柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/呉市

ラーメン&Bar 友(呉市中通り)鶏白湯らーめん白

と - 1
ラーメン&Bar 友
呉市の中通り、マクドナルドの近くのわかりやすい場所に新しくできたラーメン屋さん。
とも - 21とも - 1
ここは以前はなんだったのか思いだせないのだが、とにかく今流行りの鶏白湯のお店であることはよくわかる。
とも - 2とも - 3
お店に入ると出迎えてくれるのは自動券売機。
メニューは鶏白湯らーめん白に鶏白湯らーめん黒(マー油入り)、そして辛味を効かせた鶏白湯らーめん赤というラインナップ。
縦に長い造りの店内は一番奥が厨房で手前にカウンターとシンプルだ。
とも - 4とも - 5
なぜかカラオケの機械やお酒も用意されていてラーメン&Bar 友という店名からして夜はそういうお店になるのかもしれない。
奥の厨房で調理されているのはどうやら女性のようで、カウンター内にはもうひとり男性がいるという2人体制。
と - 2
キタヨ!ラーメン&Bar 友の鶏白湯らーめん白750円。
なんとも鮮やかなルックスなことよ!
とも - 6とも - 15
実際はこんな風にお盆に乗って提供されるのだがブラックに統一された容器もなかなかシャレている。
とも - 7とも - 8
とにかく目を引くのはちょっと珍しいヤングコーンと「の」の字にも見えるブッとくてデカイチャーシューだ。
とも - 9とも - 10
それとこれも珍しい一枚物のキクラゲに水菜、そして柚子が入っているようでこのあたりに女性らしい繊細なセンスを感じさせる仕上がり。
と - 3
通常の約110グラムに対してデフォルトで140グラムと多めの麺のコシもばっちりで、ザクザクした歯ざわりもしっかり楽しめるような麺になっている。
と - 4
肝心の鶏白湯スープは濃厚なタイプで、どっちかというと洋風のコーンスープを連想させてくれるのは良いがちょっと塩に頼った味付けになっているのが気になってしまった。
とも - 11とも - 13
そのコッテリとした食感に柚子はベストマッチと思われるがもう少し隠し味的にした方が良かったかもしれない。
とも - 14とも - 12
メンマに代わりだと思われるヤングコーンは時々見かけるがこれもなかなか面白いし、他の薬味である白ネギの辛さも心地よい。
とも - 16とも - 17
ごっついチャーシューは食べごたえじゅうぶんなのだがこちらももう少し塩分を控えた方がその良さが引き立つかもしれない。
キクラゲは博多ラーメンの定番だと思うが鶏白湯ともなかなか相性は悪くないようだ。
とも - 18とも - 20
140グラムの麺でも呆気なく食べられる程のポテンシャルはじゅうぶんに持ち合わせていると思うが最近乱立気味の鶏白湯ラーメンの中にあってラーメン&Bar 友ならではの個性がもう少しあるほうがわかりやすい鶏白湯ラーメンになるような気がしてしまった。

森田食堂(呉市中央)中華そば

もり - 1
呉市の森田食堂
呉駅の周辺は自分が通った五番町小学校の学区だったから、この辺で親が家業で食堂を営んでいた友人がいた。
もりた - 1もりた - 2
その食堂にしょっちゅう通っていろいろ食べさせてもらった思い出があるのだが、この森田食堂ももうその頃からここにあるのは知っていた。
もりた - 16もりた - 17
中に入ると、今はもう取り壊されてなくなった友人の食堂が蘇ったような気がして初めての訪問なのになんとなく懐かしく感じてしまったほどだ。
もう昭和の雰囲気むんむんでさしづめモロ「孤独のグルメ」の世界観と言えばわかりやすかろう。
もり - 2
冷蔵庫からセルフで取り出すカツオのたたき500円。
他に鮭の刺し身もあったがこれも同様に500円だ。
もりた - 3もりた - 13
野菜の中にネギとにんにくペーストが添えられていたのでこれをポン酢に溶いていただいたがかなり新鮮で500円とは思えないクオリティにたまげる。
もり - 3
次にやってきたのは「名物」とメニューにある湯豆腐300円。
もりた - 9もりた - 12
とろろ昆布が乗っているのがいかにも呉らしいがこのダシはおそらくうどんのそれなのだろうが冬にはやっぱり湯豆腐は食べたくなるわな。
もり - 4
さて最後に登場したのはメインの中華そば400円!!
予想通りの昔懐かしい昭和の中華そばだ。
もり - 5
麺はイマドキ珍しい太めのコシが全くないタイプでコレに慣れてしまうと最近の麺をコシがあるんじゃなくて固く感じてしまうのもムリもなかろう。
もりた - 5もりた - 6
チャーシューっていうかモロ茹でた豚肉と薄いメンマも値段を考えれば入っているのが有難くすらある。
もりた - 7もりた - 8
まさかうどんのダシじゃかなろうね?とスープを飲んでみるとうどんダシが入っているのは間違いなさそうだが基本的に鶏のスープになっていて安心した(笑)
もりた - 10もりた - 11
ちゃんと脂が浮いていて中華そばとして成立しているのだがこの湯豆腐との組み合わせって汁物同士でいまいちだったかのかもしれんな〜。
もりた - 4もりた - 15
最初は全部食べられるのか不安になったのだが組み合わせさておき、それぞれのハイレベルで旨かったのであっという間に全部キレイに平らげてしまった。
古き良き時代の呉の駅前食堂の懐かしさをこれからもずっと伝えていって欲しいと思った森田食堂だった。

関白(呉市)テール鍋

かんぱ - 1
呉市の中通りから少し外れた場所にある関白
表通りから一本入って入るが比較的わかりやすい立地だろう。
かんぱく - 2かんぱく - 1
かなり前にここの2階で呑んだような記憶があるのだが何を食べたか覚えていない。
今日は夜に来たがランチ営業もされているようだ。
かんぱく - 17かんぱく - 4
今回は1階のカウンターに座ったが店内は広く大将が調理されているのがよく見える。
メニューを開くとお!!エビスの生ビール大950円ってのがあるやん。
かんぱく〜 - 1
コレコレ!!やっぱりジョッキはこうじゃなくちゃね!
最近本当にこの大ジョッキ自体が絶滅危惧種となっていて悲しいもんがある。
かんぱく - 5かんぱく - 6
「たちまちビール」で喉を潤すとさっそく注文をする。
ここの名物らしきジンギスカン焼きだがいわゆる本場北海道のそれと違ってラム肉ではなく牛肉を使った独特なもの。
かんぱ - 2
キタヨ!関白の牛バラジンギスカン焼き1200円。
ジンギスカン鍋みたいなものの上にのっかり、もうもうと煙りが立ち上っており確かにジンギスカン焼きと言えなくもない。
かんぱく - 7
これをタレとポン酢につけて食べるのだそうだ。
かんぱく - 8かんぱく - 9
タレはやや甘い味付けだがこちらも酢が入っているようでポン酢と大きな違いはないような気もするが両方で食べてみた。
かんぱく - 12かんぱく - 13
ホントのジンギスカンと違って玉ねぎの他にキャベツやピーマンもあるがこれはこれでウマいから許す(笑)
かんぱ - 3
次にきたのはテール鍋1800円。
これはドドーンとテール肉の大きいの2つと小さいのが1つぶっこまれており迫力満点だ。
野菜は春菊のみって潔さもコンセプトがはっきりしており好感が持てる。
かんぱく - 10かんぱく - 14
ゴロリとしたデカイテールは肉が箸で簡単に外せるほど柔らかく煮込んであってしかもこのスープにはほとんど味付けがされておらずさっきのタレかポン酢で味付けをするというのも面白い。
かんぱく - 15かんぱく - 11
試行錯誤の末に辿り着いたのはテール肉がポン酢で牛バラジンギスカン焼きはタレの方がよくあっているという結論だった。
かんぱく - 18かんぱく - 24
そしてこのテール鍋は最後にご飯を貰っておじやに変身。
大将に頼んで雑炊にもできたが今回は飯を入れただけにしたのだが、コイツはハッキリ言って絶品でんがな。
かんぱ - 4
そして〆はやっぱりお約束のテールラーメン650円。
かんぱく - 16かんぱく - 23
なぜかついてきたのはこのレモンを連想させる入れ物でどうやら好みでレモン酢を入れるようになっているのはいかにも呉らしいと感じた。
かんぱく - 20かんぱく - 19
最初はデフォルトで食べてみたが牛スープに昔風の醤油だれってのは懐かしいラーメンではあるがさすがにスープの出自がしっかりしていると芯が通っていてウマいがね。
それに表面に入っている白キムチもナイスなアシストぶっこいてるなと感心した。
かんぱく - 21かんぱく - 22
後半は恐る恐るレモン酢をスープに垂らしてみたが味の変化は軽快なベクトルになるので確かにこれは食べ飽きない効果はあるのは間違いない。
更にコショウも追加して楽しませて貰った。
この日は2人だったがコレ全部で約5000円と肉三昧のこの内容を考えれば納得の関白だった。

らーめん香龍 呉店(呉市)黒特選らーめんよくばりAセット

こう - 1
やってきたのはらーめん香龍 呉店
住所は呉市中通り1丁目ではあるのだがいわゆるレンガ通りたる中通りとは場所は違う。
こうり - 18こうり - 2
JR呉駅前の大きな国道沿いの目立つ立地に大きな駐車場を持っている。
こうり - 1
店の前には当店一番のオススメは新メニューの広島屋台らーめんと大きく書いてあるがここのラーメンのベースはなんなのかわからん。
こうり - 3こうり - 4
どうやら広島県内に4店舗を展開するチェーン店のようでそういえば大竹店も国道2号線に大きな店舗があるのを思い出した。
こうり - 6こうり - 5
「鶏ガラスープに背脂を浮かしたキリッと醤油味」の黒系、「国産鶏ガラ100%コラーゲンたっぷり、とろ〜りこってりスープ」の白系、「豚骨と鶏ガラ1昼夜炊き出した白湯スープ」のとんこつ系、「昔懐かしい広島中華そば、豚骨醬油のやさしい味」の広島屋台系に味噌系もあるようでチェーン店らしく全方面をカバーしようとしているようだ。
こうり - 7こうり - 8
テーブル調味料はいろいろあるがこのラーツァイってのが気になったが辛いザーサイって感じのようだ。
こうり - 9こうりゆ - 1
やってきたよ!黒特選らーめんよくばりAセット(780円+350円=1130円)
こう - 2
注目のラーメンはどう見ても尾道ラーメンになっている。
こうり - 10こうり - 11
これに小チャーハンもに餃子が3つのセットになっていて値段を考えればなかなかオトクなセットじゃなかろうか。
こう - 3
麺は尾道ラーメン定番の平打ち麺!!ではなく普通の麺なのはやや残念だが麺自体のデキは悪く無い。
こうり - 12こうり - 15
それぞれのラーメンには具だくさんの「特選」とチャーシューだけ多めの「チャーシューらーめん」と具が少ない「らーめん」とにランクがあるようでよくわからんから特選にしたがホントにお得なのかようわからん。
こう - 4
特選らしく多めになっているがこのチャーシューだけはパサパサでかなり残念だった。
こうり - 13こうり - 14
チャーハンはパラパラのデキでこりゃかなりのもんだし餃子もアツアツで旨いでがんす!!
こうり - 16こうり - 17
量もかなりあって最後まで食べたらお腹いっぱいになるので満足感は大きいと言えるが良くも悪くもやっぱりラーメンチェーン店の味なのでターゲットは家族連れの新しいファミレスだと考えたほうが良さそうだ。

麺処いつか(呉市)辛辣RED鶏そば

れっ - 1
やってきたのは呉市の麺処いつか
この店ももう開店1周年を迎えたのだそうだ。
れっど - 1 れっど - 7
そこでその1周年記念メニューが2016年1月27日(水曜)に追加されたとの情報を得てやってきたのだった。
れっど - 2
なるほどメニューは新しくなっておりこれで塩白湯の「鶏そば」、魚介醤油白湯の「鰹鶏そば」、それに今回の辛い鶏そばの3つのスープのラーメンとつけ麺も従来のつけそばに加えてこの辛いつけそばの2つが選べることになって当初から思えば随分とメニューが多彩になったと感じる。
れっど - 3 れっど - 4
今回の辛辣(カラカラ)RED鶏そばとつけそばが同時にリリースされるってことはベースはやっぱり醤油の鰹鶏そばと考えて良いのだろう。
れっど - 6 れっど - 5
メニューには「大量の辛口唐辛子と自家製辣油に花山椒・八角・クローブ等多種のスパイスで激しく旨味に。ニラ&玉ねぎがアクセント!。」
と説明されており赤字で「辛さに耐性があり食べきれる方のみご注文ください!」と注意書きがあって更に「辛さ控えめできます。」ともありこりゃかなり辛いのかもしれんな〜と不安が頭をもたげてくるが初志貫徹で注文した。
れっ - 2
大将から「辛さ控えめにしましょうか?」と言われたが意地を張って「デフォルトでお願いします。」と言ってしまったのでもう後戻りはできない。
キタヨ!麺処いつかの辛辣(カラカラ)RED鶏そば800円。
見よ!この燦然と輝くど真ん中のコンモリしたレッドな丘。
れっ - 3
この恐怖の赤いコナをモロに食べたらいかんと思ってさっそくスープに混ぜたらこれの粘度がドロドロになっていてスープと言うよりもうシチューに近いような仕上がり。
れっ - 4
自家製麺を引っ張りあげるとズシッと重みが有るほどでこりゃ辛いのからは絶対に逃れられないと覚悟を決めてこの辛味成分まみれの麺に思い切って食らいついたのだった。
れっど - 9 れっど - 10
辛さはいきなり襲ってくることはなく最初はサクサクと食べ始めるが少し遅れてじわじわとスープの本領が発揮されてくる。
自分の頭部からだけ汗が噴き出してきて続いて鼻水・シャックリが誘発され全身の細胞が猛烈に活性化されていくのが実にリアルに感じられる。
自分としては食べることができる限界の辛さながら決してそれは口腔を刺すような暴力的なものではなく真綿で締め上げられていくようなそんな分厚い辛さだ。
れっど - 8 れっど - 11
これは途中で休憩したり水を飲んだりしたら食べきれないと思ったので一気食いしてしまった。
だけどまさに衝撃的な辛さだが無理くりに作った人工的辛さではなく八角・花山椒による旨味も確かに感じられたからこそこんなトンデモ辛さのラーメンも食べられるってことなのだろう。
実際、この手の限界を超えたあたりの辛いモノを食べると必ず下痢していたが今回は全くそんなことはなかったのがその証拠でもある。 いちいち - 1
大将の話では辛さの調整はできるそうなので辛さ耐性「普通のヒト」を自認するなら辛さ控えめにしたほうが無難だろうし辛さ耐性「自称激辛党」レベルなら更なるヘヴィーな辛さをリクエストするのも一興かもしれない。
いやあ今回の辛辣(カラカラ)RED鶏そばにこっぴどく叩きのめされたがどMな自分は辛辣(カラカラ)REDつけそばにもチャレンジしてみようかとも思った。
この日の晩メシがなぜかカレーだったが複雑な思いをしながらそれを食べた。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ