,480円
うご - 3うご - 4
酒商山田限定で仕込んでもらう超辛口純米酒です。
日本酒度を+11まで上げて明解な超辛口に仕上げながら、雨後の月らしい上品さや流麗さは健在。
ほどよく膨らむ味わい、雑味ない味わい。軽快・爽快な飲み口でスイスイ飲めてしまいます。
コストパフォーマンスの高さが自慢の1本です。
う - 2
熱燗にあうだろうと思って買ってきた雨後の月 超辛口純米酒。
実際に呑んでみると確かに雨後の月シリーズの中では辛口になるのだろうが文字通りの辛さってことはなくほのかに甘い雨後の月だった。
若干キレがよくなって後口がスッキリはするが本筋は大きく変化することはなく期待を裏切らない。
うご - 5
ただ常温保存しておいたら翌日フタが少し浮き上がっていたので栓が弱いのが気になったので翌日からフタが上がらないようにして冷蔵庫に保管した。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ