柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/その他の地域

りょう二郎(大竹市)背脂とんこつ醤油ラーメン白

りょ - 1
大竹市の国道2合園沿いに新しくオープンしたりょう二郎
最近広島でもじわじわその勢力を拡大しているいわゆる二郎系ラーメンのお店と考えて良いだろう。
りょう - 1りょう - 2
そう言えばここはとあるラーメンチェーン店のテナントだったはずなのでそのまま居抜きで入ったのかもしれない。
りょう - 3りょう - 4
チェーン店だっただけあって大通りからよく目立っているし駐車場もけっこう確保してあるのでアクセスしやすかろう。
りょう - 6りょう - 7
入って目の前に立ちはだかるのは自動券売機。
メニューは基本的二郎系の「白」たるスタンダードな背脂とんこつ醤油ラーメン、「黒」の黒マー油入り、「赤」の唐辛子入り、これにつけ麺、まぜ麺となっているうようだ。
りょう - 21りょう - 8
チケットを持ってカウンターに座ってから店員がチケット回収しに来てラーメンの細かい設定を伝えるシステムだ。
通常、脂、辛め(醤油)、ニンニク、野菜を増すスタイルが多いと思うがここは野菜増しは100円、そのかわり脂とニンニクとナント麺大盛りが無料という変則のマシマシとなっている。
初めてだったし全部食べられるかどうかわからんかったので自分は脂、ニンニクだけ増し、麺と野菜はデフォルトでお願いした。
りょ - 2
太麺だから少し時間がかかるようでちょっと待ってからキタヨ!りょう二郎の背脂とんこつ醤油ラーメン白850円。
りょう - 9りょう - 10
しかし迫力満点のルックス!!特にトップに恐ろしいほど乗っかっているニンニクに圧倒される。
チャーシューは半分に切ったようなのが2枚だ。
りょう - 12りょう - 14
どこから攻略するか悩むほどだがとりあえずはニンニクを全体にバラけさせて凄まじい量の野菜をかき分ける。
りょ - 3
するとそのずっと下の方からぶっとい麺がやっと顔を見せてくれる。
しっかりとコシがあって噛みごたえ満点のコシのある麺で嬉しくなってしまった。
りょ - 4
スープにもようやく対面できたのだが「とんこつ醤油」っていうだけあって醤油ラーメンのような色をしているが実際の食べた感じはコッテコテのとんこつスープと言った方が良くむしろその醤油っぽい色に驚いたほどだ。
りょう - 11りょう - 13
スープにもニンニクは初めから入っているようでこれに増したニンニクのダブル攻撃は、これで今日明日と誰にも会えんなと覚悟を強くした。
りょう - 15りょう - 18
とにかく麺と同量、もしくは野菜のほうが多いくらいで麺だけ食べるってことはほとんどなく、実際には麺と野菜いや野菜だけ食べてる感じの方が印象に残っている。
りょう - 16りょう - 17
それだけにチャーシューにパンチが乏しいのはやや残念で、このニンニク野菜とんこつラーメンの後半はややダレ気味になってきて少々飽きてくる。
りょう - 19りょう - 20
まあそれでもトンコツがしっかり効いているので難なく食べ進めることが出来るのだがここまでニンニク攻撃が多いとニンニクの辛味の角が立っているのが気になってしまった。
全体として見れば随分と真っ当な「二郎インスパイア」ラーメンであることは疑いようがなくこの手のパンチが効いたウルトラヘヴィニンニキーラーメンを求めるムキには歓迎されるだろう。
その代償として当日は無論のこと翌日まで家族から家の中の空気がまるごとニンニク臭だと迫害され続けたことを報告しておく(笑)

六盛(別府市)冷麺

ろく - 1
行列ができている別府の六盛
よく見ると手のべ冷麺専門店と書いてあるがラーメンもやっているようだ。
いつも行列ができるからか順番をノートに書くシステムなので並ばないで待てるので特にこんな暑い日には親切だ。
ろくせ - 1ろくせ - 2
30分くらい待ってから入店したが店内はそれほど広くない。
当然のように冷麺の並750円を注文。
ろく - 2
そしてやってきたのは六盛の冷麺!!
なるほど、これはいわゆる別府冷麺の文法に則っているルックスではあるわな。
ろく - 3
麺は云われなくてもそば粉が入っている色をモロにしている。
食べてみたがコシはそれほどでもないが表面が滑らかで旨い麺だ。
ろくせ - 3ろくせ - 7
牛肉のチャーシューは甘辛く味付けされていてなかなか面白いアクセントになっている。
ろく - 4
それとこの六盛のキャベツのキムチはかなり辛めでスープに混ぜると全体が赤くそしてけっこう辛くなる。
ろくせ - 6ろくせ - 8
なるほどこれはかなり旨いわ。
このキャベツキムチの辛さとそれそのものの食感がこの別府冷麺のキモなのかもしれないな〜。
ろくせ - 5ろくせ - 4
脂が全く浮かないスープはおそらく鶏ベースなのだろうが魚介もはっきりと感じられる。
ろくせ - 11ろくせ - 12
並盛りでも麺はかなり多めに入っているから大盛りを頼むときはソレ相当の覚悟が必要だろう。
それにしてもこの六盛の別府冷麺は元の冷麺の影がチラついくことでコンセプトがハッキリしているようで最後まで食べ飽きることがなかった。
なるほど別府冷麺もいろいろあるようだ。

胡月(別府市)別府冷麺

こげ - 1
別府冷麺胡月
名前からして別府冷麺がメインのお店。
こげつ - 1こげつ - 2
それにしても信じられないほどの広大な専用駐車場を完備しており、ここが如何に人気店なのか窺い知れる。
事実開店前なのにもう駐車場にはいくらかクルマがいて待ち客も続々と増えている。
こげつ - 3こげつ - 4
開店時間になったので店内に入るとスタッフは家族経営なのかどこかアットホームで客席もけっこうゆったりしていて心地よい。
こげつ - 5こげつ - 6
そもそも「別府冷麺」とはなんぞや??
この胡月が別府冷麺の発祥の店と書いてあるが「先代が満州の冷麺を和風にしたもの」のようで特徴として1,そば粉配合のコシの強い麺 2,キャベツの自家製キムチ 3,牛肉のチャーシューという特徴があるらしい。
こげ - 2
ちょっと待ってからキタヨ!胡月の別府冷麺(並盛)700円。
こげ - 4
何と言っても特徴的なのはこの極太麺。
そば粉配合とあるが云われなければわからないほどでコシが強いと言うよりも粉っぽくて固いように感じる。
こげつ - 7こげつ - 8
牛肉のチャーシューは塩分多めの味付けでかなり特徴があってこれまでに体験したことがない。
脂のほとんど浮かないスープは鶏ベースだと思うが魚介も少し感じられるが酸っぱさも皆無のつかみどころのない不思議な味だ。
こげ - 3
別府冷麺最大のトピックはこの「キャベツキムチ」で確かにこれを食べると少しだけ辛さも感じるがスープ自体にはほとんど影響を及ぼしていない。
こげつ - 9こげつ - 10
これは「旨い」のかどうなのか自問自答を繰り返しながら完食したのだが、自分の中ではどうにもそのコンセプトが何なのか理解できずに、アタマが混乱した。
だけどスープもほとんど飲み干す手前まで来てるってことは旨いは旨いのだろうが、どことなく一体感のようなモノに欠ける印象があって別府冷麺の本質にはまるで迫れないでいた。

麦右衛門(兵庫県揖保郡太子町)むぎえもん中華そば

むぎう - 1むぎう - 2
ナント驚いたことに息子が普通二輪免許を自力で取得したのでカワサキZ250を買ってやった。
大阪に住む息子はZ250を広島で納車したため350kmの広島大阪間が初ツーリングという過酷な運命になってしまったので途中まで自分が先導してやることになった。
図らずも羨望の親子ツーリングが実現してしまったと言うわけだ。
むぎ - 1
高速でシュシュッと龍野まで移動してここ麦右衛門に無事到着。
11時半開店で11時に着いたってのにもう30人位並んでるってどういうこと??
むぎう - 3むぎう - 4
待っている間にメニューが回ってきた。
ほとんどの客は中華そばとごはんのセットメニューを注文しているようで値段がASKになっている数量限定麺は思ったほど数がでていないようだった。
むぎう - 5むぎう - 6
11時半になりそれから更に15分程度待たされてやっと入店したが店内はまるで喫茶店のようで自分らは厨房ヨコのカウンターに通された。
奥にはテーブル席がいくつもあって接客はこの手の行列店によくあるぞんざいな事は全く無く非常に丁寧なのが印象的だった。
むぎう - 7むぎう - 8
自家製麺のラーメン屋さんらしく大盛りが無料なのでほとんどの客は大盛り注文していた。
それとチャーシュー盛りなるメニューも見たが凄い迫力でお得感満載だったのには驚いた。
むぎう - 9むぎう - 10
この店についてから1時間位待ってようやくやってきたよ!むぎえもん中華そば870円。
もうセットメニュー前提なのかお盆に乗ってしかも漬物までついとるがね。
むぎ - 2
しかしこのむぎえもん中華そばは鶏チャーシュー、豚チャーシュー、味玉、メンマ、ネギというトッピングになっているのだが立派なメンマが存在感を放っている。
むぎ - 3
やや太めの麺はさすがの自家製麺で食感もぶりぶりで申し分ない。
むぎう - 13むぎう - 14
すごく大きめの豚チャーシューが折りたたまれるように入れてありよく見ると低温調理してあるのか生みたいな鮮やかな赤色だ。
むぎう - 16むぎう - 18
ここまで赤いのは過去に見たことがない程でやや心配になりながらも食べてみるとほとんど高級生ハムのようで見事なものだ。
むぎう - 15むぎう - 19
一方の鶏チャーシューは最初からしっかりと火が入っていて豚のチャーシューとは対照的だ。
むぎう - 17むぎう - 25
ぶっといメンマは予想通りのゴリゴリの歯ごたえに旨みもギッチリで相当の拘りが感じられる。
むぎう - 20むぎう - 12
スープは基本的に醤油なのだが鶏と豚のダブルスープで無化調なのかやや焦点がボヤケた感じがあってそれをナントコショウがグッと引き締めるという変わった構成になっている。
むぎう - 22むぎう - 21
こうなると煮玉子にも期待してしまうのだがこれがフツーに煮玉子だったにが逆にインパクトが有った(笑)
むぎ - 4
ただ時間が経つごとにこのように豚チャーシューにスープの熱が伝わって食感や味が変化していく工夫は食べ飽きない配慮なら脱帽だ。
むぎう - 24むぎう - 23
無化調スープ特有の前半は物足りないが後半食べ飽きないとい特性をいかんなく発揮しておりこの無我夢中で食べている自分にハッと気がつく瞬間があったほどだ。
むぎう - 11むぎう - 26
しかし幹線道路から裏に入っており目立たない場所にありながらこれだけ支持されている理由がよくわかったが最後まで気持ちの良い接客も非常に好印象で世の中には凄いラーメン屋があるものだと再確認させられた麦右衛門だった。

台湾料理 あじ仙(倉敷市)台湾ラーメン

あじ - 1
倉敷市の三井アウトレットモールの近くにある台湾料理あじ仙
公式サイトによると「堂々人気第1位は「あじ仙と言えば台湾ラーメン」というぐらい有名な台湾ラーメン。」とあってこれがここの看板メニューだとわかる。
あじせ - 1あじせ - 3
それにしても立派な店舗だ。
大きな駐車場にまだ新しいのか広くゆっくりとできる店内はどうみても家族連れをメインターゲットにしているのは明白だ。
あじせ - 2あじせ - 5
メニューはけっこう幅広く台湾料理というより台湾ラーメンメインの中華料理屋と考えたほうが良さそうだ。
あじせ - 4
当然ながら台湾ラーメンをお願いしたのだがそもそも台湾ラーメンって・・・
「1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店『味仙』(みせん)の台湾人店主の郭明優が、台南名物の担仔麺を元に賄い料理として作ったのが起源とされる。名古屋人の好みに合わせて味付けを辛くしたもので、台湾人店主が考案したため『台湾ラーメン』と名付けられた。本場台湾では四川風などの辛い麺料理はあるが、同一の激辛ラーメンは存在しない(「スパゲティ・ナポリタン」や「アメリカン・コーヒー」がないのと同じ)。」wiki引用
いわゆる名古屋メシであって台湾料理でもなんでもないんだけどなあ(笑)
店名を『味仙』(みせん)とせずにあじ仙としたのはいろいろ大人の事情がありそうだ。
あじ - 2
そんなことより5分位してやってきたよ!あじ仙の台湾ラーメン530円。
注文時に「普通」「中辛」「激辛」から選択するように言われたのでなんとなく中辛をお願いした。
あじ - 3
麺は黄色が強いやや縮れたタイプでこの手の中華料理店でよくでてくる始めっからコシがない粉っぽいアレ。
一部に丼の中でくっついてしまったままの麺もあったりして、なんとなく予想できた成り行きにどことなく納得してしまった。
あじせ - 7あじせ - 6
トッピングはニラともやし、それと赤唐辛子でいかにも台湾ラーメンといった使われ方は嬉しい。
あじせ - 9あじせ - 10
鶏ベースと思われるスープは醬油が控えめで見た目ほどの塩辛さはなく赤唐辛子も4本もぶちこまれていたがそれほどの辛さを感じる程でもない。
一般的な辛さ基準であれがこの中辛がもっとも適しているんじゃないかな。
あじ - 4
面白いのはこの手のラーメンの泣き所である肉そぼろの沈殿なのだがなのか何らかの工夫があるのかスープ底を拾ってみてもほとんどそれがない。
要は麺の上にちゃんと肉そぼろが浮いたように置かているので常に肉そぼろの味を感じながら麺を食べるってことになるのだった。
あじせ - 8あじせ - 11
だから印象としてはこのぼそぼそ粉っぽいイマイチ麺をしても辛い肉ラーメンとして認知されるので結果として「旨い」となるのはよくわかる。
麺なのか肉そぼろなのかどっちがそうさせているのか最後までわからかったがこれなら担担麺でも同じことがデキそうで実際それも食べてみたい。
とにかく狐につままれたような気持ちで店を出た台湾料理あじ仙だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ