柴犬と1400GTR

柴犬・コテツと小鈴とカワサキ1400GTRと食べ歩き日記

ラーメン/山口県西部

めん処 大津家(下関市)ブラックらーめん【山口拉麺維新2015 2周目】

おおお - 1
今回もやってきたよ!下関市のめん処 大津家
今回もバイクだったので店舗横のスキマに駐車させてもらった。
おおおつ - 1おおおつ - 2
山口拉麺維新2015も1度コンプリートしたが9月23日のイベント終了まではまだまだ日程に余裕があるので変態の自分はもう一周してみることにしたのだった。
おおおつ - 3おおおつ - 4
いつも開店時間を11時と勘違いしてしまって店の前で待つ羽目になっているのだがこの日も早く着いてしまった。
駐車場は店の前に1台分しかないが近所の丸和前有料パーキングに駐めてその旨をお店に申請すれば1時間無料券をくれるようだから利用しない手はない。
おおおつ - 5おおおつ - 6
当然狙いは大津家の代名詞であるブラックラーメンだ。
前回は中太麺+背脂の組み合わせでお願いしたので今回はそうじゃない路線で行こうと心に決めている。
おおおつ - 7おおおつ - 8
今回は2度めなので店内を見渡す余裕があったのだがトンコツやつけ麺、餃子にチャーハンなどけっこうバリエーションあるメニューのようだ。
おおお - 2
あまり待たないで来たよ!めん処 大津家のブラックラーメン(細麺・ネギ脂)600円。
なるほど背脂はいらないから随分とスッキリとしたルックスになっている。
おおお - 3
麺を引っ張りだしてみると確かに細いがね!!
これは単純に好みの問題だけど個人的にはみるみる伸びていくこの細麺よりも中太麺の方が相性が良いように感じた。
おおおつ - 9おおおつ - 12
自分はいつも茹で方の指定をしないのだが中盤から伸びてくるこの細麺はこの伸びてからの方が美味く感じたのは面白かった。
これなら田舎のラーメンみたいに最初から茹で過ぎ気味の方がマッチングするんじゃないかな。
おおおつ - 11おおおつ - 10
柔らかいチャーシューは相変わらずええ仕事してるわ〜。
最近のラーメンにはこの手のレアなのがよくでるけど以前テレビ新料理の鉄人で見てびっくりした真空調理法が普及してきたんだろうか?
おおおつ - 13おおおつ - 14
今回のネギ脂仕様はたしかにあっさりはするけど脂の量自体はそんなに変わらないように感じるしこちらのほうがブラックスープに対して正解だと感じた。
おおお - 4
この真っ黒なスープはどれだけ黒いのかはこのレンゲに少量だけすくってもこんなにクッキリとした黒さになっているのでその秘密はなんだろう??
もしもその原因が醬油だとしたらどうしてこんなにも塩辛くなっていないのかこの不思議を是非大将に尋ねてみたい。
おおおつ - 15おおおつや - 2
などと考えていたら食べ終わってしまっていた。
これはかなりのもんですわ。
そしてここから自分の山口拉麺維新2015の2周めが始まってしまったのだった。

めん処 大津家(下関市生野町)ブラックらーめん【山口拉麺維新2015】

おおつ - 1
バイクでやってきたよ!下関市。
目的は山口拉麺維新2015に参加しているめん処大津家さん。
おおつや - 1おおつや - 3
駐車場は店の前に1台だけのようで基本的にはコインパーキングに駐車するようだが自分のようなデカいバイクでも2輪なら店舗横の縦長スペースに余裕で駐めることができるからバイクで行くのが正解かも。
おおつや - 2おおつや - 5
この店のターゲットは何と言っても「下関ブラック」と異名と取るほどのブラックラーメンだ。
表の幟には「こだわりの京都の醬油と下関醬油数種類をブレンド醬油ダレで完成された真っ黒なスープ」と書いてありここの看板メニューであることが伺える。
おおつや - 6おおつや - 7
店内はそれほど広くはなく奥に厨房があってそれに沿ってカウンター、その後ろにテーブル席という配置になっている。
若い大将に女性スタッフ2人という陣営で開店と同時にほぼ満席とけっこう流行っている様子だ。
おおつや - 9おおつや - 4
山口拉麺維新2015のポスターと今回のイベントのコンセプトらしきことが貼りだしてある。
「山口拉麺維新参加店は山口県の拉麺文化の発展の為、良きライバル良き同士として切磋琢磨しラーメン道を探求する。」
なるほどこれなら共感できる。
おおつ - 2
ほんの少しだけ待ってから来たよ!めん処大津家のブラックらーめん(中太麺・背脂こってり)600円。
他に選択肢として麺は細麺、あっさりのねぎ脂ってのがあったがどの組み合わせがよいのかわからんから適当で注文してしまった。
おおつ - 3
中太麺っていうか一般的な麺で広島の麺より少しだけ太く感じる。
よく見ると断面が丸ではなく角ばっておりこのへんにも細かく配慮されていることがわかる。
おおつ - 4
でもこのラーメンで異彩を放っているのはやっぱりこの真っ黒スープ。
本家富山のブラックラーメンはインスタントした食べたことはないが見た目同様しょっぱさが際立っていたが大津家のブラックらーめんは全然そんなことはない。
おそらくは鶏ベースでこれに濃い醬油味がつけてあるがこってりコクがあるのに後口はキレが良く知らないうちにぐいぐい飲み干せるほどの魔力がある。
おおつや - 10おおつや〜 - 1
チャーシューは事故主張するタイプではなく完璧脇役主義のような存在でこのスープにはこの方が合うだろう。
チャーシューに限らず野菜や背脂までもがこのスープの引き立て役になってしまう程の個性でありながら決してキワモノにならず極上の醬油ラーメンとして成立しているのはまさしく「下関ブラック」の異名も納得できた次第である。
おおつや - 11おおつや - 8
このブラックらーめんの限定ブラックつけ麺も気になるが今度はこってり背脂じゃなくあっさりねぎ脂仕様を是非とも食べてみたいと思ってしまった。

ひと潮(宇部市妻崎開作)ひと潮醬油らーめん

ひと1
またもやってきたよ宇部市!!
目的は浮世麺打楽 麺屋 ひと潮
ひとし03ひとし29
広島からだとけっこう距離があって遠いのだが山口市からは無料高速道路が伸びているので高速料金的には山口市へいくのとたいして違いはない。
ひとし08ひとし04
店の前は大きな駐車場になっておりクルマでいくのは全然問題ない。
ひとし01ひとし02
場所は幹線道路沿いではあるのだがその大きな駐車場の奥に店舗があってわかりにくい。
道路の横にはこの看板が立ってはいるがそれでも店舗に気付きにくいんじゃないかな。
ひとし06ひとし05
それにしても凝った店作りになっており入店前からいろいろ書いてある。
手洗い場があるのはある意味有難いかもしれない。
思わずここで手を洗ってしまった。
ひとし28ひとし07
まあ要するに「自家製麺と無化調」を謳っているわけでそういう健康配慮路線だということが言いたいのだろう。
ひとし09ひとし10
店内はラーメン屋とは完全に一線を画する造りになっておりまるでイタリアンのお店のよう。
入ったすぐ右手に大きなテーブル席があってその奥が広い厨房。
その厨房の横に配膳のための通路があって大きく広いカウンター、その後がテーブル席といった配置だ。
ひとし17ひとし18
とにかくシャレオツな店内は小物も拘りが感じられる。
厨房には高そうな最新式の自動食洗機が入っているはラーメン屋ではかなり珍しい。
ひとし26ひとし27
席についてからも天然素材、無添加、無化調の追求がこれでもかこれでもかとあちこちに書いてある。
個人的にこういうのはあまり感心しない。
そもそもラーメンのような不健康極まりないジャンクな食い物にそういうものを求めるのはお門違いなんじゃないかと思う。
ホントに健康でいたいならカロリー・塩分多く栄養素ほんの少し、消化酵素皆無のラーメンなんぞ食べるべきではない。
肝臓に悪いからと酒の代わりに薬用養命酒をがぶ飲みしてるようなもんだ。
ひとし11ひとし12
今回は「鶏白湯と魚介のダブルスープ!!」とメニュー筆頭に書いてあるひと潮醬油らーめんをお願いすることにした。
しかしメニューの下の方を見ると麺の大盛り無料!と謳ってあるのは大食漢には魅力的だろうが和牛(A4・A5のイチボ牛を使った)炒めつけ麺1300円ってのは強気な値段設定だな~。
ひとし19ひとし15
混雑時は調理に時間がかかると張り紙がしてある。
大将に従業員は男性ばかり全部で5人体制だがこれだけの人数が居てもどうみても店全体のキャパシティを超えておりオペレーションは良いとは言えない。
単純に座らせる客を減すかそもそも座席数を減少させないと既にホスピタリティ面で支障が出ているように感じた。
ひとし20ひとし16
よっしーが注文したひと潮つけ麺(大盛り)770円。
ちょっとわかりにくいが麺の皿の量が凄まじい。
麺の量もだが野菜サラダがてんこ盛りだ。
それに対してつけダレは少し酢を感じるが日本ソバのつけ汁のようなあっさりしたもの。
麺は良いがサラダはどうやって食べたら良いのかよっしは頭を捻っていた(笑)
ひと2
ひと潮醬油らーめん700円。
鶏白湯+魚介の無添加・無化調ラーメンなのだが確かにその通り一口目は味がぼや~っとしておりフォーカスが甘い写真を見ているようだ。
ひと3
だけどこの自家製になる麺は相当に力強さを発揮しており麦の薫りすら感じさせてくれる上質なもの。
コシも抜群で見るからに全粒粉の太麺に仕上げてある理由がよくわかる。
ひとし22ひとし24
これだけの麺となると受けて立つスープの力量が試されるが濃厚さもよくでており後半になるごとにその旨味の輪郭をハッキリ感じ取ることができるようになってくる。
まるで弱いチャーシューに変わってこのスープの盛り上げているのはチンゲンサイなどの野菜たちだ。
ひと4
その他にネギや特に三つ葉は隠し味のように実に効果的に使われており単なるアクセント以上の働きをしているのは大将のセンスを感じさせる。
ひとし21ひとし25
麺、スープ、トッピングとそれぞれがかなりのレベルにあることはよ~くわかるし野菜のオリジナリティも申し分ない旨いラーメンであることは認める。
だけど洋食からラーメンに転身されたベテラン大将だと聞いたが客から丸見えの厨房で従業員を怒鳴ったりするのは少々時代錯誤と言われても仕方ないし、自分としては大変不愉快だった。
もたもたするオペレーションにイライラするのはよくわかるがその元凶は怒ってる大将にあることに気づかれないのだろうか?
洒落たお店にするのも良いのだがその雰囲気もラーメンの一部だということを忘れてほしくない。

一久 新川店(宇部市)

いっ1
一久 新川店
宇部市のラーメンが独特なのはなんとなく知っていたが調べてみて初めてよくわかった。
いっきゅ01いっきゅ02
ひとことで言ってしまえば「久留米系豚骨ラーメン」。
強烈な豚骨臭が漂う濃厚なこってり系トンコツと思っていいのだろう。
いっきゅ07いっきゅ04
その代表店が「三久」「三平」そしてこの「一久」ということだそうで外部の人間から見ると店名が似通っていて非常に紛らわしい。
いっきゅ05いっきゅ06
だからお店の前からとんこつ臭が充満しており店内に入る時は覚悟して最初は口呼吸せねばならんのだろうと予想してたが店内外ともそんな無粋な香りは全くない。
気合入れて来たから少々拍子抜けしてしまった。
いっきゅ03いっきゅう1
もしかしたらそんな前時代的な獣臭みたいうなのはさすがに淘汰されてきたのかと思っていたらテーブルに置いてある毒々しい赤い色を発して前時代的自己主張している紅しょうがを見ながらそれはそれでちょっと寂しい思いが胸をよぎった。
いっ2
3分くらいで来たよ!一久 新川店のラーメン550円。
ラーメンが来るやいなや強烈な豚骨臭が押し寄せてくる。
油断していたからもうそれはむせるくらいに・・・
だけど鼻が曲がりそうなタイプのそれではなくどっちかというとクサ心地よい感じとでも言えば良いのか微妙な臭さではある。
いっ3
麺は博多とんこつとは比較にならんほど太めでざっくりとした食感は独特だがなんだが伸びてるみたいなくったくただ。
久留米系を知らない自分にとってはなるほどこれはかなり強烈ではあるが不思議と拒絶反応は起きない。
気が付くとするするとスープまで啜りながらなにかに取り憑かれたように食べ続ける自分がいる。
いっきゅ10いっきゅ09
少し塩辛いメンマにそれほど自己主張しないタイプのチャーシュー。
これらは強烈なスープの邪魔にならんように脇役に徹しているかのうようだ。
いっ4
それに反してこのスープに抗うように個性を発揮しているのが青ネギ。
時期的なものなのか意図的なものなのかはっきりはわからないが目が覚めるほどに辛い。
だがコイツの功績でこの濃厚スープを飽きさせないどころかグイグイ全部飲んでしまいたくなるほどにその激しい個性を脳裏に刻みつけてしまうかのようだ。
いっきゅ08いっきゅ11
店内は大将と若い女性のホールスタッフのふたり体制でカウンターだけなのだが自分が食べ終わる頃横の席に祖父母に連れられた小学5年生くらいの女の子が躊躇なく「大盛りラーメン」を注文していたのにちょっとびっくりした。
こんな強烈なラーメンを幼少の頃からソウルフードにしていたら通常のラーメンでは物足りなくなってしまうんじゃないかとどうでもいいようなことを心配して店を出たのだった(笑)

いけどん(宇部市)塩バターラーメン 山口拉麺維新2014

いけ1
バリバリそば専門店いけどん
ここは以前に来たことあるうどん屋のすぐ横のテナントだ。
全然知らなかったのでいきなりビビってしまった(笑)
今日は山口拉麺維新2014のスタンプラリーでやってきた。
いけど01いけど02
駐めやすい大きな駐車場があっていろんな店が一緒に入居している。
しかしこの店構えだといったい何がメインの店なのかちょっとわかりにくい。
いけど03
店内はかなり広い。
右手に厨房があって正面に少しのカウンターと左手にテーブルに小上がりまであるがまだまだゆったりしている。
山口名物バリバリそばの専門店らしいがそのバリバリそばについてあまり良い評判を聞かないので食べたことがない(笑)
いけど04いけど05
コーヒーメーカーが開放されていて自由に飲めるようになっている。
これは自分のようなコーヒー中毒患者には嬉しい配慮でポイント高しである(笑)
いけ2
大将に「鶏白湯をやってると聞いてきたんですが・・・」と言うと
「ラーメンは全て鶏白湯で今日はしょうゆと塩バターがあります。」と説明された。
「塩バターの方がオススメです!」と念押しされたのでコレに決定の680円。
いけど10いけど11
ちょっと変わった丼に入っているし丼の端っこに練りつけてあるのは見るからに市販チューブ入り梅肉ペーストだ。
いけ4
麺はおそらくは全粒粉なのだろうがその効果は薄いと云わざるをえない。
いけ3
チャーシューは鶏のササミのようで脂身がないあっさりしたもの。
いけど06いけど08
大葉に梅肉ペーストが入って塩分濃度が高そうだがとにかくこの丼を一括支配しているのはこの大量のバターだ。
っていうか少なくとも自分にはバターの味しかわからない。
いけど07いけど12
鶏白湯も塩ダレも梅もシソも完全にどこかに吹き飛ばしてバタースープが全てを塗りつぶしてしまっているのはいかに言っても如何なものか。
大昔によく味噌ラーメンを食べ飽きないようにバターをいれるのが流行ったが味噌ほど強烈な個性を持たずどちらかといえば繊細な塩にバターを大量投下って手法は自分のようなおっさんにはかなりキツい爆弾だ。
大将の接客やホスピタリティは悪くないだけにこのラーメンは残念としか言いようがない。
去年から山口拉麺維新に参加されているようだが来年も名を連ねられるのなら是非工夫を凝らしていただきたいと思ってしまった。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ