柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

和食

厚焼処 おびの茶屋(日南市飫肥)

あ - 1
日南市にやってきたのでせっかくだからと飫肥城下町にやってきた。
ここらへんは重要伝統的建造物群保存地区に指定されておりいわゆる江戸時代の町並みを残している。
あつ - 8あつ - 1
そんななかにある厚焼処 おびの茶屋
文字通りたまごの厚焼きが名物のお茶屋さん。
あつ - 2あつ - 3
外に貼ってあるメニューは店内で食べることが出来るもので厚焼きだけだと200円、緑茶と冷茶セットで350円、抹茶セットが450円となっている。
あ - 2
この中から自分は緑茶セットをお願いした。
和風のなかなか趣がある器で登場してきた厚焼きタマゴ。
あつ - 5あつ - 4
思ったより大きくカットされてる。
店内には持ち帰り用もあっておそらくはこれがフルサイズで2500円となっている。
あ - 3
さっそく頂いてみたが舌触りの滑らかさは特筆ものだが「プリンのような」というのは少々違うと思った。
あつ - 6あつ - 7
砂糖が貴重品だった頃は殿様にも献上されていたモノのようだが、洋菓子とはまったく異なった和風洋菓子という意味ではカステラとかと出自が似ているのかもしれない。
それでも持っているオリジナリティはかなりのものなので日南市に行った時はこの厚焼きを是非体験してみる事をオススメしたい。

大阪たこ焼き こなもん 廿日市店(廿日市市可愛)ネギしおマヨ

た - 1
廿日市市に新しくできた大阪たこ焼き こなもん 廿日市店
宮島街道から少しだけ中に入っているが上り方向であれば直接見えるので不利な立地というわけではない。
店名からなんとなく大阪のチェーン店のようなイメージだがどうやら広島の世羅町が本部で県内を中心に東部から徐々に西部に進出しているようだ。
たこ - 1たこ - 4
店の前は駐輪場のようだが傾斜がかなりあるので乗り降りはたいへんだろう。
スタッフはおばちゃんが全部一人でやっておられるようでかなり忙しそうだ。
基本的にテイクアウトのお店のようだが店内にもちゃんとしたカウンターがあって食事もできる。
たこ - 2たこ - 3
このカウンターはたこ焼きが出来上がるまでの待機場所になるワケで屋外で待つよりは遥かに快適だ。
この日は休日のお昼時だったからかかなり混んでいて自分は20分くらい店内で待った。
たこや - 1
さてココからはたこ焼きを持って帰ってからの話になるのだが、まずはこれが看板メニューたるしおたこ焼き。
たこ - 5たこ - 6
そしてこちらがちょっと珍しい醤油味とスタンダードなソース味。
た - 2
6個入りで370円(ネギとマヨネーズのオプションは無料)。
一般的な感覚で言えば少し大きめな部類に入ると思うが独特の塩ダレがなかなか面白い。
たこ - 7たこ - 8
醬油にソースも同様に無料のネギマヨトッピングをお願いしたのだがマヨネーズが明らかに控えめになっている。
た - 3
肝心のタコはそれほど大きい!というほどでもないがまあこれなら納得できるレベル。
だがどっちかというとタコではなく生地で食べさせるタイプのたこ焼きだろう。
たこ - 9たこ - 10
実は出来たて激熱たこ焼きが自分は苦手で少しだけ冷ましてから食べたいので敢えて持って帰ったのだがやはりこれは正解だった。
たこ - 12たこ - 11
特に醬油はマヨネーズは真ん中に少しだけかけてあるのはどうやら醬油ダレがマヨネーズに敗けないような配慮のようだ。
たこ - 13たこ - 14
塩、醬油、ソースと万遍なく順繰りに食べたがそれぞれに特徴があって全部で18個だったが案外あっという間に食べきる事ができた。
たこ - 15たこ - 16
廿日市でたこ焼きっていうとこれまであんまりコレ!というお店がなかったがここは店内もあるし、どうやらうどん、ラーメンもあるようなので楽しみなお店が出来たんとちゃうかな?

高知屋(高知県高岡郡中土佐町久礼)ところてん

こ - 3
高知の大正町市場を超えて少し離れた場所にある高知屋
こう - 8こう - 7
ここは昔ながらのところてんが有名なお店らしくよくテレビとかに取り上げられているらしい。
店内は外から想像するより広くゆったりしている。
こ - 1
これが高知屋のところてん180円。
自分は本家が上蒲刈島なのでこの手の本格的なところてんは子供の頃よく食べていた。
こう - 2こう - 3
なるほど、海草の薫りが漂ってきてこれが海の幸であることをしっかり主張している。
こう - 4こう - 5
ただ酢がほとんど入らないダシの部分でこれまでに体験したことがない決定的に違うモノがこのところてんにあることは確実だ。
こ - 2
おばちゃんにそのことを確認したら薬味に地元産のショウガとぶしゅかんを使っているらしく、これが和からし入りところてんと大幅な違いをもたらしているのは間違いない。
こう - 6こう - 1
高知というとどうしても魚介類に目が奪われがちなのだがこの手の柑橘の存在が重要な役割を影で演じていることが多いようだ。
コレで180円は相当安く感じてしまう高知屋のところてんだった。

田中鮮魚店(高知県高岡郡中土佐町久礼)メジカの新子

た - 1
バイクで来たよ!高知県の大正町市場内にある田中鮮魚店
文字通り魚屋さんなのだがここは軒先を借りて店の前で直接食べさせるのがミソだったりする。
たな - 1
「めじかの新子とは・・・マルソウダガツオの幼魚
旬は、8月中旬からのおよそ1か月と大変短いことに加え、ここ数年は漁獲量も少なく貴重な味覚となっています。地元の人でもなかなか刺身で食べることが少ない魚。旬が短いのもさることながら、めじかはたいへん足が早い。その早さはサバの2倍とも言われており、鮮度がなにより重要。この「めじかの新子」は、秋を少し感じ始める頃に漁師町でしか食べられない、まさに幻の魚です。」引用
た - 2
「中土佐町では、三枚おろしにし、皮と血合いをとります。食べやすい大きさに切ったあとは、仏手柑(ぶしゅかん)の果皮を削り果汁を絞る。そして醤油をかけます。メジカを食す際に欠かすことのできない仏手柑は、ゆずより青々しい香りとさわやかな酸味がめじかの味をひきたてます。」
そうなのよね〜、このぶしゅかんがないとメジカの新子はおそらく生臭くて魅力半減だろう。
たな - 2たな - 3
これで4人分(4尾)で2000円。
ぶしゅかんを目一杯絞ってわさび醬油で食べる。
た - 3
「めじかの魅力は何といっても食感!もっちもっちと、噛むほどに身の弾力が跳ね返ります。漁師町ならではの鮮度がこの弾力を生み出します。」
よく見るとぶしゅかんの皮が剃ってかけてあるのがわかる。
個人的にはメジカの身の味をぶしゅかんが引き立てていると言うよりは、ぶしゅかんの最も旨い食べ方がこのメジカ新子の刺し身じゃないかとすら感じる。
たな - 4
これに100円の味噌汁とご飯を追加すれば立派な刺し身定食になるのだがこの日はおやつだったのでご飯はやめておいた。
それにしてもさすがは旬のメジカの新子、いや旬のぶしゅかん、旨すぎるよ(笑)

みなと食堂(西区草津港)ホルモン天ぷら定食

もな - 1
広島市中央卸売市場中央市場内にあるみなと食堂
もなと - 18もなと - 17
市場の食堂だから勿論ここで働く人達が優先なのだが一般人も利用できる。
だけど仕事のジャマになるといかんのでお昼時を完全に外して朝9時前にやってきた。
もなと - 1もなと - 4
中途半端な時間なのでどの店のガラガラ。
さてみなと食堂にはいると出迎えてくれるのは自動券売機。
今日の目的はここのホルモン天ぷら定食600円なのでそのチケットを買ってカウンターに提出した。
もなと - 2もなと - 3
ガランと広い店内は自分一人で誰もいない。
もな - 2
ちょっと待っていると呼ばれたので取りに行ったよ!みなと食堂のホルモン天ぷら定食。
もなと - 5もなと - 6
天ぷらに味噌汁。
もなと - 7もなと - 8
ひじきの煮物にご飯という構成だ。
このご飯はデフォルトだがかなりの大盛りになっているようだ。
もな - 4
さて主役のホルモンだがなにか味付けするのかと思っていたが何も出ないのでこのまま食べるようだ。
カリカリに揚げられており食感は心地よい。
もな - 3
そしてたまねぎのかき揚げみたいなのが一緒でこれが甘くてホルモンとの対比もあってとっても旨いがね。
もなと - 9もなと - 12
ホルモンはブリブリで柔らかく簡単に咀嚼可能だ。
だけど塩味はかなり控えめでなにか味付けするのが普通なのかな?
もなと - 10もなと - 13
それに対してこのたまねぎのかき揚げはそのほんの少しの調度良い味付けになっていてこのままが最も旨いのだろう。
もなと - 14もなと - 15
だから結果として大盛りのご飯がかなり余ってしまってこれからどうしたものかと困っていた。
もなと〜 - 1もなと - 11
そんな時にこの味噌汁が非常に具が多くてやや濃い目の味付けになっていることを発見!
もな - 5
まあねこまんまになるのは当然の成り行きでこれがまた測ったようにバッチリで旨かった!!
もなと - 16
これで全部平らげたのだがホルモンになにかかけるのか最後までわからなかった。
う〜〜ん自分にとってはちょっと流儀が理解できていなかったのか、やや不完全燃焼の感があったみなと食堂だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ