柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/広島市安佐南区

塩ラーメン スター&プラチナ(安佐南区)淡麗塩ラーメン「白金プラチナ」

す - 1
パチンコ屋さんの駐車場の中にある塩ラーメン スター&プラチナ
ここは以前にグレートな冷やし中華なるものを食べたことがあるのだがベースの塩ラーメンを食べてないのでコレ狙いでやってきた。
すた - 1すた - 2
このお店が面白いのは昼と夜に店名を変えて違う種類のラーメンを出すといういわゆる二毛営業をしていること。
すた - 3すた - 6
昼は2種類の塩ラーメンと油そばを、夜はいわゆる二郎系と呼ばれるガッツリラーメンとなっていてこれは面白い考え方ではあるし興味もある。
すた - 16すた - 4
それともう一つ、ジョジョの奇妙な冒険の世界観が反映された店内の雰囲気も特徴なのだろうが自分にはナンノコッチャさっぱりわからん(笑)
すた - 7すた - 5
このお店の昼のメニュー展開はコッテリの「星スター」とあっさりの「白金プラチナ」ということなので今回は「あっさり正統派な塩ラーメン」と銘打たれた白金プラチナにすることにした。
す - 2
「鶏節、魚介節の旨みを凝縮したスープに香り豊かなキノコ香味油を浮かべました。」と説明されている白金プラチナラーメン680円。
す - 3
麺はやや細めのストレートでどちらかと言えば柔らかめに茹でられている。
すた - 10すた - 13
アラレのせいなのかキノコの香味油のおかげなのかわからんがまるで甲殻類を潰していれてあるんじゃないかと思わせるような独特なコクがこのスープの特徴なのかこれは面白い。
すた - 8すた - 9
ほうれん草に穂先メンマとなかなか凝ったトッピング。
すた - 11すた - 12
どちらもその個性をよく発揮していてなかなかこれは後半にかけても楽しめる構成ではある。
す - 4
デカくてぶっといチャーシューが気前よく2枚入れてあってこれが柔らかくてホロホロ。
すた - 14すた - 15
よく計算されて非常によくできた塩ラーメンだとは思うが全体的な印象としてはいつかどこかで出会った事があるパーツの寄せ集感があって、どうしてもこのお店でなければいかんといった「引き」が弱い。
これだけハイレベルなラーメンが出来るのならも少しオリジナリティというかジョジョの奇妙な冒険のように中毒性を伴ったような個性が欲しい気もする。

麺や はやぶさ(安佐南区)野菜らーめん

は - 1
麺や はやぶさ
店舗の横に駐車場があるのだがこれが訪れる方向によっては非常にわかりにくいしオマケに店舗前の道が狭い上に交通量がけっこうあるという運転下手っぴの自分には辛い条件。
はや - 1はや - 2
とんこつ醤油ラーメンと汁なし担々麺がメインなのかな?
はや - 4はや - 3
ランチの汁なし担々麺セットが600円と単品の汁なし担々麺と同金額ってことはご飯はタダ!ってことだな。
実際これを注文している人が多かった。
はや - 5はや - 6
店内はゆったりしていて広くご夫婦で切り盛りされているのか女性が接客してくれた。
自分の座ったカウンターの目の前には「スズキGSX1300R隼」が置いてあり少し離れたトコには「人工衛星はやぶさ」があったりしてなかなか面白い(笑)
はや - 8はや - 7
ウーロン茶と水が選択できるというオドロキの初体験をした直後、噂の野菜らーめんを注文したのだった。
は - 2
少し待ってからキタヨ!麺や はやぶさの野菜らーめん(野菜約200グラム)750円。
これの更なる野菜バージョンたる野菜たっぷりらーめん(野菜400グラム)が780円と迷ったが最初なので無難な方を選んでしまった。
はや - 11はや - 19
これに「らーめんたれ」がついてくるのだが野菜に少しだけかけるのだそうな。
はや - 12はや - 13
それってちょっと違うんじゃないかとも思ったが、言われた通りに少しだけかけた。
それにしてもいわゆる二郎系のルックスはやはり独特の迫力がある。
は - 3
コンモリと盛り上がった野菜をかきわけてやっとこさ出会えた麺。
もっと太いのが出てくると予想したが普通のストレートでやや拍子抜け。
はや - 14はや - 15
それにドカンと目立つ太いチャーシューにゆで卵の半分がちょこんと乗っかったトッピングもどことなく違和感を感じる。
はや - 16はや - 17
ラーメンダレのかかった野菜は新鮮でワシワシと食べるのが歯ごたえがあってなかなか楽しい。
は - 4
その大量の野菜に対してスープが完全に負けていて存在感が希薄なのは残念だ。
はや - 20はや - 22
仕方がないので卓上にあった辛味高菜を放り込んでみたがこの高菜の辛さが足らず、大量投下せざるを得なくなった。
はや - 21はや - 23
チャーシューは見た目通りにコッテリ旨いのだがこれで更にスープの弱さが強調されてしまっている。
はや - 18はや - 24
ここに至って調子に乗って野菜たっぷりらーめんにしなくて良かったと胸をなでおろしたが、スープにパンチをもう少し付与してくれないと野菜らーめんというより味付け野菜を食ったような気にしかならなかった麺や はやぶさの野菜らーめんだった。

りょう二郎 川内店(安佐南区川内)赤りょう二郎ラーメン

りょ - 1
りょう二郎 川内店
ここは何のテナントだったんかわからんがかなりデカく駐車場もかなり広い。
りょう - 1りょう - 2
駐車場からメニューがわかるようになってて基本的に「白」「黒」「赤」「ネギ」の4本柱だ。
りょう - 3りょう - 4
しかしりょう二郎という店名から完全にその系統のドカモリガッツリラーメン屋であることはよくわかる。
大盛りラーメンの3倍のチャレンジメニューを時間無制限で食べ切れたら無料、ダメなら2500円という恐怖の企画をやってるようだがまだ達成者はおらんようだ(笑)
りょう - 5りょう - 6
先日お邪魔した大竹市のりょう二郎の支店。
店内のメニューをよく見るとつけ麺とまぜそばもある。
店内はかなり広く壁沿いに長いカウンターがありそこに案内された。
りょ - 2
今回注文したの赤りょう二郎ラーメン、ニンニク増し890円。
野菜増し有料、麺増し無料というちょっと変則なのだが今回はどちらも止めておいた。
りょ - 3
しかしこうして横から見るとその盛りっぷりの良さがよくわかる。
唐辛子がバンバンかかってていかにも辛そうだ。
りょ - 4
「増し」仕様のニンニクだがこの上の「増し増し」もあってこれも無料なのは嬉しい。
脂増しも同様。
りょ - 5
これだけトッピングされてても麺までもアクセスは簡単だがゴッツい太麺はこの手のドカ盛りラーメンには必須だし実際良く似合う(笑)
りょう - 7りょう - 8
おそらくは「白」がベースであろう豚骨スープは「増し」指定しなくてもかなりの脂がデフォルトで浮きそれに唐辛子とラー油が入っててええ色しとるがね。
りょう - 9りょう - 10
キャベツやモヤシの定番野菜をもしゃもしゃ食べるのたが、スープの塩分や脂は別としても野菜を沢山食べられるラーメンでもあるのでまんざら不健康という事もないんぢゃなかろうか?
りょう - 11りょう - 12
かなり食べ終えてフツーのラーメンみたいになってきたが、太い麺がモヤシとちょうど同じくらいのサイズで一緒に食べるのに都合が良いことに気がついた。
りょう - 13りょう - 14
チャーシューもアブラギッシュなコッテリタイプが2枚入ってて更なるジャンク感を掻立てる。
りょう - 15りょう - 16
麺は大盛りをデフォルトと設定しているのか麺が先になくなって野菜とスープとチャーシューを食べるようになってしまった(汗)
りょう - 17りょう - 18
若干食べ飽きてくるが辛いスープの刺激で一気に食べ進めるが、はっきり言ってもう汗だくだ(笑)
りょう - 19
意外と簡単に完食。
これは次回は麺大盛りにした方がよさそうだ。
隣の人がどデカイマリモみたいなネギりょう二郎ラーメン食べてたのが気になって仕方なかった。

市川商店(安佐南区西原)はまぐりの柚子醤油らぁ麺

いち - 1
国道183号線から少しだけ入った場所にある市川商店
比較的大きなパチンコ店の反対側だからわかりやすいだろう。
いちか - 12いちか - 1
店舗横にはわかりやすい駐車場が3台完備されている。
店内は若い大将と女性スタッフの2人体制で一人だった自分はカウンターに通された。
実は半年前にもこの店を訪れており、その時とはメニューが変わっているようだ。
いちか - 2いちか - 3
「廣島醤油豚骨らぁ麺」と「魚介と豚骨の濃厚ダブルスープらぁ麺」というラインナップでちょっと中途半端な印象を受けたのを覚えている。
それが今回は「はまぐりの柚子醤油らぁ麺」と「魚介と豚骨らぁ麺」、そして「辛味噌らぁ麺」という3本立てになりいわゆる広島ラーメンからの決別を図ったようだ。
いち - 2
ちょっと待ってからキタヨ!市川商店のはまぐりの柚子醤油らぁ麺(平日ランチタイム特典の麺大盛り)850円。
なるほどこれはさすがにはまぐりのルックスインパクトはバツグンだ。
いち - 3
ザックリとした歯ざわりでしっかりコシある麺は以前とは変わっていないのかな?
いちか - 5いちか - 8
トッピングとして大いに目を引くハマグリも食べてみるとスープに全て旨味を出し切っているようでハッキリ言ってダシの抜け殻状態なので余計にスープへの期待が高まる。
いちか - 4いちか - 10
スープは若干のラフな部分はあるのだが、実際以前の広島ラーメンとは比較にならないほどの洗練度とオリジナリティが発揮されているとマジ感心してしまった。
いち - 4
チャーシューは脂身のないパサパサタイプが2枚気前よく入れてあってこれもこのはまぐりダシラーメンによくあっている。
いちか - 6いちか - 7
三つ葉、メンマ、白髪葱や青ネギとなかなか野菜系トッピングも豪華だがモヤシは今ひとつマッチングがイマイチに感じた。
いちか - 9いちか - 11
おそらくはトンコツと鶏スープにはまぐりダシを合わせているのだろうが最近流行りの貝出汁ラーメンをよく反芻して自分のモノにされているは凄いと素直に感心した。
やや残念だったのは「はまぐりの柚子醤油らぁ麺」と銘打っているのに柚子の存在感が希薄っていうかほとんどなかったのだがココらへんにもう一捻りが欲しいような気もする。
スパッと広島ラーメンを捨てて魚介系に大きく舵を切った市川商店が楽しみな事は間違いない。

一休(安佐南区緑井)鶏塩ラーメン

いっ - 1
安佐南区の鶏そば専門店一休
表通りから一本入って入るがよく見える立地でわかりやすい。
いっき - 1いっき - 2
オマケに広い駐車場完備でまるで資本系ラーメン店のようだ。
実際、ここはちょっと前まで「包」という中華ファミリーレストランだったようで、それとこの一休との関連性は知る由もない。
いっき - 3いっき - 4
鶏の清湯(細麺)と白湯(平打ち麺)がメインで、そして白湯に煮干しを加えた(中太麺)の3本柱につけ麺、担々麺というかなり広いバリエーションで勝負というからどことなく、資本系の香りは漂っている(笑)
いっき - 6いっき - 5
店内はかなり広く大将はおらずスタッフのほとんどが女性だ。
ホスピタリティは問題なくスムーズにカウンターに通された。
いっ - 2
ほどなくしてキタヨ!鶏そば専門店一休の鶏塩ラーメン680円。
非常に綺麗に透き通った清湯スープが印象的でシンプルな構成に好感が持てる。
いっ - 3
麺は博多ラーメンのように極細ではあるがしっかりとコシがあってコレにはちょっとオドロキだ。
スープの上品さを強調するにはこの手の麺に合わせるのがベストだろう。
いっき - 10いっき - 9
レモンはほとんど飾りで酸味は感じない。
魚介も入っているそうだが控えめで決してでしゃばることなく鶏の旨味をきちんとアシストしているかのようだ。
いっき - 8いっき - 11
チャーシューはうす〜〜いのが一枚入っててまあ完全に脇役といったところだがこのコンセプトならこれでも問題ない。
いっ - 4
トッピングではこの見たこともないくらいブッとくて大きなメンマにはぶっ飛んだ。
ほとんど旬のタケノコのような食感でこのラーメンの最大のハイライトとも言える。
いっき - 7いっき - 12
麺はこんなに細いのに最後までコシを失わないのにびっくりしたがそれを受け止めるスープが少々自分にはオイリーでアッサリスープなのに後半ちょっとしんどくなってしまった。
それぞれのデキは悪くないのにラーメンというのはつくづくバランスが大事なんだなと思い知らされる結果になってしまった一休だった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ