柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市安佐南区

豚骨稲盛(安佐南区)濃厚豚骨拉麺

い - 4
豚骨稲盛
いな - 15いな - 1
ナビに連れて行ってもらったからここがどこなのかわからんが酒のやまやせせらぎ店の裏手になるのかな。
いな - 2いな - 3
駐車場があるがここがいっぱいなら第2駐車場もあるようだ。
いな - 4いな - 5
入店すると待ってくれているのは自動券売機。
メニューは基本的にとんこつラーメン、つけ麺、油そばようだがお初なので一番ベーシックなとんこつ拉麺にすることにした。
い - 1
麺の硬さは普通でお願いしてキタヨ!!豚骨稲盛の濃厚豚骨拉麺750円。
なるほどこれは九州系のとんこつらーめんなのかな。
い - 2
麺は博多の極細タイプではなく通常の中太ストレート麺。
いな - 7いな - 8
スープは確かに乳化が顕著で非常にコクのあるトンコツだが臭みはまったくなくクリーミーでよく出来ている。
キクラゲも九州系によくあるトッピングでマッチングもなかなかだ。
い - 3
チャーシューはこの手のとんこつらーめんによくあるタンパクでパサパサなのだがまあこれも想定内ではある。
いな - 6いな - 10
濃厚さは良いのだがちょっと飽きてきたのでここでテーブルに置いてあった辛子高菜と思われるのを入れてみることにした。
いな - 9いな - 11
実際にぶっ込んでみると辛子高菜ではなく辛子もやしのようでこれはこれで問題ないのだが相当に辛い。
気をつけないと激辛ラーメンに変身してしまう可能性すらある。
いな - 12いな - 13
ただここのとんこつらーめんはこの辛いやつとのコンビネーションが良いようで個人的にはこっちのほうが好みだ。
いな - 14
スープも一気にバランスが良くなったようにも感じられついつい完食してしまうところだった。
新規開店のお店のようでスタッフの対応がなんとなく固く感じられたがそれでも接客は悪くない。
最後は大将がわざわざ出てきてくださって、「ありがとうございました」の声に見送られたのは悪い気はしないがどことなくマニュアル通りのラーメンやら内外装を見るにつけ、どっかの資本系のチェーン店なのかと思ったがどうやら違うのかな?(調べたらやっぱりそうだった・・・)
まあこれからの展開に期待してみたくなる豚骨稲盛だった。

油そば専門店 背脂体験セアブラエクスペリエンス(安佐南区)爆盛脂脂麺

じょ - 1
油そば専門店 背脂体験セアブラエクスペリエンス
じょじょ - 1じょじょ - 9
以前は爆食ドラララと名乗っておられたスター&プラチナの夜時間営業時の屋号が油そば専門店 背脂体験に改められた。
じょじょ - 2じょじょ - 4
二郎系のガッツリラーメンが売りだった爆食ドラララからメニューも変更になって油そばがメインになったようだ。
じょじょ - 7じょじょ - 8
しかし今回初めてトイレを借りたがその中まで念入りにジョジョの世界にしてあるのには完全に参った(笑)
じょじょ - 3じょじょ - 5
今回の狙いは勿論、今回のリニューアルの目玉であろう「爆盛脂脂麺」だ。
じょじょ - 10じょじょ - 6
要は二郎系油そばとも言える麺400グラム!脂ギトギト、味濃いめ、麺ゴワゴワの超ガツ盛り醤油味の背脂の世界が待っているそうだ。
「デフォルトで麺特盛、脂オラオラなので増量・減量できません」のクレジットが凄みを放っている(笑)
じょ - 2
さて少し待たされてキタヨ!油そば専門店 背脂体験の爆盛脂脂麺(にんにくあり)880円!!
この時点で全部食べられる不安が脳裏をよぎった。
じょじょ - 12じょじょ - 11
麺は棒で潰しておられたので予感はあったがしっかり縮れがある極太タイプ。
これに好みでパルメザンチーズとタバスコをかけてくださいと説明があったがとりあえずこのままで食べていくことにした。
じょ - 3
麺ゴワゴワの言葉に一切の偽りはなく本当にごわつきが凄くてこれでもう圧倒されてしまった。
じょじょ - 13じょじょ - 14
タレはどうなっとるんかと思って麺をめくってみると丼の半分くらい入った脂が見えてきた。
これって脂に麺が浸かっているような構造になっているようだ。
じょ - 4
チャーシューは冷たいのが上に乗っているので熱い脂に浸して温めないといかん。
要はしっかり混ぜて食べないといかんようだ。
じょじょ - 15じょじょ - 17
デフォルトで煮玉子が入っていてこれを食べるとお腹にドーンと来たので後半になって食べきれない予感がひしひしと湧いてくる。
じょじょ - 18じょじょ - 16
同行した息子は同じメニューをペロッと食べきっていたので申し分けないがここで麺を150グラム程度引き取ってもらった。
そして残った麺にタバスコをダダっとかけて食べてみたがまあ脂っこいことに変化はなくそれほど味変するとは思わなかった。
じょじょ - 19じょじょ - 20
最後の方になるとこんな感じに脂が見えてくるのでこの量と脂っこさに必死になって食べることになる。
息子に助けられてどうにか麺を食べたがもうエエ歳こいて400グラムなんて無謀なことは金輪際やめようと心に誓ったのだった。
だけどこの手のガッツリ系は今や人気のラーメンジャンルでもあるので食べ切れるヒトにとってこの上ない逸品になるのだろう。
しかしここの大将はアグレッシブにいろんなメニューにチャレンジしているのでこれからの展開にも期待が膨らんでしまう。

ラーメン食堂(安佐南区)鶏醤油ラーメン

しょ - 1
ラーメン食堂
しょく - 3しょく - 4
わかりやすい立地に加えて店舗横にやや狭いながらも2台分の駐車場がある。
しょく - 1しょく - 5
トンコツと鶏の2本立てスープにそれぞれ醤油、塩、味噌とあるようだ。
しょ - 2
鶏醤油ラーメン600円。
透き通ったスープはいわゆる東京風の醤油ラーメンのように見える。
しょ - 4
麺はなんだか懐かしい少し細めのストレート。
コシもしっかりあってジャストな茹で加減に単なるシンプル中華そばではないことが伺える。
しょく - 6しょく - 7
スープは脂がそれほどたくさん浮かないアッサリ系ではあるが醤油の甘辛さがしっかりと立っていて、尾道ラーメンとも違うニュアンスだ。
しょ - 3
逆にコッテリしたチャーシューにしっかりとした長さがある穂先メンマ。
これらのトッピングもハイレベルだ。
しょく - 8しょく - 9
個人的にこのモヤシはやっぱりイマイチマッチしていないようにも感じるがこのへんは好みの問題なのだろう。
しょく - 10しょく - 11
最後までコシのある麺をあっさりスープで一気に食べさせてくれるこの鶏醤油ラーメンが600円というのはどう考えても安い。
息子はトンコツ醤油ラーメンを食べていたが明らかにこちらの方がパンチがあってインパクトある。
バリエーション的にもなかなか面白いお店だと思ったラーメン食堂だった。

こちら安佐南区ラブゴルフ前塩拉麺屋(安佐南区)天下一塩拉麺

し - 1
こちら安佐南区ラブゴルフ前塩拉麺屋
公式サイトによるとこちら安佐南区ラブゴルフ前拉麺屋からこちら安佐南区ラブゴルフ前塩拉麺屋に屋号を変更されたそうな。
しお - 2しお - 1
それに伴ってメニューも変更があるようだ。
しお - 3しお - 4
最大のトピックは二郎系ラーメンの追加で天下一塩拉麺と天下一塩拉麺GTとここのお店らしい命名がされている。
しお - 5しお - 6
アッサリ塩ラーメンが「アゴアゴの塩拉麺」こってりが「背脂塩豚骨拉麺オリジン」そして夏限定の「アゴアゴのつけ麺」といったラインナップになったようだ。
しお - 7しお - 8
この日は息子が同行してくれたのだがこれまでの漬け物に加えてニンニクも好きなように追加できるようになったようだ。
し - 2
さて太麺だからか少し待たされてからキタヨ!!こちら安佐南区ラブゴルフ前塩拉麺屋の天下一塩拉麺800円(背脂多めニンニク入り)。
しお - 9しお - 10
青のりとエビの緑と赤が目を引くがてっぺんにはニンニクがどっさりと乗っかっていたので自分は追加のニンニクは使わなかった。
し - 3
つけ麺用のようにぶっとい麺は箸で引っ張り出さないと対面できない。
しお - 12しお - 11
ラーメンの上部を覆っているのは麺と同じくらいの太さがあるモヤシでこれにスープを浸してからわしわしと食べ始める。
しお - 13しお - 14
これまで体験した二郎系には魚介が入っているものは皆無だっただけにここの天下一塩拉麺は個性的に映る。
し - 4
それとこの多めにしたとは言えスープ全面に1センチくらいの分厚い油膜が張っていて湯気すら立たないのにはちょっと驚いた。
しお - 15しお - 16
要は非常にオイリーなのだが大量にぶっこまれたモヤシがそれを一気に中和させて油っこっさを相殺させているかのようだ。
しお - 17しお - 18
チャーシューもコッテリしていてよくもまあここまでと思われるほど二郎系している。
二郎系ラーメンというのはこういうものだからこの手が好きな人には大いに支持されるんじゃないか。
そんな天下一塩拉麺だがここのお店ならではのオリジナリティもしっかりあって個人的には大いに評価できると感じた。
他のお客は天下一塩拉麺GT980円を注文していたがこちらは天下一塩拉麺に味玉・ネギ・メンマが追加されているようなのでこれに野菜大盛り100円、麺大盛り100円をプラスすればとんでもない事になりそうなのは容易に想像がつく。
気合を入れて今度は自爆覚悟でこれにチャレンジしてみるか(笑)

本格豚骨ラーメン 恵壱(安佐南区)冷やしとんこつ

け - 1
本格豚骨ラーメン 恵壱
公式サイトで新メニューの冷やしとんこつをやると告知されていたのでそれ狙いでやってきた。
けい - 1けい - 2
並と大盛りの値段が同じということなのでそこは迷わず大盛りをお願いした。
つけ麺だからラーメンより少し待たされてキタヨ!本格豚骨ラーメン 恵壱の冷やしとんこつ850円。
け - 2
け - 3
どことなく広島激辛つけ麺を連想させる盛りっぷりとキンキンに冷えたつけダレが提供された。
け - 4
麺はナント、広島では珍しいビロビロ食感の平打ち麺!!
これを冷たいとんこつダレに浸して食べるというのはあまり経験がない。
けい - 3けい - 4
本当にキンキンに冷やしてある割には脂がダマになっていないのはどういうカラクリがあるのか知る由もないがこの感じはどことなく牛乳系冷やしパスタのソースのようだ。
けい - 5けい - 6
好みで辛くしてくださいと、置いて行かれた辛味調味料。
せっかくだからどんな風に変化するのか試してみる事にした。
けい - 7けい - 8
これでますます広島激辛つけ麺の雰囲気が漂い始めるワケだがとんこつとイタリアンと広島つけ麺のテイストが同居しているようで面白い味わいになってくる。
けい - 9けい - 10
チャーシューは広島激辛つけ麺のようなパッサパサなタイプではなくしっとりしたラーメンと共通なのだがつけ麺でもこっちのほうが好みだ。
そして後半にかけて更なる辛味を求めてこの辛味調味料をプラスしたが心配しなくてもそれほどは激辛に変身しない。
けい - 11けい - 12
この味変は食べ飽きるのを防止する効果があるようでガンガン食べてしまったのだが不思議とつけダレが心地よくてこっちも麺と同様になくなってきた。
けい - 13
気がついたらスープ割りもすることなく全部完食!!
個人的にはごく一般的な冷やし中華やつけ麺でお茶を濁すというのと真逆なチャレンジ精神も素晴らしいと思うし、これほどインパクトある個性的な冷たいつけ麺は高く評価したい。
このお店のこれからの展開がますます楽しみになってしまった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ