柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市安佐南区

市川商店(安佐南区西原)はまぐりの柚子醤油らぁ麺

いち - 1
国道183号線から少しだけ入った場所にある市川商店
比較的大きなパチンコ店の反対側だからわかりやすいだろう。
いちか - 12いちか - 1
店舗横にはわかりやすい駐車場が3台完備されている。
店内は若い大将と女性スタッフの2人体制で一人だった自分はカウンターに通された。
実は半年前にもこの店を訪れており、その時とはメニューが変わっているようだ。
いちか - 2いちか - 3
「廣島醤油豚骨らぁ麺」と「魚介と豚骨の濃厚ダブルスープらぁ麺」というラインナップでちょっと中途半端な印象を受けたのを覚えている。
それが今回は「はまぐりの柚子醤油らぁ麺」と「魚介と豚骨らぁ麺」、そして「辛味噌らぁ麺」という3本立てになりいわゆる広島ラーメンからの決別を図ったようだ。
いち - 2
ちょっと待ってからキタヨ!市川商店のはまぐりの柚子醤油らぁ麺(平日ランチタイム特典の麺大盛り)850円。
なるほどこれはさすがにはまぐりのルックスインパクトはバツグンだ。
いち - 3
ザックリとした歯ざわりでしっかりコシある麺は以前とは変わっていないのかな?
いちか - 5いちか - 8
トッピングとして大いに目を引くハマグリも食べてみるとスープに全て旨味を出し切っているようでハッキリ言ってダシの抜け殻状態なので余計にスープへの期待が高まる。
いちか - 4いちか - 10
スープは若干のラフな部分はあるのだが、実際以前の広島ラーメンとは比較にならないほどの洗練度とオリジナリティが発揮されているとマジ感心してしまった。
いち - 4
チャーシューは脂身のないパサパサタイプが2枚気前よく入れてあってこれもこのはまぐりダシラーメンによくあっている。
いちか - 6いちか - 7
三つ葉、メンマ、白髪葱や青ネギとなかなか野菜系トッピングも豪華だがモヤシは今ひとつマッチングがイマイチに感じた。
いちか - 9いちか - 11
おそらくはトンコツと鶏スープにはまぐりダシを合わせているのだろうが最近流行りの貝出汁ラーメンをよく反芻して自分のモノにされているは凄いと素直に感心した。
やや残念だったのは「はまぐりの柚子醤油らぁ麺」と銘打っているのに柚子の存在感が希薄っていうかほとんどなかったのだがココらへんにもう一捻りが欲しいような気もする。
スパッと広島ラーメンを捨てて魚介系に大きく舵を切った市川商店が楽しみな事は間違いない。

一休(安佐南区緑井)鶏塩ラーメン

いっ - 1
安佐南区の鶏そば専門店一休
表通りから一本入って入るがよく見える立地でわかりやすい。
いっき - 1いっき - 2
オマケに広い駐車場完備でまるで資本系ラーメン店のようだ。
実際、ここはちょっと前まで「包」という中華ファミリーレストランだったようで、それとこの一休との関連性は知る由もない。
いっき - 3いっき - 4
鶏の清湯(細麺)と白湯(平打ち麺)がメインで、そして白湯に煮干しを加えた(中太麺)の3本柱につけ麺、担々麺というかなり広いバリエーションで勝負というからどことなく、資本系の香りは漂っている(笑)
いっき - 6いっき - 5
店内はかなり広く大将はおらずスタッフのほとんどが女性だ。
ホスピタリティは問題なくスムーズにカウンターに通された。
いっ - 2
ほどなくしてキタヨ!鶏そば専門店一休の鶏塩ラーメン680円。
非常に綺麗に透き通った清湯スープが印象的でシンプルな構成に好感が持てる。
いっ - 3
麺は博多ラーメンのように極細ではあるがしっかりとコシがあってコレにはちょっとオドロキだ。
スープの上品さを強調するにはこの手の麺に合わせるのがベストだろう。
いっき - 10いっき - 9
レモンはほとんど飾りで酸味は感じない。
魚介も入っているそうだが控えめで決してでしゃばることなく鶏の旨味をきちんとアシストしているかのようだ。
いっき - 8いっき - 11
チャーシューはうす〜〜いのが一枚入っててまあ完全に脇役といったところだがこのコンセプトならこれでも問題ない。
いっ - 4
トッピングではこの見たこともないくらいブッとくて大きなメンマにはぶっ飛んだ。
ほとんど旬のタケノコのような食感でこのラーメンの最大のハイライトとも言える。
いっき - 7いっき - 12
麺はこんなに細いのに最後までコシを失わないのにびっくりしたがそれを受け止めるスープが少々自分にはオイリーでアッサリスープなのに後半ちょっとしんどくなってしまった。
それぞれのデキは悪くないのにラーメンというのはつくづくバランスが大事なんだなと思い知らされる結果になってしまった一休だった。

麺屋 愛0028(安佐南区緑井)辛みそら〜麺

00 - 1
何年ぶりにかやってきた麺屋 愛0028
調べてみたら開店したばっかりだったから4年ぶりだがね!!
002 - 1002 - 4
すっかり人気店になっているようでこの日も開店前から行列ができていた。
以前は通常のら〜麺を食べたのだがどうも味噌系メニューが旨いと小耳に挟んだので確認しようと思ったのだった。
002 - 2002 - 3
メニューをよく見ると確かに赤味噌ラーメンとかあってどちらかと言えば名古屋系の雰囲気を醸し出している。
00 - 2
けっこう早くキタヨ!!麺屋 愛0028の辛味噌ら〜麺(野菜増し100円、ニンニクあり、背脂あり)800円。
これぞ二郎インスパイア!納得のド迫力だ。
002 - 5002 - 6
野菜タワーにニンニクと肉が乗っかってて麺にたどり着くのに一苦労するのは、この系統のラーメンのお約束。
002 - 9002 - 7
取り敢えずはこのもやしをなんとかせんことには始まらないのでスープに浸してはとにかくわしわし食べ進むのみ!
00 - 3
そうしてやっとこさ麺とご対面だ。
極太平打ち麺とでもいうべきか讃岐うどんのような歯ごたえの麺にやっぱりこうじゃないとね!とニンマリしてしまう。
002 - 8002 - 10
味噌ベースのスープは自家製ラー油が入っているとはいえ辛さはほんの少し程度で、個人的にはもう少し刺激が欲しいくらい。
002 - 11002 - 12
この辺まで食べ進むと丼からはみ出していた部分がなくなるのでちょうど普通のラーメンのように全体が見渡せるようになってくる。
00 - 4
担々麺と同様のそぼろ肉はどうしてもスープの底に沈んでしまうのでこうしてレンゲですくって食べないといかんのはちょっと面倒だ。
002 - 13002 - 14
だけど確かに以前食べた醬油ベースより味噌スープの方が全体のまとまりが良いし逆にこれだけ個性的で旨い味噌ラーメンというのも他になかなか思い浮かばない。
002 - 15002 - 16
このジャンルだったら個人的には中広のJIDAIの方が完成度は高い気がするけど味噌ラーメンとして見た場合、麺屋 愛0028の二郎風味噌ラーメンは自分の中でかなり上位になってきてしまう。
002 - 17
なんだかんだいいつつスープまで完食。
味噌に全部塗りつぶされてしまう印象が強い味噌ラーメンが多いがさすがにこれだけの野菜とニンニクの力を借りるとその強烈な味噌の個性に対抗できると言うことがわかっただけでも大きな収穫だった。

麺家 市川商店(安佐南区西原)廣島醤油豚骨らぁ麺

いち - 1
安佐南区西原の麺家 西原商店
比較的交通量の多い道路に面しており分かりやすい立地と言える。
いちか - 1いちか - 13
店舗のヨコ3台がこのお店の専用駐車場になっておりアクセスは簡単だ。
いちか - 2いちか - 4
お店の外からもメニューがわかるようになっていて「店主コダワリのコクと旨味をご賞味くださいませ。」とあって「廣島醤油豚骨らぁ麺」と「魚介と豚骨の濃厚ダブルスープらぁ麺」の2本立てのようだ。
いちか - 3
店内にはいると出迎えてくれたのは女性で厨房には大将とおぼしき男性がおられる2人体制。
カウンターとテーブルがあるのだがこの日はよっしーと二人だったのでテーブルに通された。
いち - 2
ほどなくしてやってキタヨ!麺家 市川商店の廣島醤油豚骨らぁ麺680円。
なるほど、確かに典型的な広島ラーメンのルックスではあるわな。
いち - 3
やや細めのストレート麺はコシがあって広島ラーメンの文法に忠実に則っているのだろう。
いち - 4
チャーシューはバラの脂ギッシュなタイプできちんと炙ってあるので香ばしさが半端ない。
このチャーシューはパンチがあってかなり好みだ。
いちか - 6いちか - 10
メンマもごっついのが惜しみなく投入されておりトッピングのレベルはかなりのもんだ。
いちか - 11いちか - 12
これら強力なトッピング陣に対してスープの香ばしさがもう一つ足りないようで結果的にやや力負けしているような印象を受ける。
いちか - 5いちか - 9
よっしーが注文した魚介と豚骨の濃厚ダブルスープらぁ麺780円。
ハマグリにトッピングなんて聞いてないよ〜〜!と言いたくなってしまうルックスだが廣島醤油豚骨らぁ麺との値段差100円を考えればこれくらいのインパクトは必要かもしれない。
いちか - 7いちか - 8
それと廣島醤油豚骨らぁ麺とは麺が違いやや太めになっていてカツオがメインと思われる濃厚な魚介スープに対抗していると思われる。
ちょっと食べたがこちらも廣島醤油豚骨らぁ麺同様にスープに力強さが弱いような気がしないでもない。
まああくまでも好みの問題なのだがもう少し市川商店ならではの個性が欲しい気もする。
まだ新しいお店のようなのでこれからに期待したい。

油そば みや寺(安佐南区祇園)油そば

みや - 1
またしても来てしまったよ油そば みや寺
お店の公式サイトを見ると「みやでら」ではなく「みやじ」と読むのが正しいようだ。
どうやらここの油そばの魔力にすっかり取り憑かれてしまったようだ(笑)
みやじ - 1みやじ - 2
今回で3度目の訪麺なのだがやっと油そばの食べる流儀がわかってきたので今回こそはバシッとキメたいと思って意気込んでやってきた。
みやじ - 5みやじ - 6
油そばが健康に良いと書いてあるのだがコトの真偽はわからんが自分にとってはそんなことはどうでも良い。
さっそく店内に入ると自動券売機でチケット購入。
みやじ - 3みやじ - 4
前回前々回の経験を踏まえて今回はこの自家製唐辛子を最初からドカンと投入する覚悟だ。
みや - 2
油そば麺140グラムの並650円。
満を持して自家製お酢とラー油をこれでもかと言わんがばかりに5回転づつくらいぶっかけ、そして自家製唐辛子を付属のスプーン山盛り2杯ほどぶちこんでやったがな。
みや - 3
これを箸でぐるぐるぐるぐるひたすら混ぜ合わせる。
しかし今回はお酢もラー油も大量だから凄い照りしてる。
みや - 4
最初は底にこんな感じで余っていたのだが次第に麺に吸収されてええ感じになってきた。
みやじ - 7みやじ - 8
チャーシューとメンマはいわゆる普通のラーメンに準じておりどちらも代わり映えするものではないがスープを飲むという所作が省かれるので箸休め的な存在としては意味があるのだろう。
みやじ - 9みやじ - 10
自家製唐辛子は期待通り辛いだけじゃなく味噌や香辛料も入っているようでこの油そばの味を一層複雑にする役割も担っておりこりゃ外すわけにはいかんな。
今回の思い切って最初に全部大盛り投入する作戦は見事に当たりでメニューに書いてある「3度目にはハマる」というのはこういうことかと実感したし、自分なりの油そばを発見したという達成感まで満喫できた油そば みや寺だった。
オススメす
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ