柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/その他の地域

りょう二郎(大竹市)背脂とんこつ醤油ラーメン白

りょ - 1
大竹市の国道2合園沿いに新しくオープンしたりょう二郎
最近広島でもじわじわその勢力を拡大しているいわゆる二郎系ラーメンのお店と考えて良いだろう。
りょう - 1りょう - 2
そう言えばここはとあるラーメンチェーン店のテナントだったはずなのでそのまま居抜きで入ったのかもしれない。
りょう - 3りょう - 4
チェーン店だっただけあって大通りからよく目立っているし駐車場もけっこう確保してあるのでアクセスしやすかろう。
りょう - 6りょう - 7
入って目の前に立ちはだかるのは自動券売機。
メニューは基本的二郎系の「白」たるスタンダードな背脂とんこつ醤油ラーメン、「黒」の黒マー油入り、「赤」の唐辛子入り、これにつけ麺、まぜ麺となっているうようだ。
りょう - 21りょう - 8
チケットを持ってカウンターに座ってから店員がチケット回収しに来てラーメンの細かい設定を伝えるシステムだ。
通常、脂、辛め(醤油)、ニンニク、野菜を増すスタイルが多いと思うがここは野菜増しは100円、そのかわり脂とニンニクとナント麺大盛りが無料という変則のマシマシとなっている。
初めてだったし全部食べられるかどうかわからんかったので自分は脂、ニンニクだけ増し、麺と野菜はデフォルトでお願いした。
りょ - 2
太麺だから少し時間がかかるようでちょっと待ってからキタヨ!りょう二郎の背脂とんこつ醤油ラーメン白850円。
りょう - 9りょう - 10
しかし迫力満点のルックス!!特にトップに恐ろしいほど乗っかっているニンニクに圧倒される。
チャーシューは半分に切ったようなのが2枚だ。
りょう - 12りょう - 14
どこから攻略するか悩むほどだがとりあえずはニンニクを全体にバラけさせて凄まじい量の野菜をかき分ける。
りょ - 3
するとそのずっと下の方からぶっとい麺がやっと顔を見せてくれる。
しっかりとコシがあって噛みごたえ満点のコシのある麺で嬉しくなってしまった。
りょ - 4
スープにもようやく対面できたのだが「とんこつ醤油」っていうだけあって醤油ラーメンのような色をしているが実際の食べた感じはコッテコテのとんこつスープと言った方が良くむしろその醤油っぽい色に驚いたほどだ。
りょう - 11りょう - 13
スープにもニンニクは初めから入っているようでこれに増したニンニクのダブル攻撃は、これで今日明日と誰にも会えんなと覚悟を強くした。
りょう - 15りょう - 18
とにかく麺と同量、もしくは野菜のほうが多いくらいで麺だけ食べるってことはほとんどなく、実際には麺と野菜いや野菜だけ食べてる感じの方が印象に残っている。
りょう - 16りょう - 17
それだけにチャーシューにパンチが乏しいのはやや残念で、このニンニク野菜とんこつラーメンの後半はややダレ気味になってきて少々飽きてくる。
りょう - 19りょう - 20
まあそれでもトンコツがしっかり効いているので難なく食べ進めることが出来るのだがここまでニンニク攻撃が多いとニンニクの辛味の角が立っているのが気になってしまった。
全体として見れば随分と真っ当な「二郎インスパイア」ラーメンであることは疑いようがなくこの手のパンチが効いたウルトラヘヴィニンニキーラーメンを求めるムキには歓迎されるだろう。
その代償として当日は無論のこと翌日まで家族から家の中の空気がまるごとニンニク臭だと迫害され続けたことを報告しておく(笑)

六盛(別府市)冷麺

ろく - 1
行列ができている別府の六盛
よく見ると手のべ冷麺専門店と書いてあるがラーメンもやっているようだ。
いつも行列ができるからか順番をノートに書くシステムなので並ばないで待てるので特にこんな暑い日には親切だ。
ろくせ - 1ろくせ - 2
30分くらい待ってから入店したが店内はそれほど広くない。
当然のように冷麺の並750円を注文。
ろく - 2
そしてやってきたのは六盛の冷麺!!
なるほど、これはいわゆる別府冷麺の文法に則っているルックスではあるわな。
ろく - 3
麺は云われなくてもそば粉が入っている色をモロにしている。
食べてみたがコシはそれほどでもないが表面が滑らかで旨い麺だ。
ろくせ - 3ろくせ - 7
牛肉のチャーシューは甘辛く味付けされていてなかなか面白いアクセントになっている。
ろく - 4
それとこの六盛のキャベツのキムチはかなり辛めでスープに混ぜると全体が赤くそしてけっこう辛くなる。
ろくせ - 6ろくせ - 8
なるほどこれはかなり旨いわ。
このキャベツキムチの辛さとそれそのものの食感がこの別府冷麺のキモなのかもしれないな〜。
ろくせ - 5ろくせ - 4
脂が全く浮かないスープはおそらく鶏ベースなのだろうが魚介もはっきりと感じられる。
ろくせ - 11ろくせ - 12
並盛りでも麺はかなり多めに入っているから大盛りを頼むときはソレ相当の覚悟が必要だろう。
それにしてもこの六盛の別府冷麺は元の冷麺の影がチラついくことでコンセプトがハッキリしているようで最後まで食べ飽きることがなかった。
なるほど別府冷麺もいろいろあるようだ。

台湾料理 あじ仙(倉敷市)台湾ラーメン

あじ - 1
倉敷市の三井アウトレットモールの近くにある台湾料理あじ仙
公式サイトによると「堂々人気第1位は「あじ仙と言えば台湾ラーメン」というぐらい有名な台湾ラーメン。」とあってこれがここの看板メニューだとわかる。
あじせ - 1あじせ - 3
それにしても立派な店舗だ。
大きな駐車場にまだ新しいのか広くゆっくりとできる店内はどうみても家族連れをメインターゲットにしているのは明白だ。
あじせ - 2あじせ - 5
メニューはけっこう幅広く台湾料理というより台湾ラーメンメインの中華料理屋と考えたほうが良さそうだ。
あじせ - 4
当然ながら台湾ラーメンをお願いしたのだがそもそも台湾ラーメンって・・・
「1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店『味仙』(みせん)の台湾人店主の郭明優が、台南名物の担仔麺を元に賄い料理として作ったのが起源とされる。名古屋人の好みに合わせて味付けを辛くしたもので、台湾人店主が考案したため『台湾ラーメン』と名付けられた。本場台湾では四川風などの辛い麺料理はあるが、同一の激辛ラーメンは存在しない(「スパゲティ・ナポリタン」や「アメリカン・コーヒー」がないのと同じ)。」wiki引用
いわゆる名古屋メシであって台湾料理でもなんでもないんだけどなあ(笑)
店名を『味仙』(みせん)とせずにあじ仙としたのはいろいろ大人の事情がありそうだ。
あじ - 2
そんなことより5分位してやってきたよ!あじ仙の台湾ラーメン530円。
注文時に「普通」「中辛」「激辛」から選択するように言われたのでなんとなく中辛をお願いした。
あじ - 3
麺は黄色が強いやや縮れたタイプでこの手の中華料理店でよくでてくる始めっからコシがない粉っぽいアレ。
一部に丼の中でくっついてしまったままの麺もあったりして、なんとなく予想できた成り行きにどことなく納得してしまった。
あじせ - 7あじせ - 6
トッピングはニラともやし、それと赤唐辛子でいかにも台湾ラーメンといった使われ方は嬉しい。
あじせ - 9あじせ - 10
鶏ベースと思われるスープは醬油が控えめで見た目ほどの塩辛さはなく赤唐辛子も4本もぶちこまれていたがそれほどの辛さを感じる程でもない。
一般的な辛さ基準であれがこの中辛がもっとも適しているんじゃないかな。
あじ - 4
面白いのはこの手のラーメンの泣き所である肉そぼろの沈殿なのだがなのか何らかの工夫があるのかスープ底を拾ってみてもほとんどそれがない。
要は麺の上にちゃんと肉そぼろが浮いたように置かているので常に肉そぼろの味を感じながら麺を食べるってことになるのだった。
あじせ - 8あじせ - 11
だから印象としてはこのぼそぼそ粉っぽいイマイチ麺をしても辛い肉ラーメンとして認知されるので結果として「旨い」となるのはよくわかる。
麺なのか肉そぼろなのかどっちがそうさせているのか最後までわからかったがこれなら担担麺でも同じことがデキそうで実際それも食べてみたい。
とにかく狐につままれたような気持ちで店を出た台湾料理あじ仙だった。

三洋軒(島根県益田市)博多ラーメン

よう4
益田市の大きなショッピングモールの前にある三洋軒
このテナントも長屋のようになっており店の前には広めの駐車場が完備されている。
ようさん03 ようさん02
ただ幹線道路からは奥まっているので分かりやすいとは言い難いが逆にこのテナントもショッピングモールに来たヒトからはよく見えるだろう。
ようさん04 ようさん05
そんな三洋軒だが入店してすぐに気づくのはその強烈なまでの獣臭だ。
まさに店内に充満しているのだが店内は広く奥に厨房があって左手には大きめの小上がりがあってまんなかにパーティション分けされた長いカウンター、右手奥には個室のようなスペースまであって多くの老客男女で賑わっているのだが皆さん平気なのかな?
ようさん13 ようさん01
あと大きな本棚に漫画本がズラリとあったのも印象的だった。
とにかく初めての店なのでセオリーに従ってメニュー筆頭の博多ラーメンを注文した。
スタッフは男性の大将を中心とした家族経営のようで年配の女性ともうひとり女性が配膳をやっていて厨房には大将の他に何人かいるようだがカウンターからはハッキリ確認できなかった。
よう1
ちょっと待ってから来たよ!!三洋軒の博多ラーメン550円。
中心に海苔が乗っている博多ラーメンってのも初めて見たが550円って値段は頑張っておられると感心する。
ようさんけ1
博多ラーメンと謳っている割には麺は極細ではなく一般的なストレートでなんだかやっぱり茹で過ぎの柔らか目。
これは完全にここらへんの地域性なのだろう。
ようさん10 ようさん09
550円なのでこんなゴッツいチャーシューが2枚も入っているコストパフォマンスは驚愕に値する。
ようさん11 ようさん07
やや硬い歯ごたえではあるが脂身の入ったコッテリ系でこれならチャーシュー麺はいかにも美味かろうと思ったがメニューをみるとこちらも700円となかなかオトクだ。
よう2
最初からゴマが多くかかっているラーメンであるが店内の獣臭を鑑みればとんこつらーめんであるコトは間違いないが実際のスープはそれほど白濁しておらずどっちかというと透明感が強い。
ようさん12 ようさんけん1
いわゆるナンチャッテ博多ラーメンではあるがこれはこれでなかなかまとまっていて悪くないどころかけっこうイケると思ったくらいだ。
ようさん14
メニューには麺類だけでも塩、味噌、チャンポン、魚介につけ麺と多種多様なバリエーションを展開し餃子やチャーハンなどを絡めているところを見るとラーメン屋というより本格とんこつスープベースの中華食堂のような雰囲気と活気があってなんだかちょっと羨ましくも感じてしまった三洋軒だった。

まるいちラーメン(島根県益田市)

まるい1
記号の◯一と書かれた看板が眩しいまるいちラーメン
島根県益田市の大きな通りに面しておりとってもわかりやすい。
まるいち01 まるいち02
店の前は比較的大きめの駐車場になっておりクルマで来ても大丈夫そうではあるがこの日も駐車場待ちのクルマがいたのでけっこうな人気店のようだ。
店の入口には「益田発超ド豚骨」と書かれておりココがトンコツラーメンの店であることが入店前からわかるしくみになっている。
まるいち03 まるいち04
メニュー筆頭は特濃ド豚骨ラーメンだったからコレにしようかと思ったらもう売り切れとのこと。
ついでに餃子も売り切れと云われてしまったので「定番!豚骨ラーメン」をお願いした。
卓上調味料はコショウと餃子のタレとラー油、すりおろしにんにくと紅しょうがで辛子高菜はない。
まるい2
そんなに混んではなかったが少し待ってから来たよ!まるいちラーメン。の定番!豚骨ラーメン600円。
デフォルトで多めのゴマがかかっているのが珍しいがこの時点ではっきりとした獣臭を感じる。
店内にはまったくそんな匂いはなかったからかなり気を使われているのだろう。
まるい4
博多風とんこつらーめんとまるで違うのが麺で一般的な太さのストレート。
特に聞かれなかったから茹で方の指定はしなかったが柔らかめになっているのはこの地方の好みかな??
まるいち06 まるいち07
トッピングは博多ラーメンのそれに習ってメンマにチャーシュー、キクラゲとネギとゴマだ。
そのチャーシューは小ぶりながら太めなのが一枚入っていて固いことは固いがなかなかサクサクしていて旨い。
まるい3
ツンと鼻腔を突く獣臭があるのは確かだかこれが適度に抑制されていると決して嫌な感じにならないのは以前から自分でも気づいていた。
ここのラーメンもその典型でこの香りは決して嫌な感じじゃない。
まるいち08 まるいち09
非常にホンモノ感があって分厚い旨味をしっかり持っていると手に取るようにそれがわかる。
いわゆる博多ラーメンというのとはちょっと違っていてこの店ならではの個性があるように思った。
まるいち05 まるいち10
実は益田の地ということであまり期待していなかったのだがこれはかなりの実力店とお見受けした。
しっかりとした基礎があってそこに敢えて個性を加えているのが凄い一杯だと思うので是非今度は看板メニューたる「特濃ド豚骨ラーメン」を食べに来てみんといけんのぅ〜。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ