柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/呉市

麺処 いつか(呉市)鶏そばと鰹鶏そば

いつ - 4
麺処 いつか
最近地元のローカル番組で紹介されたので並んでいないか心配して来てみたら案外大丈夫だった。
いつか - 1
今日はメインメニューである鶏そばともうひとつの人気メニューである鰹鶏そば両方食べようと思ってやってきた。
いつ - 1
まず最初は鶏そば(麺大盛り)800円。
さすがの鶏白湯は鶏だけの旨味ではないのであろうがコッテリしてして非常に完成度が高い。
いつ - 2
自家製麺はコシが驚くほどあって個性的なスープに全然負けていない。
いつか - 2
国産豚肩ロースコンフィも高級感すら漂わしていて納得の一杯だ。
いつ - 3
そしてこちらが鰹鶏そば700円。
さしずめ鶏そばが塩ラーメンならこちらは醤油の立った醤油ラーメンだ。
いつか - 4いつか - 3
若干塩分も高めに感じるがこちらのほうが味の輪郭がつかみやすく好みが分かれるだろう。
いつか - 5いつか - 6
良い悪いではなく個人的にはこちらの鰹鶏そばのほうが好きなのだがどっちを注文しても後悔することはない。
正午が近づいてくるとお店の前に待ち客がデキ始めたがさすがは人気店貫禄すら感じられるようになってきた。
こういう実力店が認められていくのはやっぱり嬉しいと思ってしまった麺処 いつかだった。

一番(呉市)ワンタンメン

い - 1
呉で呑んだ〆にやってきたのは中通りの一番
したたかに酔ってる時だから記憶は曖昧なのでかなりの適当記事であることを断っておく。
いち - 1いちば - 1
は何を注文したのか覚えていない(笑)
普通だったらメニュー筆頭の中華そばにするところだが酔ってる時は別人格になってしまっているので・・・(笑)
いち - 10いち - 9
卓上調味料は呉のラーメン屋定番の酢があるようだと今写真をみて思った・・・・
い - 2
やっぱり中華そばを頼んでいたようだ。
かなりコッテリしたスープのようにも見える。
いちばん - 1
麺は一般的なストレート、、、のようだ。
いち - 3いち - 5
それにしてもチャーシューが気前よくたくさん入っているがこれってチャーシューメンなんじゃなかろうか?
い - 4
おおお!これは紛う方なきワンタンじゃないの!
ということは自分が注文しうたのはワンタンメン600円で間違いなかろう。
いち - 4いち - 6
味を覚えていないからなにを書けばよいのかわからないがそれにしても深夜にガンガン食ってるの〜。
いち - 7いち - 8
スープまで完食してるがね!
自分は呉の出身だがこの一番というラーメン屋さんは訪れたことがない。
店の内装からみてかなり年季が入っているので古いお店のようだが呉冷麺もやっているようなので今度はシラフで食べてみようと思った。

モリス(呉市)中華そば

も - 1
呉市中通りのモリス
個人的には子供の頃から通ったラーメン屋だがさすが長い間に経営者が変わったようだが未だに人気店であり続けている。
もり - 1もり - 2
メニューは中華そばといなり寿司とゆで卵だけ。
女性や子供向なのかミニラーメンって新メニューも登場しているようだ。
さっそくセルフのいなり寿司を持って着席。
も - 3
少し待ってキタヨ!モリスの中華そば630円。
いやいや以前と変わらぬすまし汁のようなルックス。
も - 4
麺も同様で少し太めであまりコシがないタイプだが以前のような粉っぽさはなくなった分、逆に良くなっているようにも感じる(笑)
もり - 4もり - 5
薄くスライスされたメンマも昔と変わらずその食感もなかなか楽しい。
も - 2
モリスのお楽しみは卓上酢のよる後半の味変でこれを上手に入れないと味が激変して別のラーメンになってしまう。
もり - 6もり - 7
どっちかというとパサパサ系のチャーシューが申し訳程度入っているがこれもモリスの個性になっていてマッチングも素晴らしい。
もり - 3もり - 8
元々油はほんの少しで最後の方は本当にすまし汁みたいになるのに加えて酢を追加することで更なる和食感が強くなってくる。
あっという間にスープまで完食、630円と昔に比べればかなり高価になってしまったがその味は変わっていないと確信できた。
実際、ここのラーメンは自分のラーメン体験の原点みたいなお店なのでこれからもこのまま変わらずにいて欲しい。
むしろありがたい気持ちでお店を出たのだった。

尾道らーめん十(呉市)尾道ラーメン

じゅ - 1
尾道らーめん十
今年の8月に開店した新しいお店。
じゅう - 1じゅう - 2
たまたま他に客がおらず、大将と話が出来たので色々聞いてみた(笑)
元々三原駅前で麺処十という食堂をやってきてそれを尾道ラーメンに絞って移転開店した。
大将は呉のヒトで知人と二人でこの店を持った。
じゅ - 2
さてしばらくしてやって来たよ!尾道ラーメン十の尾道ラーメン600円。
確かにこれはいわゆる尾道ラーメンのルックスだ。
じゅ - 3
尾道ラーメンと言えば平打ち麺かと思ったが豈図らんや、通常のストレート麺!!
だけどこれは相当にコシがしっかりあって旨い!
ど厚かましくどこの麺なのか尋ねたが尾道の麺とだけはわかったが教えてくれなかった(笑)
じゅう - 4じゅう - 5
スープは鶏と魚介で醬油があまり立たないがアッサリ・スッキリ系らしいがそれでもコクがあってしっかり尾道ラーメンしている。
じゅう - 6じゅう - 3
これも尾道から仕入れている背脂がコッテリしていてジューシーだ。
これだけ旨みを感じられる背脂もなかなか出会えまへんで。
じゅ - 4
尾道ラーメンによくあるパサパサしたのと違うのがチャーシューで、しっかり脂が乗ったしっとりタイプ。
それが気前よくたくさん入っているのでちょっと得したような気分になる。
じゅう - 7じゅう - 8
厨房が丸見えなのでジロジロチェックさせてもらったが大きな寸胴にチャーシュー用の寸胴も確認でき、自家製スープであることは間違いない。
じゅう - 9じゅう - 10
メンマは尾道ラーメンによくある小さめのが数多く入っているソレでこれはこれでよく合っている。
それにしてもこのコシのある麺とコクがあるスープ、旨味のある脂身の重層的な構成はハッキリ言ってナカナカだ。
じゅう - 11
気がついたらスープまで一気に完食。
この内容で600円って安いと云わざるを得ない。
呉には尾道ラーメン専門店が数軒あるがそれでも圧倒的少数派なのでこの手の広島県東部のラーメンが受け入れられるか非常に興味があるところではある。
開店したばかりなので現在は無休で頑張るそうだが、850円の台湾ラーメンも是非試して欲しいと大将に強く云われたので今度はこれ目当てでまた来てみんといけんよのぅ〜(笑)

ラーメン屋 伸の助(呉市広古新開)伸の助黒醤油ラーメン

し - 1
広の新しい道路に出来たラーメン屋 伸の助
今日は2人でやってきた。
しん - 1しん - 2
住宅街の新しいお店のようでさすが呉市街地ではなく広だからか駐車場完備だ。
しん - 4しん - 3
店内もゆったりと広くカウンターとテーブル席といった構成で結構な人数が収容できる。
メニューは基本的に醤油とトンコツの2本柱だから2人で両方を注文する事にした。
し - 2
ちょっと待ってからキタヨ!ラーメン屋 伸の助の、伸の助黒醤油ラーメン600円。
なるほど黒醤油と名乗るだけのことはある黒さだ。
し - 3
麺は中太ストレートでやや柔らかく茹でられているのはこの辺の人々の好みか?
しかし麺もスープの影響でやや黒く見える。
しん - 8しん - 10
トッピングは広島ラーメンと同様にモヤシにネギ、メンマにチャーシューだけどこの醤油スープにはよく合っている。
し - 4
この黒いスープは今流行りのブラックラーメンと遜色ない色合いなのだが醤油が立っていて塩分濃度もかなりのもんだ。
しん - 6しん - 9
っちゃんと炙ってあるチャーシューは柔らかくてジューシーな仕上がり。
しん - 5しん - 7
こっちがもう一つのメニューたる醤油とんこつラーメンなのだがやっぱりトッピングは互換性ありそうだ(笑)
スープのパンチは間違いなく黒醤油ラーメンに軍配があがるだろう。
しん - 11しん - 12
醤油辛さを感じるがだからといって塩分過多のようには感じなかったし鶏か豚かそのブレンドかわからないがなかなか面白いスープだがさすがに後半はやや飽きてくる。
しん - 13しん - 14
ここまで醤油押しするのなら本家のブラックラーメンに習ってコショウをピリッと来るまで思い切って入れてほしかったかな。
ただホスピタリティは完璧で非常にお客の事をよく見ていてかゆいところに手が届くほど。
頼んでもないのに最後にこんなウーロン茶が出てくるなんて聞いたことが無い。
それだけに肝心のラーメンにもうひとひねりあったらな〜と感じてしまった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ