柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/尾道市

鶏そば本店(尾道市西則末町)しお鶏そば

とり1
尾道市を南北に貫く国道184号線沿いにある鶏そば本店
JR尾道駅と新尾道駅のちょうど中間くらいの場所にある。
とりそ01とりそ02
ということはどうしてもクルマで行くようになるのだがそのへんはきっちり押さえてあるようで広くて出やすい駐車場が店の前にしっかり確保されている。
とりそ11とりそ12
外からの印象と同じように店内はかなりシャレオツだ。
自分のような汚いバイク乗りのおっさんがひとりでやってくるような店じゃないのかもしれない。
BGMはなぜかビートルズ。
とりそ10とりそ09
ラーメン屋にしては珍しくカウンターレスの店内はもうどう見ても女性・家族連れターゲットであることは明らかな構成だ。
接客にでてこられたスタッフの女性もそんな店のコンセプトを物語るように上品でなんとなくこちらが気後れしてしまうほどだ。
とりそ03とりそ04
店名からして鶏ラーメンのメニューなのだが基本的には塩と醬油と辛いラーメンという構成と考えれば良い。
とりそ06とりそ05
これにトッピングや濃厚バージョンでバリエーションを広げているメニュー展開にはなかなか面白いものがあるし興味惹かれたが今回は最初なので一番シンプルなラーメンにすることにした。
それとこのメニューに書いてある「藤原製麺所」っていうのがこの店の本来の名前なのかな?
とりそ07とりそ08
焼いた鶏にも力が入っているようでこれを見た時に直感的にチャーシューは豚じゃなくて鶏だろうな、と感じてしまった自分はラヲタ菌に相当蝕まれているのかもしれない。
とり2
お盆に乗って登場した鶏そば本店のしお鶏そば650円。
メニューに「淡麗 鶏だけで炊き上げた上品でさっぱりした味に仕上がっています。」と紹介されていたがまさにその言葉通り。
とりそ13とりそ15
お盆にはこんな干しエビが別途小皿に入れられて提供される。
これくらいの量の干しエビがそんなに好みを左右するようなシロモノに思えないのだが・・・
それよりも丼にドカッと盛り付けられたワサビの存在感ったらちょっと経験にない。
とり3
麺はさすが製麺所ってだけあって細めの全粒粉という凝ったもの。
食感としてはそうめんのような感じでいわゆる中華麺って感じが希薄なのが最大の特徴だろう。
とり5
トッピングはなんと鷹の爪入の玉ねぎがドサッと入ってるという変わり種。
これには面食らったが甘みを増す効果があるのは確実のようで相性は悪くない。
とりそ17とりそ16
デフォルトの概要がわかったところでワサビと干しエビを投下してみた。
すると当然ながらスープは激変するがどことなく良く経験したことのある味であることに気がついた。
それは変な話だが永谷園のお茶漬けのもとにワサビを入れた時に酷似しているように自分には思えて仕方がなかった。
とり4
予想通りチャーシューは鶏だったがこういうしっかりした焼いた鶏をラーメンに入れるとそのあまりの旨さにラーメンが負けてしまって返ってバランスが悪化しているように思ってしまった。
もう少しこの鶏チャーシューは意図的に力強さを落としたほうがいいんじゃないかな。
とりそ18とりそ19
後半ワサビを全部スープに溶いたら食べるたびに鼻にツーンとくる強烈なスープになったのでこのへんは加減が必要だったし干しエビはこれくらいの量ならわざわざ別途に提供する必要性に疑問を持ったのも確かだ。
とりそ20
だけど醬油ラーメン全盛のこの尾道で単に鶏の塩ラーメンってだけではなくとことんオリジナリティを追求しているのは非常に好感が持てる。
製麺所がついでに出してるラーメンって言うのとは全く違ういわゆる本気のラーメンってのはよくわかる。
これは他にもかなりのバリエーションメニューがあるのでもう少し貼り下げて研究してみないと本質が見えないと感じた鶏そば本店だった。

めん処 みやち(尾道市土堂)きつね中華

み4
中華そば・天麩羅うどんのめん処みやち
みや01みや14
尾道駅前から続くアーケードの長い商店街に面しているので比較的わかりやすい立地。
当然ながら駐車場はなく徒歩でくるしかないわな。
みや02みや04
この日は15時くらいにここに来たのでそうでもなかったがお昼時はかなり行列ができる有名店らしい。
事実行列ができても良いように準備がしてある。
みや05みや06
お店の入り口は商店街からではなく店舗横の小路から入るのだが尾道らしく狭い路地でびっくりする。
それにしてもかなりの年季が入った店構えだ。
みや09みや10
店内のインパクトは外観からの想像を裏切らない。
それは凄まじい狭さで昔懐かしい新幹線ではない通常列車の食堂車(ビュッフェ)のようだ。
みや11みや03
奥にこれまた狭い厨房があってよくあんなせせこましい場所で器用に料理ができるもんだと感心する。
当然ながらカウンターのみで眼前の自分のテーブルの幅も奥行きも最小限でこのままの状態をコンテナに詰め込んでトラック行商できてしまいそうだ。
お店はご夫婦で切り盛りされておられるようで奥様がオーダーを取りに来られる。
みや08みや07
ここはラーメン屋というよりうどん・そば・中華そばとあるようでそれぞれの組み合わせメニューがウリらしい。
中でも天ぷら中華と呼ばれるラーメンにかき揚げが乗ったのが名物のようでコレ目当てにやってきたのだが肝心の天麩羅がもう売り切れとのこと。
仕方がないのでこのきつね中華ってのをお願いした。
み1
なるほどやっぱりこうなったか!来たかチョーさん待ってたドン!めん処みやちのきつね中華550円。
要するに中華そばにお揚げさんと天かすが入ったものがでてきた。
うぬぬぬ~これはありそうでなかった食い物の代表だろう。
み2
麺は紛れも無く中華麺。
まあお年寄り好みなようにやわやわに茹でてあるのはご愛嬌だ。
スープはまさに和風ラーメンといった趣でこういうのは確かに街の大衆食堂とかで体験したことがある。
だけどだからと言って中華そばにどどーーんとでっかいきつねがはいっているのは初体験だ。
み3
お揚げさんとぱさぱさチャーシューとメンマと天かすの共存なんて食べている途中に自分が今何食らっているのかわけがわからんようになって戸惑うことしきり・・・・
それに時間が経つときつねうどんと同じようにお揚げさんの甘みがスープに染みだしてだんだん甘くなるのラーメンも初体験。
みや12みや13
うどん・そば・中華そばがあるお店ならば誰もが考えつくメニューながら意外とお目にかかったことがないきつね中華。
それはここのきつね中華を食べればその理由がわかるような気がする。
ラーメンのスープ、具にうどんの麺を入れる中華うどんなるメニューまであるのだがそのカオス的メニューが決して破綻することなく微妙なバランスを保ちながら成立して(させて)しまっているってのが実態なんだじゃなかろうか?
まあ世の中やったもん勝ちってとこもあるのでみやちのチャレンジは他が真似ても単なるキワモノでしかあり得ず決してこういう風に名物になったりしないのだろう。
今度は本命、天ぷら中華に是非挑戦したい。

東珍康(尾道市栗原町)尾道ラーメン

ち4
新尾道駅近くの東珍康(とんちんかん)
尾道ラーメンでは定番というか有名店だ。
ちん02ちん01
場所は大きな幹線道路沿いにあってわかりやすい。
この日も14時前に着いたにもかかわらずまだまだ行列ができておりここの人気ぶりが伺える。
ちん03ちん04
駐車場は何台か確保されてはいるようだがとってもじゃないが足りずそれを見越してか近所に比較的大きな有料駐車場があってこの店で会計時に無料駐車チケットを貰える仕組みになっているようだ。
尾道ラーメン店の伝統に則って暖簾に「井上製麺所」と製麺署名が入っている。
ちん06ちん07
15分くらい待ってから入店。
店内は大将を初め男性陣スタッフが多いようで皆さん忙しそうにしている。
我々は8人だったがバラバラで構わないと申し出ると4人がカウンター席に残り4人がテーブル席に通された。
しかし老舗と聞いていたが店構えも店内も相当キレイ。
もしかして改装して間がないのかもしれない。
ちん05
メニュー筆頭の尾道ラーメンを注文したがこの店はラーメン専門店ではなく中華料理店のようでありとあらゆるメニューが準備されている。
ラーメンも非常にバリエーション豊富でほかに見たことないハンバーグラーメンなんていう変り種ラーメンもあるようだし一品料理は麻婆豆腐から酢豚、エビチリやスペアリブ、果てはかつ丼まであるといった具合だ。
ち1
中華料理店が片手間でやっているような尾道ラーメンで大丈夫なんかいな?って思っていたらやってきたよ!東珍康の尾道ラーメン(並)530円。
これは紛うかたなき尾道ラーメンのルックス。
ち2
井上製麺所製の麺はいわゆる尾道ラーメンの平打タイプではない。
なんとこれが細めのストレートでしっかりコシがあるように茹でられているのが目新しい。
ちん09ちん08
この効果は絶大でどちらかといえば麺の主張が弱い尾道ラーメンの印象を大きく変えている。
スープは決して醬油が主張しすぎないどちらかといえばアッサリ系だけど旨味だけはしっかりと抽出されているという凄いモノ。
こうなると尾道ラーメンにおける背脂の必要性をよく理解できるので有難い。
ち3
チャーシューは尾道ラーメンによくあるぱさぱさ系をより推し進めたようなカチカチ系でここまでくるとスジ肉の領域に入ってくるほど。
まあそれが尾道ラーメンだと言ってしまえばそれまでだが個人的には悪しき伝統のように思えてしまい、歯が悪い人にはコイツは天敵になること間違いない。
ちん10ちん11
だけどトータルで見れば相当にハイレベルなラーメンであることは間違いなくこの行列も然もありなんという感じもする。
醬油ラーメンながら醤油に頼らない醤油ラーメンとでも言えばいいのよくわからないが塩分があまり主張しないのは素晴らしい。
一口に「尾道ラーメン」というが店によって非常に個性があって広島東部のラーメン事情もとっても興味深い。

尾道らーめん のと(世羅郡世羅町)中華そば

の1
世羅郡世羅町の尾道らーめん のと
世羅町の中心街から少し外れた場所にある。
のと09のと10
失礼ながらド田舎だし当然クルマがなければこんなトコやってこれるハズもない。
だから駐車場は必須なのだが店の裏にダートになってるどでかい駐車場が近隣の店と共用になっている。
これなら安心だ。
のと02のと01
聞いたところによるとこのお店は元々広島市中区の住吉町にあったらしいがいろんな事情でこちらに転居してきたようだ。
その頃の地元では有名店だったようだからココまで追いかけてきたのだった(笑)
のと08
店はがらんと広くカウンターにテーブル席があってけっこうゆっくりできる。
自分はカウンターに座って中華そばを注文した。
の2
尾道らーめん のとの中華そば550円。
あたりまえだがぱっと見からして尾道ラーメンのルックス。
の4
麺もザクザクした食感の尾道ラーメン特有の平打ち麺。
のと05のと03
これに背脂が浮いてぽりぽち感満載のメンマが追い打ちをかける。
の3
トドメはどどーんと大きな一枚チャーシュー・・・ではなくて小さいの2枚のチャーシューとなっているのがやや違和感有るが全体にみれば紛うかたなき「尾道ラーメン」の文法に見事に則っている。
のと06のと04
スープはあくまでも醬油が主張する甘辛い味でどこかに魚介を感じさせる。
これが広島県東部の人々が愛する醬油ラーメンに他ならない。
あまりに典型的すぎて見事なくらい、このまま駅とかで出したら観光客は泣いて喜ぶんじゃなかろうか?
のと07
こういう本格派の尾道ラーメンが世羅で食べられること自体凄いことでもあるし地元のヒトはシアワセだと思う。
なぜなら自分のように広島県西部に住んでいると尾道ラーメン店なんて近所に全然ないのだから・・・

鶏そば なんきち(三原市)白濁鶏そば

なん1
ここは三原市。
広島から高速を使ってクルマで1時間程度。
鶏そば なんきち
なんき01なんき04
ネットで三原に鶏白湯の新店ができたことを知った。
どうしても行ってみたかったのだがこの店は木曜定休。
木曜日が休みの自分にとってはこうなると日曜日の早い時間にやってくるしか手段がない。
なんき03なんき02
勝手に11時開店だと思ってやってきたら11時半開店だったようでこりゃ大失敗。
三原の郊外店だけあって駐車場対策はばっちりなようで店の前に2台、店舗横の駐車場に6台余裕で置けるのは凄い。
これなら万全だろう。
>なんき21なんき07
まあ待ってる間にメニューをじっくり品定めできるから問題は無いが開店時間が近づいてくるとどこからともなく集まって来るクルマ達。
駐車場はほとんど埋まり店の前に行列ができはじめた。
なんき05なんき06
定時になって入店するとまず驚いたのがコレ。
讃岐のうどん屋じゃあるまいしこのザルでの精算は客単価の高いラーメン屋では初めて見た。
支払わずにブッチするとその場はええかもしれないがもう二度と暖簾をくぐることができないから旨いモノを食わせる自信があるのかもしれない。
なんき09なんき08
ラーメン屋によくある食材の講釈だが個人的にはこういうのには興味ない。
地元志向なんかと思ったが福岡県の麺を使っておられるようだ。
それより夜の居酒屋メニューの方がよっぽど興味を惹かれる(笑)
一般的にラーメン屋の居酒屋メニューってワンパターンなのが多くてそんなに期待できないのだがココはなかなか旨そうなのが並んでる。
なんき10なんき11
なんきちのメニューは大きく分けてふたつ。
この鶏白湯スープの「コク旨!濃厚系!白濁鶏そば」と澄んだ鶏ガラ醬油ラーメンの「あっさり!醬油系!鶏そば」だ。
そりゃやっぱりこの鶏白湯を目的にやってきたのだがせっかくだから両方食べてみたい(笑)
なんき12なんき13
ナント雨の日はご飯がサービスになるようでこの店も最近の風潮を取り入れて残ったスープにご飯投入して雑炊化させることを推奨しているようだ。
なんき14なんき15
新店ということで内装は新しく気持ちよい。
大将はかなり若く感じられスタッフの女性は奥様かな?
どちらにしてもラーメンは一気に作らずグループごとに作っていくやり方のようで待たされるのを覚悟で入った方が無難な店だと思った。
なん3
鶏そば(玉子入り)650円。
実はこの店は麺が選べるのだがこちらの推奨が「タマゴ麺」だったのでそれでお願いした。
なん5
縮れてるっていうより手揉み感がある中太縮れ麺はかなりコシを感じる。
スープは単なるアッサリ鶏ガラダシってだけに終わってないのが凄い。
無添加が謳ってあるがやっぱり若干商店がぼやけた感は否めない。
だけど鶏だけのスープってんじゃないような気がして成らないがコレははっきり確認できなかった。
なんき18なんき19
ハムのようなチャーシューと照り焼きみたいになった二種類の鶏チャーシューが入っており「鶏そば」の名に恥じないデキになっている。
それに仄かに味付けされた煮卵もよくあっておりスバラシい一杯だと思った。
なん2
そして本命の「白濁鶏そば(タマゴ入り)」750円。
鶏白湯っていうとやっぱりその比較対照としてどうしても登場するのは国泰寺の「らーめん 歩いていこう」だろう。
結論から言えば当然ながらキャリアや実績のある「歩いていこう」に軍配があがる。
なん4
麺はこちらは手揉み風細麺推奨。
この麺が歩いていこうの自家製麺に対してどうしても劣勢になる理由ともいえなくもない。
確かに博多とんこつには細麺があうのだろうが鶏白湯とのマッチングはもうひとつっていうか麺そのものがスープの圧倒的個性に負けてしまって存在感が希薄になってしまっている。
まだ先ほどのタマゴ麺の方が良かったのではないか??
なんき16なんき17
トッピングは同一。
二種類の鶏チャーシューは悪くないがこちらもこってりした鶏白湯に負けてる印象は拭えない。
キクラゲに至ってはマッチングが良いと思えないがしゃきしゃき感のある野菜トッピングは逆に先ほどの醬油ラーメンよりはこちらの鶏白湯でこそその良さを発揮しているように感じる。
なな1なんき20
新店にしては非常によく出来ているとは思う。
大将の素性もわからないからどこで修行されたのかわからないし「歩いていこう」との関係も不明である。
でも明かなのは現段階では「歩いていこう」の亜流であること。
まだまだ鶏白湯ラーメンがマイノリティのうちはいいが群雄割拠のこの業界、どこかが儲かったら雨後の竹の子のようにフォロワーが湧いて出てくるハズだ。
個人的には後発である以上もう少し鶏白湯の新しい可能性を示して欲しかったかな。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ